【会見Repo】東京ニューシティ管弦楽団、2022年4月より「パシフィック フィルハーモニア 東京」に名称変更! 音楽監督は飯森範親!


9月8日午後、東京芸術劇場において東京ニューシティ管弦楽団による記者会見が行われた。

2022年4月より、東京ニューシティ管弦楽団はパシフィック フィルハーモニア 東京 「Pacific Philharmonia Tokyo」に新しく生まれ変わることが発表になった。

同楽団理事長の日野洋一より、「Pacific Philharmonia Tokyo は [Pacific /太平洋・穏やか]×[Philharmonia / 音楽を愛する]×[Tokyo / 東京]の 3つのキーワードからなる造語で太平洋ひいては世界に向けて、音楽を通じて国と国とを繋ぎ、平和と融合を音楽でもたらす(Pacifyする)使者でありたいとの願いを込められています」との説明があった。


▲写真左:日野洋一理事長、写真右:音楽監督に就任する飯森範親

また、新しいロゴマークには2つのラインが走っており、中心を貫く黒いラインは、弦楽器の弦であり、管楽器の管であり、打楽器のスティックを象徴している。金色のラインはマエストロの指揮棒(タクト)の意味が込められている。このシンボルマークは、楽団員とマエストロが一体となり、新しい音楽の航海に進む決意を表したとのこと。

同楽団30年の歴史の中でリブランディングを行い、ロゴデザインはAndres(Andi) Fehrが担当した。

日本オーケストラ連盟に所属し、正会員として活躍するプロ・オーケストラは東京に9つ(東京フィルハーモニー交響楽団・東京都交響楽団・NHK交響楽団・読売日本交響楽団・日本フィルハーモニー交響楽団・新日本フィルハーモニー交響楽団・東京交響楽団・東京シティフィルハーモニック管弦楽団・東京ニューシティ管弦楽団)あるが、2022年4月より「パシフィック フィルハーモニア 東京」としての活動をスタートする同楽団が、東京の巨大なオーケストラ・シーンの中にあって、どのような役割を担っていくのか注目していきたい。

■飯森範親 音楽監督就任について

新楽団名と同じく2022 年4月より、飯森範親かパシフィックフィルハーモニア東京シの音楽監督に就任致します。飯森は国内だけでなく海外でもそのキャリアを重ねてきたグローバルな視野を持つマエストロであり、国内では日本を代表するオーケストラをリードし音楽文化の普及に貢献してきました。一方、これまでの音楽活動の中で、様々な改革を進めてきたことでも高い評価を受けております。飯森は今年度シーズンから当楽団のミューシック・アドヴァイザーに就任しており、すでに定期演奏会や特別演奏会、地方公演などで指揮を行っております。今後はパシフィック フィルハーモニア東京とともに、斬新かつ多彩な音楽活動を展開してまいります。新音楽監督を迎えての新たなスタートにご期待ください。

今回の発表に併せて東京ニューシティ管弦楽団オフィシャルYouTubeにて飯森からの就任コメント動画を公開致しております。

■飯森範親 プロフィール

桐朋学園大学指揮科卒業。ベルリン、ミュンヘンで研鑚を積み、これまでにフランクフルト放送響、ケルン放送響、チェコ・フィル、モスクワ放送響等に客演。01年、ドイツ・ヴュルテンベルク・フィルハーモニー管弦楽団音楽総監督(GMD)に着任し、ベートーヴェンの交響曲全集を録音するとともに、日本ツアーを成功に導いた。 国内では94年以来、東京交響楽団と密接な関係を続け、現在は特別客演指揮者。03年、NHK交響楽団定期演奏会にマーラーの交響曲第1番でデビュー。06年度 芸術選奨文部科学大臣新人賞を受賞、07年より山形交響楽団音楽監督に就任し、そのエネルギッシュな活動は高い評価を受けている。2014年シーズンから日本センチュリー交響楽団首席指揮者、2019年シーズンより山形交響楽団芸術総監督に就任。2020年1月より東京佼成ウインドオーケストラ首席客演指揮者、同年4月より中部フィルハーモニー交響楽団首席客演指揮者。2021年4月より東京ニューシティ管弦楽団ミュージック・アドヴァイザー(次期音楽監督)に就任。 2020年10月、新国立劇場のシーズンオープニング公演であるブリテンのオペラ「夏の夜の夢」を指揮、好評を博し大成功を収めた。

オフィシャル・ホームページ http://iimori-norichika.com/

東京ニューシティ管弦楽団ホームページ:2022年4月より「パシフィック フィルハーモニア 東京」
http://www.tnco.or.jp/

CULTURE
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Liveen Times

コメント