新国立劇場バレエ団『不思議の国のアリス』公演、6月3日(金)より上演!

スポンサーリンク


新国立劇場バレエ団『不思議の国のアリス』公演は6月3日(金)から6月12日(日)まで、東京初台の新国立劇場オペラハウスにて上演される!


Alice’s Adventures in Wonderland© by Christopher Wheeldon
撮影:鹿摩隆司

■見どころ Highlights

●一流のアーティストたちによる、現代性を持つ新しいクラシック・バレエ

世界で最も多忙なコレオグラファーの一人であるクリストファー・ウィールドンが手掛けた初めての物語バレエ。音楽には映画やテレビ番組での音楽を手がけるジョビー・タルボット、美術には数々の作品でトニー賞を受賞しているボブ・クロウリーという錚々たるアーティスト達が集結して、英国ロイヤルバレエで 2011 年に初演されました。世界を席巻したこのプロダクションは世界有数のバレエカンパニーがレパートリー化しており、アジアでは唯一新国立劇場バレエ団だけが上演を許可され、2018/2019 シーズンの開幕公演として上演されました。

ウィールドンはインタビューで「この作品は伝統的なクラシック・バレエではなく、ミュージカル・シアターとバレエの融合、ハイブリットだ」と答えています。原作の世界を見事に視覚化したカラフルでポップな美術、最新の照明・映像技術で構成された舞台は、観客を惹きつけてやまない魅力に溢れています。

プロジェクション・マッピングなど現代アートが織り込まれつつも、生身の人間によるパフォーマンスの素晴らしさを存分に堪能できる、まさに極上のライブ・エンターテインメントです。

● 個性の強いキャラクターたちと物語の二重構造

オープニングはアリス一家の自宅で開かれたティーパーティー。ここでこの作品に登場する主要メンバーが揃い、主役のアリス、彼女の母と父、家族の友人であるルイス・キャロル、そしてアリスがほのかな恋心を抱く庭師のジャックが登場します。

メインキャラクターは現実の関係性を維持したまま、不思議の国の住人たちに変身!アリスの母は強烈なハートの女王、父は気弱なハートの王、ルイス・キャロルはいつも忙しない白ウサギ、庭師ジャックはハートのジャックとなり、それぞれ同じダンサーによって演じられます。こうした二重構造で、アリスとジャックの恋物語が現実と夢、そして時空を超えて展開されていきます。

新しいテクノロジーを取り込みつつも描かれるのは物語と人間であり、観客の心にある“こども”の部分に気づかせてくれる作品です。

●現代的な楽しさに富む、生き生きとキャラクターを描く音楽

映画界でも大活躍のジョビー・タルボットの音楽もこの作品の大きな魅力です。彼の音楽はキャロルの登場人物たちのように生き生きとそれぞれのキャラクターを描きます。不思議でおかしなおとぎ話の『アリス』にはぴったりの、リズミカルにゆらめくオーケストラの音色を創り出しています。

オーケストラのなんと約三分の一を打楽器が占め、不思議な登場人物たちや情景に合わせて、フロッグギロ、サンダーシート、ウィンドマシーンなど沢山の特殊な楽器も使用されています。

■ものがたり


Alice’s Adventures in Wonderland© by Christopher Wheeldon
撮影:鹿摩隆司

イギリスにあるアリス一家の自宅でパーティーが始まろうとしている。アリスは恋する庭師のジャックにジャム・タルトをプレゼントするが、タルトを盗んだと母親に誤解されてジャックはクビにな
ってしまう。悲しむアリスを一家の友人のルイス・キャロルが慰めようとしたところ、不思議なことが!彼は白ウサギに変身する。

追いかけたアリスが着いたのは、母親にそっくりのハートの女王が支配する世界。女王のジャム・タルトを盗んだ罪で処刑されそうになっているハートの騎士の格好をしたジャックを救おうと、アリスの冒険が始まる。

アリスは体が大きくなったり小さくなったり。そして、白うさぎに誘われ不思議の国の奥深くへ。女王の庭園に忍んできたジャックは女王に捕まってしまい、裁判が始まる。不思議の国で出会った不思議な人々と生き物たちが次々と登場し、ジャックに不利な証言をする。アリスは彼を弁護するが、女王はますます怒りを募らせ、城内は大混乱に・・・。

■2021/2022 シーズン新国立劇場バレエ団
不思議の国のアリス
Alice’s Adventures in Wonderland© by Christopher WHEELDON

振付 クリストファー・ウィールドン
音楽 ジョビー・タルボット
美術・衣裳 ボブ・クロウリー
台本 ニコラス・ライト
照明 ナターシャ・カッツ
映像 ジョン・ドリスコル/ジュンマ・キャリントン
パペット トビー・オリー
マジック ポール・キエーヴ

芸術監督 吉田都
出演 新国立劇場バレエ団
指揮 ネイサン・ブロック/冨田実里
管弦楽 東京フィルハーモニー交響楽団
共同制作 オーストラリア・バレエ

【公演日程】

2022 年 6 月 3 日(金)19:00
6 月 4 日(土)13:00/18:30
6 月 5 日(日)14:00
6 月 8 日(水)13:30
6 月 9 日(木)13:30
6 月 10 日(金)13:30
6 月 11 日(土)13:00/18:30
6 月 12 日(日)14:00

*新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、託児サービス、バックステージツアーは当面休止させていただきます。
*ロビー開場は開演 60 分前、客席開場は開演 45 分前です。開演後のご入場は制限させていただきます。
*6 月 8 日(水)は 1 階~3 階席まで学校団体が入るため、1 階 S 席、4 階 C・D 席および Z 席のみの販売です。
*6 月 9 日(木)・10 日(金)は 1 階~4 階席まで学校団体が入る予定のため、1 階 S 席および Z 席のみの販売です。

【全国公演】

高崎芸術劇場 大劇場(群馬県)
2022 年 6 月 18 日(土)14:00
6月 19 日(日)14:00

【会場】新国立劇場 オペラパレス (京王新線 新宿駅より 1 駅、初台駅中央口直結)
【予定上演時間】約 2 時間 50 分(休憩含む)
【ウェブサイト】https://www.nntt.jac.go.jp/ballet/alice

【チケットのお求め・お問い合わせ】

<ウェブでの予約・購入>
新国立劇場 Web ボックスオフィス http://pia.jp/nntt/ (PC、携帯共通)
チケットぴあ http://pia.jp/t/ (PC、携帯共通) 【P コード:505-964】
イープラス http://eplus.jp/ (PC、携帯共通)
ローソンチケット http://l-tike.com/ (PC、携帯共通) 【L コード:39696】
<電話での予約・購入>
新国立劇場ボックスオフィス TEL:03-5352-9999 (10:00~18:00)
チケットぴあ TEL:0570-02-9999
*本公演は新型コロナウイルス感染予防、拡大防止対策をとって上演いたします。
新国立劇場における新型コロナウイルス感染拡大予防への取り組みと主催公演ご来場の皆様へのお願い
https://www.nntt.jac.go.jp/release/detail/23_017576.htm

CULTURE
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Liveen Times

コメント