【実食レポ】メズム東京(mesm Tokyo) キュリナリーマイスター隈元香己によるディナー『メインプログラム』


東京の躍動感や波長と共鳴し、クリエイティブなホテルとして五感を魅了する『メズム東京、オートグラフ コレクション』(港区海岸1-10-30)。

16階のレストラン「シェフズ・シアター」にて、大切なゲストへのおもてなしをテーマにした新メニュー『メインプログラム』の提供をディナー限定でスタートしました。

これまで、数々の世界的権威ある賞を受賞してきたキュリナリーマイスター(総料理長)隈元香己の心躍る特別なコースメニューを8月1日(火)より予約制にて楽しめます。

フランスで最高の権威を誇る料理コンクール「第64回プロスペール・モンタニュ国際料理コンクール」で優勝を勝ち取った一皿をオマージュした信州サーモンを使った前菜や、厳選した季節の国産食材をふんだんに使用して作り上げたアミューズからデザートまでの5品を提供。


写真:右から2人目がキュリナリーマイスター(総料理長)隈元香己氏、右から3人目が第64回プロスペール・モンタニュ国際料理コンクール審査委員長のジョエル・ロプション氏

メインダイニング「シェフズ・シアター」内に3室あるゆったりとしたプレミアムな個室での会食、接待、大切な方へのおもてなしなど、ビジネスシーンをはじめとする機会に利用できます。本格的なフランス料理となる新ディナーコース『メインプログラム』を体験しました。

・ドメーヌ ピエール シャヴァン
ピエール ゼロ ブラン ドブラン

食前に本物志向のノンアル・スパークリングをいただきました。
トロピカルフルーツ、桃、ライチ、花を想わせるアロマとともに繊細な泡が心地よい仕上がりとなっていました。本ディナーは4種のワインペアリング付きでオーダーできますが、リクエストによりモクテル(ノンアルコールカクテル)ペアリングもお楽しみいただけます。BGMもほどよい音量で優雅で素敵な気分を味わえました。

■キュリナリーマイスター隈元香己のディナー『メインプログラム』

・アミューズブッシュ

キャビアと馬肉によるアミューズブッシュが用意されました。透明の器と紫色のアマランサス(ヒユ属ヒユ科)の葉が色鮮やか。アマランサスは美容をサポートするポリフェノールが豊富に含まれていますので女性にもおススメです。

パン(カンパーニュ)もサーブされましたが、南部鉄器で保温され、温かいまま食べられるように工夫されていました。外はカリッ、中はふんわりとしている最高のカンパーニュでした。

・前菜:軽く燻製した信州サーモンのアスピック 季節野菜とグリーンオリーブのタプナード

フランスで最高の権威を誇る料理コンクール「第64回プロスペール・モンタニュ国際料理コンクール」で優勝を勝ち取った一皿をオマージュした作品です。

軽く燻製した信州サーモンは、塩で締めた後、昆布で締めたもので手間暇かかっています。ビジュアル面の美しさに加え、上品な塩味と爽快なのどごしが愉しめるひとさらに仕上がっていました。添えられていた季節の野菜が出色で心躍る一時に。食感良く甘味がある野菜が使用されており、最高の口福体験となりました。

信州サーモンと季節野菜のバランスが絶妙で、シェフのセンスの良さと技量の高さを感じさせる作品でした。

・メイン 2 種(魚、肉)

①魚料理: 三浦漁港より鮮魚を本日のスタイルで

神奈川県の三浦漁港から運ばれた本日の鮮魚はカサゴです。市場に出る数が少ない高級魚で底引き網に入りにくいという特徴があるお魚です。

カサゴに添えられていたブイヤーベースとアワの2種のソースが絶品で、至福の時間を提供してくれました。カサゴと共に提供されたハマグリはトロリとした柔らかさと滋味があり、熱の通し具合が絶妙。家庭では味わえないプロを技を体感しました。

②肉料理: 東京芝純米どぶろくでマリネした黒毛和牛のロースト

東京芝純米どぶろくでじっくりとマリネされた黒毛和牛のローストビーフです。
黒毛和牛は、鹿児島産の最高級黒毛和牛「のざき牛」を使用。「のざき牛」は日本初の個人名を冠したブランド牛です。

