小栗有以が映画単独初主演決定!映画「夢叶えるプロジェクト」で漫画会社の社長に!

AKB48の9月発売最新シングル表題曲センターの小栗有以が、夢を持ち前に進んでいく一人の若い女性起業家の姿を描く映画「夢叶えるプロジェクト」で単独初主演を務めることが決定いたしました。

“夢叶えるプロジェクト”は、夢を持つ全ての人達を応援する日本最大級エンタメビジネスコンテスト。飲食・観光・WEB・ファッションなど部門別にグランプリを決め、「夢にチャレンジする」人たちをバックアップしていく、夢を持つ全ての人を応援する日本最大級エンタメビジネスコンテストです。2023年3月27日には帝国ホテルにて“夢叶えるプロジェクト授賞式”を開催。特別審査員を務めるゆうこすやはじめしゃちょーを始め、アパホテル社長の元谷芙美子などが出席。配信や動画・書類などの予選を経て最終審査、全10部門から1名ずつグランプリが決定しました。

そんな“夢叶えるプロジェクト”が映画化されることが決定。夢を持ち前に進んでいく一人の若い女性起業家の姿を描く映画「夢叶えるプロジェクト」で、小栗は21歳にして漫画会社の社長を務める主人公・清水加奈を主演いたします。トラブルや別れを乗り越えながら自身の夢へと突き進んでいく加奈の他、劇中ではたくさんの若手起業家が出演。

それぞれが日々奮闘しながら頑張る姿が描かれます。
夢を持つ全ての人達、そして夢へ踏み出そうとしている人達へ・・・映画「夢叶えるプロジェクト」は、一歩踏み出す勇気をくれる、そんな映画となっています。日本のみならず海外からも各方面で活躍する豪華キャストが出演予定。撮影はこれから行われ、2023年12月実施のふるさと映画祭にてプレミア上映を予定しています。続報をご期待ください。

【小栗有以 コメント】

単独での映画初主演が決まって、とても嬉しいです!
今回、私が担当させていただく役柄は、夢を持って前に進んでいく女性実業家です。私もAKB48として活動している中で楽しい事もあれば上手くいかない事もあります。そんな自分の経験も重ね合わせながら活かしながら、この作品を作れたらなと思っています。
夢に向かってチャレンジしているさまざまな世代の方に見ていただき、皆さんの背中を押せたら嬉しいです。

★映画 「夢叶えるプロジェクト」
出演:小栗有以(AKB48)
製作:夢叶えるプロジェクト エグゼクティブプロデューサー:白井浩一
企画・プロデュース:大橋孝史  プロデューサー:馬場基晴、金子誠二郎  アソシエイトプロデューサー:松岡佳那
助監督:馬清怡  制作:近藤優輝  キャスティングプロデューサー:白石唯久美  編集:寺島明智 脚本:村川康敏
制作プロダクション:モバコン株式会社  協力:庵SPA、SOLA SPA、エンタメレストランSAKURA
宣伝協力:ふるさと映画祭実行委員会、オーディションTV、AkibaTV、株式会社Joker
製作協力:株式会社ホステック、株式会社クレドインターナショナル、ミスミスタースパサウナ実行委員会
監督:大橋孝史
©2023 映画「夢叶えるプロジェクト」製作委員会

小栗有以(おぐり ゆい)
2001年12月26日生まれ。東京都出身。身長163cm。AKB48チームB所属。
2014年、AKB48チーム8メンバーとして活動をスタート。2018年、AKB48 52ndシングル『Teacher Teacher』にてシングル表題曲初のセンターを務める。2020年1月には、初のソロコンサート『AKB48小栗有以ソロコンサート~YUIYUI TOKYO~』を開催。2021年4月期からは『めざましテレビ』(フジテレビ系)のイマドキガールにも抜擢され、2022年1月に発売した1st写真集『君と出逢った日から』はオリコン写真集BOOKランキング1位を獲得した。2022年4月からはABCテレビ制作ドラマ『恋に無駄口』、7月からはTBSスパークル制作ドラマ『パパとムスメの7日間』にて連続ドラマに出演。2023年は舞台『オッドタクシー 金剛石は傷つかない』でメインキャストを演じ、4月放送の『グッドモーニング、眠れる獅子2』ではヒロインに抜擢されるなど、女優としても活躍の幅を広げている。
9月発売のAKB48 62ndシングル「アイドルなんかじゃなかったら」では、5年ぶりにセンターを務める。

BROAD
Liveen Times

コメント