乃木坂 新成人 “昇り龍世代” が眩いばかりの振袖姿をお披露目!

人気アイドルグループ乃木坂46の岩本蓮加、黒見明香、清宮レイ、林瑠奈、松尾美佑、一ノ瀬美空、岡本姫奈、川崎桜の8名が1月9日、毎年恒例の成人式を乃木神社で執り行った。


(後列左から)林瑠奈、松尾美佑、黒見明香、岡本姫奈
(前列左から)清宮レイ、一ノ瀬美空、岩本蓮加、川崎桜

乃木坂史上最多となる8名が、艶やかな晴れ着姿で登場し、眩いばかりの美しさを披露。

8名は鳥居をくぐり、石畳みを歩いて本殿へ移動した。

(後列左から)林瑠奈、松尾美佑、黒見明香、岡本姫奈
(前列左から)清宮レイ、一ノ瀬美空、岩本蓮加、川崎桜

本殿内で祈祷し、新成人としての願いを込め、ハタチの飛躍を誓った。

Ⓒ乃木坂46LLC

囲み取材の冒頭では、岩本が代表として「まず初めに『能登半島地震』で被災された方々には、心よりお見舞い申し上げます。また、このような状況のさなか、例年通りこうして成人式を行えること、とても感謝しております。今日はお集まりいただきありがとうございます。」と挨拶した。

報道陣から「何世代?」との恒例の質問を投げかけられると、岩本の「せーのっ」のかけ声に合わせて「私たちは、乃木坂昇り龍世代です!」と昇り龍のキュートなポーズと共に声を合わせた。3期生の岩本は「どんどんまだまだ上を目指して昇っていきたいという思いを込めたのと、今年は辰年なので“龍”とかけて“昇り龍”にしました」と力を込めた。

岩本は「3期生は一番上になって。何年か前から自覚をしていて『ちゃんとしなければ』とずっと思っていたんですけど、いざこういう状況になってみると『ちゃんとしなきゃ』ではなくて『やらざるを得ない』というか。『絶対にちゃんとできてなくてはいけない』という状況が常にあります。誰かが悲しんだり辛い思いをしたりしているときに、寄り添ってあげることが当たり前にできるグループ。それを私も誇りに思っているので、そういう強みを持ちつつ、新しいことにも挑戦していって、まだまだ上を目指していけたらいいなと思っています」と意気込んだ。

新成人を迎えた心境について一ノ瀬は、「あっという間だなと感じますし、日々支えてもらっている方の支えがあって今があるなと実感しています。今年は辰年なので、辰のようにドンと大きく目標を持って、すごい大きな結果を残せたらいいなと思っております。」とハタチの抱負を語った。

川崎は絵馬に書いた事柄について「私は『一歩一歩』という字を絵馬に書きました。20歳という大きな節目で、今1度自分を見つめられたときに、『私は最初から全部できるタイプじゃないな』という風に思ったので、これから一歩一歩、地に足をつけながらしっかり成長していきたいなと思います。」と自身の成長を誓った。

岡本は新成人を迎えた心境と抱負について「あっという間に20歳を迎えました。一昨日くらいに10歳の頃に20歳の自分に向けて書いた手紙を読んだんですけど、『バレエの先生になっていますか』とか色々なことが書いてあって。まさか今こうして記者の方々に囲まれて、たくさんの方に成人をお祝いしていただけている未来を想像していなくて。2024年はすごく輝かしく、飛躍の1年にしたいなという風に思います。」と2024年の飛躍を誓った。

 

STAR
Liveen Times

コメント