【公演レポ】 クラウス・マケラ指揮 オスロ・フィルハーモニー管弦楽団来日公演!珠玉の第一夜!

「これはヤバい」。前半の演奏を終えた直後の休憩中にすれ違った聴衆がつぶやいた言葉が耳に入った。興奮して紅潮したその顔からは、その演奏がいかに素晴らしかったかが窺える。


(C)Rikimaru Hotta

気鋭の指揮者クラウス・マケラが手兵オスロ・フィルを率いての待望の来日公演の第一夜(10月18日東京芸術劇場)は、マケラのお国もののシベリウスの交響曲第2番と第5番というプログラム。機動力抜群で華やかなサウンドを奏でる管楽器陣と、クリーンで透明感のある弦楽器陣が織りなす北欧のオーケストラらしい音色が、シベリウスの代表作を益々魅力あふれるサウンドにして会場の隅々まで響かせてゆく。


(C)Rikimaru Hotta

アンコールで演奏された「レミンカイネンの帰郷」ではマケラとオーケストラが実に自由に楽しそうに大迫力の演奏を我々に届けてくれたのが深く印象に残った。マケラの指揮捌きに俊敏に応えるオーケストラが奏でる音楽は、シベリウスの魅力を我々に存分に伝えてくれた。両者が培った信頼関係なくしては成立し得ない一夜であった。


(C)Rikimaru Hotta

このシベリウス・プログラムは24日に東京・サントリーホールで再び演奏される他、浜松、名古屋、大阪、熊本と23日のサントリーホールでの公演ではリヒャルト・シュトラウスの《英雄の生涯》が演奏されるのに加え、コンサートの前半にはショスタコーヴィチの祝典序曲と、辻井伸行をソリストに迎えて同じくショスタコーヴィチのピアノ協奏曲第2番が披露される。このまたとない好演の機会を聞き逃す手はないだろう。

◆クラウス・マケラ指揮オスロ・フィルハーモニー管弦楽団
https://avex.jp/classics/opo2023/

10月20日(金)静岡・浜松アクトシティ浜松 大ホール 【A】
10月21日(土)愛知・愛知県芸術劇場コンサートホール 【A】
10月22日(日)大阪・フェスティバルホール 【A】
10月23日(月)東京・サントリーホール 【A】※完売
10月24日(火)東京・サントリーホール 【B】
10月26日(木) 熊本・熊本県立劇場コンサートホール 【A】

《プログラム》
◆Aプログラム
ショスタコーヴィチ:祝典序曲
ショスタコーヴィチ:ピアノ協奏曲第2番[ピアノ:辻井伸行]
R.シュトラウス:交響詩《英雄の生涯》
◆Bプログラム
シベリウス:交響曲第2番
シベリウス:交響曲第5番

▽クラウス・マケラ – シベリウス:交響曲第2番&第5番 Trailer

CULTURE
Liveen Times

コメント