鹿児島というと黒豚が有名ですが、鹿児島黒牛は、5年に一度開催される「全国和牛能力共進会」で2017年、2022年と2大会連続で日本一を獲得し世界的にも注目されている黒毛和牛です。

のざき牛は、肉の甘みが上質で柔らかいのが特徴。それを東京芝純米どぶろく「江戸開城」でさらにじっくりとマリネされていますから、予想できない程のしっとり感と柔らかな食感に驚かされました。

フランス料理は、やはりソースが決め手ですが、牛肉の旨さと赤ワインをベースとしたソースのおいしさが際立っており、旨味濃厚でした。

・デザート:青梅チーズ工房フロマージュブランソルベとブルーチーズのムース ひんぎゃの塩

レモンバームを使ったソースと共に青梅チーズ工房フロマージュブランソルベをいただきました。イチジクをコンポートしたものが添えられていました。

ブルーチーズのムースは、夏にピッタリで爽やかな味を楽しみました。黒潮の海水を地熱蒸気で温めて作られた「ひんぎゃの塩」と共にいただくことにより、より引き締まった味を楽しむことができます。

・食後のコーヒーまたは紅茶とミニャルディーズ

猿田彦珈琲 スペシャリティコーヒー メズム東京オリジナル竹芝ブレンドをハンドドリップでいただきました。香り豊かなこだわりのブレンドをその場で丁寧に入れていただけますので、臨場感を楽しむことができる素晴らしいサービスです。

素晴らしいディナーの後にいただく一杯はまさに至福のひととき。3種のミニャルディーズと共にディナーの余韻に浸りました。

「矢絣(やがすり)」をモチーフにした天井アートが印象的なゴージャスな店内。

“TOKYOWAVES”をコンセプトとした煌めく夜景に包まれた華やかな空間で、味とプレゼンテーションの両方を楽しめるディナーをせひご堪能ください。優雅な美食体験に心が弾むこと、間違いなしです。

■≪キュリナリーマイスター隈元香己よるディナー『メインプログラム』≫

提 供 期 間 2023 年 8 月 1 日(火)より平日限定
提 供 時 間 17:30~22:00 (L.O. 21:00)
提 供 場 所 16 階レストラン「シェフズ・シアター(Chef’s Theatre)」
料 金 25,000 円 (消費税・15%のサービス料込み)
料理 19,000 円 (消費税・15%のサービス料込み) ペアリング 6,000 円
*食材はメニュー内容は予約サイトにてご確認ください。季節やその日の仕入れ状況により変更する場合がございます。
キ ャ ン セ ル 料 前日 50% / 当日 100%
ご 予 約 完全予約制 (3 日前の 24:00 までの予約が必要です)

キュリナリーマイスター隈元香己によるディナー『メインプログラム』が登場|NEWS|メズム東京、オートグラフ コレクション
メインダイニング「シェフズ・シアター」にキュリナリーマイスター隈元香己によるディナー『メインプログラム』が登場

■キュリナリーマイスター(総料理長): 隈元 香己(くまもと こうき)

1988年都内フレンチレストランで料理人としてのキャリアをスタート。1993年ホテルメトロポリタン エドモント(現 日本ホテル株式会社)入社。日本人で初めてミシュランの星を獲得した統括名誉総料理長の中村勝宏の薫陶を受け、宴会洋食部門、フレンチレストラン等で経験を積んだ。

2014年1月には、フランス料理界の巨匠ジョエル・ロブション氏が審査委員長を務めるフランス料理界の権威あるコンクール「第64回プロスペール・モンタニェ国際料理コンクール」において、日本人として2人目、日本在住の日本人としては初めての優勝の栄冠を勝ち取った。2019年1月メズム東京、オートグラフ コレクション キュリナリーマイスター(総料理長)就任。

【主な受賞歴】

・2004年 「第11回メートル・キュイジニエ・ド・フランス“ジャン・シリンジャー杯”(フランス料理文化センター主催)」優勝

・2004年 「トロフェ・インターナショナル・ド・キュイジーヌ・エ・パティスリー(アカデミー・キュリネール・ド・フランス主催)」(フランス料理の世界大会)優勝

・2014年 「第64回プロスペール・モンタニェ国際料理コンクール(クラブ・ガストロノミック・プロスペール・モンタニェ主催/審査委員長:ジョエル・ロブション氏)」優勝(日本人として史上2人目)

