東京フィルハーモニー交響楽団名誉音楽監督チョン・ミョンフン氏にイタリア共和国功績勲章グランドオフィサー授与

スポンサーリンク
2022年6月1日、イタリア共和国建国76周年の記念式典に際し、東京フィル名誉音楽監督でもあるチョン・ミョンフン氏に、共和国大統領セルジョ・マッタレッラ氏よりイタリア共和国功績勲章であるグランドオフィサーの称号が贈られました。

 2022年6月1日、イタリア共和国建国76周年の記念式典に際し、ローマのクイリナーレ宮殿でフェニーチェ歌劇場管を指揮したマエストロ チョン・ミョンフンに、共和国大統領セルジョ・マッタレッラ氏よりイタリア共和国功績勲章であるグランドオフィサー(Grande Ufficiale dell’Ordine al Merito della Repubbulica Italiana)の称号が贈られました。

マエストロ チョン・ミョンフンは2001年より20年以上にわたり東京フィルハーモニー交響楽団のスペシャル・アーティスティック・アドヴァイザーや名誉音楽監督などのポストにあり、長年の協働関係のもと、国内外で数々の名演をお届けしてまいりました。このたびのマエストロの受勲を、楽団一同心からお祝い申し上げます。
https://www.quirinale.it/elementi/68840

Congratulations, Maestro Myung-Whun Chung!

On June 1, 2022, on the occasion of the 76th anniversary of the Italian Republic, Maestro Myung-Whun Chung, was named Grand Officer of the Order of Merit of the Republic of Italy (Ufficiale dell’Ordine al Merito della Repubbulica Italiana) by President of the Republic, Sergio Mattarella. The ceremony was held subsequently to a performance of Orchestra of the Teatro La Fenice conducted by Maestro Chung at the Palazzo Quirinale in Rome.
During more than 20 years of collaboration with Tokyo Phil since 2001 as Special Artistic Advisor and Honorary Music Director, Maestro Chung has led many fabulous and memorable performances.  The entire Tokyo Phil  wholeheartedly congratulates Maestro Myung-Whun Chung on receiving this preeminent honor from the Republic of Italy.
https://www.tpo.or.jp/en/information/detail-20220603-01.php

イタリア共和国大統領より、チョン・ミョンフン氏へ功績勲章であるグランドオフィサーの贈呈 (C)Presidente della Repubblicaイタリア共和国大統領より、チョン・ミョンフン氏へ功績勲章であるグランドオフィサーの贈呈 (C)Presidente della Repubblica

フェニーチェ歌劇場管弦楽団の演奏後に大統領と握手するマエストロ チョン・ミョンフン(C)Presidente della Repubblicaフェニーチェ歌劇場管弦楽団の演奏後に大統領と握手するマエストロ チョン・ミョンフン(C)Presidente della Repubblica

  • マエストロ チョン・ミョンフンについて

東京フィル名誉音楽監督チョン・ミョンフン (C)ヴィヴァーチェ東京フィル名誉音楽監督チョン・ミョンフン (C)ヴィヴァーチェ

1953年韓国ソウル生まれ。マンネス音楽学校とジュリアード音楽院でピアノと指揮法を学ぶ。1974年チャイコフスキー・コンクール ピアノ部門で第2位。その後、ロスアンジェルス・フィルにてジュリーニのアシスタントとなり、後に副指揮者となる。ザールブリュッケン放響の音楽監督および首席指揮者(1984~1989)、オペラ座バスティーユの音楽監督(1989~1994)、ローマ・サンタチェチーリア管の首席指揮者(1997~2005)、フランス国立放送フィルの音楽監督(2000~2015。現在は名誉音楽監督)にも 就任、1997年に本人が創設したアジア・フィルハーモニー管の音楽監督も務める。2001年東京フィルハーモニー交響楽団のスペシャル・アーティスティック・アドヴァイザーに就任、2010年からは桂冠名誉指揮者、そして2016年9月からは名誉音楽監督に就任。韓国では2006年より2015年までソウル・フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督を務めた。2012年からは、シュターツカペレ・ドレスデンの首席客演指揮者にも就任。ピアニストとして室内楽公演に出演するほか、アジアの若い演奏家への支援、ユニセフ親善大使、アジアの平和を願う活動など、多岐にわたり活躍している。

