東京フィルハーモニー交響楽団、2024シーズン開幕は巨匠プレトニョフによる北欧プログラム!

東京フィルハーモニー交響楽団の2024シーズン開幕を飾る1月定期演奏会(1/23,25,28)は、特別客演指揮者ミハイル・プレトニョフを迎えて北欧の代表的作曲家、グリーグシベリウスの作品をお届けします。2023年の定期演奏会ではラフマニノフやチャイコフスキーといったロシアの作品を集中して取り上げたマエストロ プレトニョフ。今季は、マエストロ自身もその地を訪れ、自然や文物に愛情を寄せるという北欧の作品でシーズンの開幕を祝います。

東京フィルハーモニー交響楽団2024シーズン開幕 1月定期演奏会東京フィルハーモニー交響楽団2024シーズン開幕 1月定期演奏会

 ”フィヨルドを激しく流れ落ちる滝のような”イントロが有名なグリーグピアノ協奏曲では、スペイン出身の俊英ピアニスト、マルティン・ガルシア・ガルシアが登場。2021年クリーヴランド国際ピアノコンクール第1位、ショパン国際ピアノコンクール第3位などで世界的な評価を確立し、2022~2023年には世界中でツアーを行って大成功を果たすなど、世界から注目を浴びるピアニストです。巨匠プレトニョフとのコラボレーションにぜひご期待ください。

「今回の定期演奏会は、ポピュラーなグリーグのピアノ協奏曲とシベリウスの交響曲第2番がメインで、それに組曲『カレリア』が花を添えるという、いわば真正面勝負のプログラムだ。スカンジナヴィアの作曲家に対して、時に「北欧のリリシズム」などと評されることもあるが、グリーグとシベリウスの音楽はそれだけにとどまらない。北国特有の荒々しさ、強靭さも内奥に秘めているのである」(解説=神部 智)

  • 公演情報 concerts information

2024年1月23日(火)19:00 サントリーホール
2024年1月25日(木)19:00 東京オペラシティ コンサートホール
2024年1月28日(日)15:00 Bunkamura オーチャードホール

【特設ページ】

1月定期演奏会 特設ページ
指揮:ミハイル・プレトニョフ(特別客演指揮者)/ピアノ:マルティン・ガルシア・ガルシア

◆ 出演 cast

指揮:ミハイル・プレトニョフ(特別客演指揮者)
ピアノ:マルティン・ガルシア・ガルシア
(2021年第18回ショパン国際ピアノコンクール第3位)

◆ プログラム program

シベリウス/組曲『カレリア』
グリーグ/ピアノ協奏曲
シベリウス/交響曲第2番

▷【特別記事】「マエストロ・プレトニョフ、北欧へのイマジネーション」(文=青澤隆明)

【特別記事】2024シーズン開幕!1月定期演奏会の聴きどころ「マエストロ・プレトニョフ、北欧へのイマジネーション」
1月定期演奏会(指揮:ミハイル・プレトニョフ/ピアノ:マルティン・ガルシア・ガルシア)
  • チケットについて

◆定期会員券料⾦(8回通し券;税込・全席指定)
定価 SS¥96,000・S¥56,000・A¥47,600・B¥39,200・C¥30,800

東京フィルフレンズ料金 *()内は定期会員券1公演あたりの価格です

S¥50,400(¥6,300)・A¥42,840(¥5,355)・B¥35,280(¥4,410)・C¥27,720(¥3,465)

> 定期会員券について https://www.tpo.or.jp/concert/2024season-01.php

◆1回券料⾦(税込・全席指定)
定価 SS¥15,000・S¥10,000・A¥8,500・B¥7,000・C¥5,500

東京フィルフレンズ料金 S¥9,000・A¥7,650・B¥6,300・C¥4,950
※東京フィルフレンズ会員様は10%割引で購⼊いただけます(SS席を除く/受付はお電話のみ)。

東京フィルフレンズへの⼊会⽅法など詳細はこちらをご参照ください。
https://www.tpo.or.jp/tickets/friends.php

◆チケット問合せ
東京フィルチケットサービス 03-5353-9522(平⽇10時〜18時/⼟日祝休/発売⽇の⼟のみ10時〜16時営業)
東京フィルWEBチケットサービス https://www.tpo.or.jp/

  • 出演者について

ミハイル・プレトニョフ Mikhail Pletnev, conductor

東京フィル特別客演指揮者ミハイル・プレトニョフ (C)上野隆文東京フィル特別客演指揮者ミハイル・プレトニョフ (C)上野隆文

 一言では説明できない多才な芸術家。ピアニスト、指揮者、作曲家として魔法のような才能で、世界中の聴衆を魅了している。1957年ロシアのアルハンゲリスク生まれ。1978年、21歳でチャイコフスキー国際コンクールのゴールド・メダルおよび第1位を受賞し、国際的な脚光を浴びる。驚くべき技巧、深い知性に裏づけられた演奏、完璧にコントロールされた美しい音色で、カリスマ的人気を誇る現代最高のピアニストの一人として活躍。

ドレスデン国立歌劇場管弦楽団、ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団ほか数々のオーケストラを指揮。ボリショイ・オペラでの『スペードの女王』指揮で大成功を収めているほか、コンサート形式のオペラ指揮も行っている。