■シェフズ・シアター (Chef’s Theatre) について

ビストロノミースタイルのフランス料理を、オープンキッチンのライブ感とともにお届けするレストラン。繊細なシェフの技と東京だからこそ集まる旬の食材を生かし、“シェフの劇場”という名の通り、まるで舞台を観劇するようにストーリーとともに紡がれるフレンチをお楽しみいただけます。日中は浜離宮恩賜庭園の爽やかな緑、夜は都心の煌めく夜景に包まれ、華やかでダイナミックなアートが目を引く空間で、五感で味わう美食体験をご堪能ください。

席数: 92 席 (個室席 24 席含む) / 個室 3 室 24 席

営業時間:

朝 食: 06:30 ~ 11:00 (L.O. 10:00)
ラ ン チ: 11:30 ~ 15:00 (L.O. 14:00)
ディナー: 17:00 ~ 23:00 (L.O. 22:00)

Chef's Theatre|EAT & DRINK|メズム東京、オートグラフ コレクション
ビストロノミースタイルのフレンチを、オープンキッチンのライブ感とともに楽しむレストラン。ストーリーとともに紡がれる美食体験を、五感すべてでご堪能ください。

【メズム東京、オートグラフ コレクションについて】

“TOKYO WAVES”をコンセプトに、絶えず変化する東京の“今”に根ざしたサービスやコンテンツを展開することによりゲストに新たな発見を提供する、全 265 室のラグジュアリーなホテルです。2020 年 4 月 27 日、JR 東日本グループによる港区・竹芝の複合施設「WATERS takeshiba(ウォーターズ竹芝)」に開業しました。壮観な東京ベイエリアや歴史ある浜離宮恩賜庭園といった美しい眺望、そして五感にも心地よい刺激を与えるアートや音楽といった、豊かな地域資源と芸術の一体感を活かし、都会のエネルギーとクリエイティビティーが出会う東京のライフスタイルのアイコンを目指します。「Exactly like nothing else(唯一無二)」のホテルとして、マリオット・インターナショナルが展開する「オートグラフ コレクション ホテル」に加盟しています。

メズム東京、オートグラフ コレクション
東京港区・竹芝に位置するラグジュアリーホテル。ゆりかもめ竹芝駅から徒歩3分、JR浜松町駅から徒歩6分の好立地。浜離宮や隅田川など、ベイエリアの絶景を一望できます。

【オートグラフ コレクション ホテルについて】

オートグラフ コレクション ホテルはオリジナリティ溢れるホテルを支持し、30 以上の国と地域において絶好のロケーションを誇る 200 軒以上の独立系ホテルそれぞれの個性を大切にしています。ひとつひとつに創設者の情熱が込められ、彼らのビジョンを具現しており、各ホテルがたったひとつしかない特別なもの、「Exactly like nothing else(唯一無二)」となっています。オートグラフ コレクション ホテルは、独自の造りと、デザインやおもてなしに対しての強いこだわりを考慮の上セレクトされ、生涯続くような印象を残す色鮮やかな時間をお届けします。

詳細については www.autographhotels.com をご覧ください。また、Instagram、Twitter、Facebook のソーシャルメディアチャンネルでも情報を発信しており、#ExactlyLikeNothingElse で最高の瞬間の数々をぜひご覧ください。

オートグラフ コレクション ホテルは、これまでのマリオット リワード、ザ・リッツ・カールトン・リワード、スターウッドプリファードゲスト(SPG)に代わり新たに誕生したマリオットの旅行プログラム、Marriott Bonvoy(マリオット ボンヴォイ)に参加しています。Marriott Bonvoy は会員の皆さまに並外れたグローバルブランドポートフォリオや Marriott Bonvoy Moments での体験、そして無料ホテル宿泊に向けたポイントやエリートステータス昇格に向けた泊数獲得を含む、比類なき特典をお届けします。無料会員登録やプログラム詳細については、MarriottBonvoy.marriott.com をご覧ください。

GOURMET
Liveen Times

コメント