「2021 セイジ・オザワ松本フェスティバル」、サイトウ・キネン・オーケストラ公演の全世界無料配信が決定!

2021年9月3日(金)、5日(日)に開催が予定されていた「2021セイジ・オザワ松本フェスティバル」でのサイトウ・キネン・オーケストラ演奏の公演をユニバーサルミュージックの公式YouTubeチャンネルで全世界無料配信が決った。

「セイジ・オザワ松本フェスティバル」は日本を代表する指揮者、9月1日に86歳の誕生日を迎えた小澤征爾が総監督を務める音楽祭。1992年から長野県松本市で毎年夏に開催されており、来年30周年を迎えます。

この音楽祭のために編成されるオーケストラ、サイトウ・キネン・オーケストラを中心に、世界から優れた音楽家が集結し、世界中のクラシックファンから毎年注目を集める音楽祭です。

昨年、新型コロナウイルス感染拡大の影響で開催が中止なり、今年は2年ぶりの開催予定でしたが、コロナウイルスの感染拡大や医療体制の窮迫を踏まえ、先日、全公演の中止が発表されました。

今回、9月3日(金)と5日(日)に予定されていた公演で、サイトウ・キネン・オーケストラとしては初めてのオンライン・コンサートとしてYouTubeで配信を行います。

演目は、ラヴェル、ドビュッシー、ストラヴィンスキーとコンサートの発表から間もなくチケットが完売になるほど、注目を集めるプログラムです。

セイジ・オザワ 松本フェスティバル実行委員会コメント

音楽家にとって、松本で、サイトウ・キネン・オーケストラで演奏することは、特別な意味があります。これまでフェスティバルやサイトウ・キネン・オーケストラを支えて下さって来た音楽家の皆様は、全員その自負と意味を感じ、30年近く続いたフェスティバルを育て、音楽を紡いでくださってきました。

8月24日に発表したフェスティバルの開催中止は、総監督を筆頭に出演者、関係者、スタッフ全員にとって苦渋の決断でしたが、小澤総監督とサイトウ・キネン・オーケストラは、来年30周年を迎えるフェスティバルをつなげるためにも、演奏をすべて中止するのではなく、1度でも良いのでサイトウ・キネン・オーケストラとして集まり、音を出し、それを記録して、広くお客様にお届けすること、それこそ音楽家ができることなのではないか、と考えました。

配信は元々公演が予定されていた9月3日(金)19時~、9月5日(日)15時~の2回収録された映像が配信される予定で、アーカイブ配信の予定はございません。

■2021セイジ・オザワ 松本フェスティバル オーケストラ コンサートBプログラム 概要

指揮:シャルル・デュトワ
演奏:サイトウ・キネン・オーケストラ
収録会場:キッセイ文化ホール(長野県文文化会館)
収録日:2021年9月3日(金) 15時~
配信日時:
9月3日(金)19時~

9月5日(日)15時~

視聴URL
9月3日(金)19時~:https://www.youtube.com/watch?v=4_9XgXxzaTw
9月5日(日)15時~:https://www.youtube.com/watch?v=I1FXo3Lptj4
*ユニバーサル ミュージック公式YouTubeチャンネルで配信
*公演時間:約2時間を予定

【プログラム】
ラヴェル:組曲《マ・メール・ロワ》
ドビュッシー:《海》~3つの交響的スケッチ~
休憩(20分)
ドビュッシー:牧神の午後への前奏曲
ストラヴィンスキー:バレエ組曲《火の鳥》(1919年版)

■リンク
セイジ・オザワ 松本フェスティバル HP:https://www.ozawa-festival.com/
小澤征爾ユニバーサルミュージックHP: https://www.universal-music.co.jp/seiji-ozawa/
ユニバーサル ミュージック クラシックHP:https://www.universal-music.co.jp/classics/

CULTURE
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Liveen Times

コメント