1990年ロシア内外の個人、団体より資金を得、ロシア史上初めて国家から独立したオーケストラとしてロシア・ナショナル管弦楽団(RNO)を設立。指揮者として東京フィルハーモニー交響楽団には2003年7月に初めて客演、以来定期的に招かれ、2015年4月より特別客演指揮者に就任。2022年には新たなオーケストラ、ラフマニノフ国際管弦楽団(RIO)を創設。

2023年5月東京フィル定期演奏会より (C)上野隆文2023年5月東京フィル定期演奏会より (C)上野隆文

マルティン・ガルシア・ガルシア       Martín García García, piano

ピアニスト マルティン・ガルシア・ガルシア (C)Darek Golik (NIFC)ピアニスト マルティン・ガルシア・ガルシア (C)Darek Golik (NIFC)

 マルティン・ガルシア・ガルシア(1996年ヒホン生まれ)は、27歳にして、国際的に最も活躍するピアニストの一人とされている。2023年は世界各地(アメリカ、アジア、ヨーロッパ)で約80回のコンサートを行い、韓国、メキシコ、ブラジルでデビューを果たした。日本、アメリカ、カナダ、ポーランド、イタリア、スペイン、ポルトガル、ベルギー、リトアニア、ルクセンブルクにて素晴らしいリサイタルを開催、またNHK交響楽団、ソウル・フィルハーモニー管弦楽団、ハンブルク交響楽団、ワルシャワ・フィルハーモニー、リトアニア国立交響楽団、ブラジリア管弦楽団などの名だたるオーケストラと共演している。

2022年にはアメリカ、アジア、ヨーロッパで70回以上の公演を行い、ニューヨークのカーネギーホールでのデビューや、日本でのツアーは14公演で25,000人を動員するなど、大成功を果たした。

ガルシア・ガルシアは、2021年クリーブランド国際ピアノコンクール第1位、2021年ショパン国際ピアノコンクール第3位など、世界的に高い評価を得ている。2022年にはデビューアルバム「ショパンとヒズ・マスター」をリリース。

彼はレイナ・ソフィア音楽学校を卒業、同校ではガリーナ・エギザロヴァ教授に10年間師事、ソフィア王妃から「最優秀学生賞」を受ける。また、ニューヨークのマネス音楽院にて著名なピアニスト、ジェローム・ローズに3年間師事、修士号を取得している。

東京フィルハーモニー交響楽団 Tokyo Philharmonic Orchestra

東京フィルハーモニー交響楽団 (C)上野隆文東京フィルハーモニー交響楽団 (C)上野隆文

 1911年創立。日本で最も古い歴史と伝統を誇るオーケストラ。約160名のメンバーをもち、シンフォニーオーケストラと劇場オーケストラの両機能を併せもつ。名誉音楽監督にチョン・ミョンフン、首席指揮者にアンドレア・バッティストーニ、桂冠指揮者に尾高忠明、大野和士、ダン・エッティンガー、特別客演指揮者にミハイル・プレトニョフ、アソシエイト・コンダクターにチョン・ミンを擁する。

Bunkamuraオーチャードホール、東京オペラシティ コンサートホール、サントリーホールでの定期演奏会や「渋谷/平日/休日の午後のコンサート」「ハートフルコンサート」「ニューイヤーコンサート」「第九特別演奏会」など、クラシック音楽を広く普及させる自主公演の他、新国立劇場のレギュラーオーケストラとしてオペラ・バレエ演奏、『NHK ニューイヤーオペラコンサート』『ブラボー!オーケストラ』『名曲アルバム』『クラシックTV』『題名のない音楽会』『東急ジルベスターコンサート』『NHK紅白歌合戦』『いないいないばあっ!』などの放送演奏により、全国の音楽ファンに親しまれる存在として高水準の演奏活動と様々な教育的活動を展開している。2020〜21年のコロナ禍における取り組みはMBS『情熱大陸』、NHK BS1『BS1スペシャル  必ずよみがえる~魂のオーケストラ 1年半の闘い』などのドキュメンタリー番組で取り上げられた。

1989年にBunkamuraオーチャードホールとプロのオーケストラとして日本で初めてフランチャイズ契約を締結。また、東京都文京区、千葉県千葉市、長野県軽井沢町、新潟県長岡市と事業提携を結び、各地域との教育的、創造的な文化交流を行っている。海外公演も積極的に行い、2014年3月には創立100周年記念事業としてアジア・欧米6か国を巡るワールド・ツアーを開催。2015年12月には日韓国交正常化50周年を記念してチョン・ミョンフン指揮のもとソウルと東京の2都市で「日韓友情『歓喜の第九』」演奏会を、2017年12月には上海における日中国交正常化45周年記念演奏会などを行い国内外の注目を集めた。

東京フィル ホームページ&SNS

 Website http://www.tpo.or.jp/
 Facebook https://www.facebook.com/TokyoPhilharmonic 
 X(Twitter) https://twitter.com/tpo1911
 Instagram https://www.instagram.com/tokyophilharmonicorchestra/ 
 Youtube https://www.youtube.com/@tokyophilharmonicorchestra5039

CULTURE
Liveen Times

コメント