クラウス・マケラ&パリ管弦楽団、今シーズン開幕!10月には待望の来日!

この秋、クラシック界注目の来日となるクラウス・マケラ指揮パリ管弦楽団の今シーズンのオープニング・コンサートが、現地9月8日、フランス、パリのフィルハーモニー・ド・パリ、ピエール・ブーレーズ・ホールで行われた。プログラムは、2曲の世界初演作を含む冒険的な構成。

マケラと同朋フィンランドを代表する現代作曲家カイヤ・サーリアホの2005年作「小惑星4179:トータティス」で幕を開け、リヒャルト・シュトラウスの「ツァラトゥストゥラはかく語りき」、ジミー・ロペス・ベリードの新作「アイノ」、パスカル・デュサパンの新作「A Linea」、そして、スクリャービンの「法悦の詩」で締めくくられた。カーテンコールではスタンディング・オベーション、「ブラボー」が飛び交い、今後への期待を募らせる今シーズンの開幕となった。

なお、クラウス・マケラ、パリ管弦楽団の来日を記念して、このオープニング・コンサートの模様は、medici.tv JAPANにて、現在、特別に無料視聴が可能となっている。さらに、この公演のほか、ベルクとマーラーに臨んだ2021年のコンサートや2020年にロックダウン以降初めて再開された本拠地パリでの貴重なコンサートなども来日記念特集として無料公開中!

世界が注目する新進気鋭の天才指揮者マケラと名門パリ管は、来月10月15日より東京、名古屋、大阪、岡山にて全6公演を予定。ドビュッシー、ラヴェルにストラヴィンスキーと勝負曲を携えての来日が待ち遠しい!

セキスイハイム presents
クラウス・マケラ指揮 パリ管弦楽団日本ツアー
https://avex.jp/classics/odp2022/

◎Aプログラム
ドビュッシー:交響詩《海》
ラヴェル:ボレロ
ストラヴィンスキー:春の祭典
◎Bプログラム
ドビュッシー:交響詩《海》
ラヴェル:ピアノ協奏曲ト長調 [ピアノ:アリス=紗良・オット]
ストラヴィンスキー:火の鳥 (全曲)
2022年
10月15日(土)16:00開演 東京芸術劇場コンサートホール<A>
10月17日(月)19:00開演 サントリーホール<A>
10月18日(火)19:00開演 サントリーホール<B>
10月20日(木)18:45開演 愛知県芸術劇場 コンサートホール<B>
10月21日(金)19:00開演 岡山シンフォニーホール<B>
10月23日(日)14:00開演 フェスティバルホール<A>

medici.tv JAPAN
クラウス・マケラ指揮 パリ管弦楽団=来日記念特集=

クラウス・マケラ ©Mathias Benguigui / Pasco And C
パリ管弦楽団 ©William Beaucardet
提供:medici.tv JAPAN

CULTURE
Liveen Times

コメント