Myung-whun Chung (born 22 January 1953, Seoul) is a South Korean pianist and conductor.
His sisters, violinist Kyung-wha Chung, and cellist Myung-wha Chung, and he at one time performed together as the Chung Trio.He was a 2nd prize winner in the 1974 Tchaikovsky piano competition. He studied conducting at the Mannes College of Music and the Juilliard School. He also studied piano with Maria Curcio, the last and favourite pupil of Artur Schnabel. He was an assistant conductor at the Los Angeles Philharmonic during the music directorship of Carlo Maria Giulini but Founder of Asia Philharmonic Orchestra.
In Europe, Chung was chief conductor of the Saarland Radio Symphony Orchestra from 1984 to 1990. He was principal guest conductor of the Teatro Comunale, Florence from 1987 to 1992. He has conducted virtually all the prominent European and American orchestras and made his debut at the Metropolitan Opera in New York in 1986 with Simon Boccanegra. At the end of the 1987-88 seasons, he received the Premio Abbiati award from Italian critics, and the following year awarded the Arturo Toscanini prize. From 1989 to 1994, Myung-whun Chung served as the Music Director of the Paris Opéra. He opened the inaugural season at the new Opéra Bastille with Berlioz’s complete Les Troyens and received highly praised reviews from the music circle. In 1991, the Association of French Theatres and Music Critics named him “Artist of the year” and in 1992 he received the Legion d’honneur for his contribution to the Paris Opéra. An exclusive recording artist for Deutsche Grammophon since 1990, many of his numerous recordings have won international prizes and awards. These include Olivier Messiaen’s Turangalîla-Symphonie and Éclairs sur l’au-delà…, Verdi’s Otello, Berlioz’s Symphonie fantastique, Shostakovich’s Lady Macbeth of Mtsensk with the Bastille Opera Orchestra; a series of Dvořák’s symphonies and serenades with the Vienna Philharmonic Orchestra, a series dedicated to the great sacred music with the Orchestra dell’Accademia Nazionale di Santa Cecilia, including the award-winning recording of Duruflé’s and Fauré’s Requiems with Cecilia Bartoli and Bryn Terfel.
In 1995 he was honoured three times at the French Victoires de la Musiques Classiques, and was also named Meilleur Chef d’Orchestre de l’Année. He directed the world premiere of Messiaen’s last work: the Concert à quatre for four soloists and orchestra, which the composer had dedicated to Myung-whun Chung and the Orchestre de la Bastille. He has been the Special Artistic Advisor of the Tokyo Philharmonic Orchestra since 2001 and was as awarded the highest Record Academy Prize by Japanese critics following his performances in Japan. In addition to being awarded numerous music prizes, Myung-whun Chung has also been honoured with Korea’s most distinguished cultural award ‘Kumkwan’ for his contribution to Korean musical life and was named “Man of the year” by UNESCO. He served as Ambassador for the Drug Control Program at the United Nations and was Korea’s Honorary Cultural Ambassador, the first in the Korean government’s history. From 1997 he has been the Music Director of the Asia Philharmonic Orchestra, from 2000 the Music Director of the Orchestre Philharmonique de Radio France, from 2001 the Special Artistic Advisor of Tokyo Philharmonic Orchestra and from 2006 the Art Director and Principal Conductor of the Seoul Philharmonic Orchestra.
In April 2011, the Seoul Philharmonic became the first Asian orchestra to sign a major-label record deal, committing to make 10 CDs for Deutsche Grammophon. Chung will also become the first Principal Guest Conductor in the history of the Staatskapelle Dresden beginning in the 2012/2013 season.

https://www.askonasholt.com/artists/myung-whun-chung/
https://www.facebook.com/Myung-Whun-Chung-%EC%A0%95%EB%AA%85%ED%9B%88-official-164801080231132

  • 東京フィルハーモニー交響楽団について

東京フィルハーモニー交響楽団 (C)上野隆文東京フィルハーモニー交響楽団 (C)上野隆文

1911年創立。日本で最も古い歴史と伝統を誇るオーケストラ。約160名のメンバーをもち、シンフォニーオーケストラと劇場オーケストラの両機能を併せもつ。名誉音楽監督にチョン・ミョンフン、首席指揮者にアンドレア・バッティストーニ、桂冠指揮者に尾高忠明、大野和士、ダン・エッティンガー、特別客演指揮者にミハイル・プレトニョフ、アソシエイト・コンダクターにチョン・ミンを擁する。
Bunkamuraオーチャードホール、東京オペラシティ コンサートホール、サントリーホールでの定期演奏会や「渋谷/平日/休日の午後のコンサート」「ハートフルコンサート」「ニューイヤーコンサート」「第九特別演奏会」など、クラシック音楽を広く普及させる自主公演の他、新国立劇場のレギュラーオーケストラとしてオペラ・バレエ演奏、『NHKニューイヤーオペラコンサート』『ブラボー!オーケストラ』『名曲アルバム』『題名のない音楽会』『東急ジルベスターコンサート』『NHK紅白歌合戦』などの放送演奏により、全国の音楽ファンに親しまれる存在として高水準の演奏活動と様々な教育的活動を展開している。2020~21年のコロナ禍における取り組みはMBS『情熱大陸』、NHK BS1『BS1スペシャル 必ずよみがえる~魂のオーケストラ 1年半の闘い』などのドキュメンタリー番組で取り上げられた。
1989年にBunkamuraオーチャードホールとプロのオーケストラとして日本で初めてフランチャイズ契約を締結。また、東京都文京区、千葉県千葉市、長野県軽井沢町、新潟県長岡市と事業提携を結び、各地域との教育的、創造的な文化交流を行っている。
海外公演も積極的に行い、2014年3月には創立100周年記念事業としてアジア・欧米6か国を巡るワールド・ツアーを開催。2015年12月には日韓国交正常化50周年を記念してチョン・ミョンフン指揮のもとソウルと東京の2都市で「日韓友情『歓喜の第九』」演奏会を、2017年12月には上海における日中国交正常化45周年記念演奏会などを行い国内外の注目を集めた。
昭和62年度芸術祭賞、平成7年度芸術祭大賞、平成16年度芸術祭優秀賞、また三善晃管弦楽作品シリーズ「音楽の未来遺産」3公演のライヴCD「三善晃の音楽」(カメラータ・トウキョウ/平成20年10月)が平成20年度芸術祭優秀賞を受賞した。他に、昭和59年度に第8回音楽之友社賞と第8回ゆとりすと賞(味の素社)、平成13年度ミュージック・ペンクラブ賞(クラシック部門/日本人アーティスト)、2021年「OPUS KLASSIK 2021」交響曲部門(20-21世紀)などを受賞している。
公式ウェブサイト    https://www.tpo.or.jp/
Facebook          https://www.facebook.com/TokyoPhilharmonic
Twitter             https://twitter.com/home
Instagram       https://www.instagram.com/tokyophilharmonicorchestra/

CULTURE
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Liveen Times

コメント