クラウス・マケラ指揮 パリ管弦楽団《特別上映会/オンラインアーカイブ配信》


「世界を席巻する色彩の宝玉-『音楽の友』」、「魔法使いのように楽団導く-共同通信」と評されたクラウス・マケラ指揮パリ管弦楽団の2022年10月の来日公演。東京芸術劇場、サントリーホール、愛知県芸術劇場での演奏からベストセレクトされたライヴ映像がオンライン配信される。

さらに、オンライン配信に先行して、サントリーホール ブルーローズにて、同内容の特別上映会も実施。オンライン配信は編集された通常のオーケストラ映像(メイン映像カメラ)に加えて、マケラにフォーカスした指揮者カメラ、オーケストラ全景カメラ、それら3つの映像を視聴者が切り替えながら観られるマルチアングルと4つの視聴方法がある。クラシック専門の映像撮影チームによる多彩な角度からの様々なカット、そして巧みな編集により、名手が揃うパリ管ならではの多彩な音楽を楽しむことができる。1月26日の特別上映会では、スタジオモニターBowers&Wilkins 801D4 とClasse セパレートアンプによるHiFi音響再生を予定しており、万全の設備による音響で臨場感あふれる映像を大スクリーンで堪能できる。

クラウス・マケラとパリ管弦楽団による感動と興奮を再び味わってほしい。

チケット(配信・特別上映会)の購入はこちら▼
https://w.pia.jp/t/orchestredeparis2022-online/

《有料配信》
配信期間:1月28日(土)19:00~1月29日(日)23:59
配信料金:¥2,000(税込)
※マルチアングル配信
※投げ銭サービス「Doneru」を利用可能

《特別上映会》
日時:1月26日(木)19:00開演
場所:サントリーホール ブルーローズ
チケット料金:¥2,000(税込・自由席)

※公演ツアープログラム付き
※未就学児入場不可
※上映時間:1時間50分(途中休憩含む)
※スタジオモニターBowers&Wilkins 801D4 とClasse セパレートアンプによるHiFi音響再生を予定
Bowers & Wilkins:https://www.bowerswilkins.com/ja-jp/
Classé Audio:https://www.classeaudio.com/ja/
協賛:Bowers &Wilkins、Classe

《配信・特別上映会共通情報》
出演(映像内):クラウス・マケラ指揮パリ管弦楽団
曲目:ドビュッシー:交響詩《海》(収録:2022年10月20日愛知県芸術劇場 コンサートホール)
ラヴェル:ボレロ(収録:2022年10月15日東京芸術劇場 コンサートホール) ストラヴィンスキー:春の祭典(収録:2022年10月17日サントリーホール) グリンカ:歌劇《ルスランとリュドミラ》序曲〔アンコール演奏〕(収録:2022年10月18日サントリーホール)

企画/制作:エイベックス・クラシックス・インターナショナル
録音:オクタヴィア・レコード
映像制作:YouClassics
照明:佐藤啓
協力:ぶらあぼ、東海テレビ放送、愛知芸術劇場、東京芸術劇場、サントリーホール

クラウス・マケラ指揮 パリ管弦楽団
クラシック界に衝撃と旋風を巻き起こす新進気鋭の天才指揮者クラウス・マケラ。25歳の若さで音楽監督に就任した名門パリ管と勝負曲を携えて待望の来日!

(C)堀田力丸

CULTURE
Liveen Times

コメント