新⽇本フィルハーモニー交響楽団 井上道義が描くミュージカルオペラ 2023年1⽉世界初演︕

スポンサーリンク

新⽇本フィルハーモニー交響楽団は、 2023年1⽉に井上道義作曲のミュージカルオペラ『A Way from Surrender〜降福からの道〜』を世界初演します。

井上道義が10年かけて書き上げた本作。太平洋戦争を挟んだ激動の時代を⽣き抜いた井上の亡き両親の⼈⽣を描き、⾃⾝のルーツを通して、愛とは、平和とは、国とは、アイデンティティとは何かを今に問う作品として昇華させました。

昨年9⽉に⾏われたオーディションを経て、井上の分⾝とも⾔うべきタロー役に選ばれたのは、 第53回⽇伊声楽コンコルソ優勝、第17回東京⾳楽コンクール最⾼位を獲得した新進気鋭のテノール⼯藤和真。その両親、正義役とみちこ役を、国内外で⽬覚ましい活躍を続けるバリトンの⼤⻄宇宙とソプラノの⼩林沙羅が演じるほか、宮地江奈、⿃⾕尚⼦、コロンえりから、新しい才能が集います。

新⽇本フィル 第2代⾳楽監督(1983〜1988)を務め、その後も数々の共演を重ね、深い⾳楽の絆を結んできた井上×新⽇本フィル。今まさに円熟を極めるマエストロが、先ごろ2024年12⽉末での引退を宣⾔し、クラシック⾳楽界に衝撃を与えたのは記憶に新しいところ。今しかできない⾳楽を追求し続けるマエストロが、新⽇本フィル 創⽴50周年のアニバーサリーシーズンに贈る渾⾝の作品。2022年9⽉3⽇(⼟)より、1回券の⼀般発売が開始される。

ついに完成︕井上道義と⽗「正義」、⽇本⼈とは何か︖アイデンティティとは何か︖
井上が描く最⾼傑作のミュージカルオペラの世界初演をお聴き逃しなく︕

主題

人の一生に一番大切なものは何か?愛か?何に向かう愛か?
希望はどこに向かうのか?思い出とは何か?無心とは何か?

井上道義からのメッセージ

⽇本において戦後、平和は幸福によって⼀時的にはもたらされた。
その事実は既に70年を過ぎているが当然、幸福は平和と同義語ではない事に⼈は気づいている。安⼼と平和も同義語ではない。また、戦争は不幸とは同義語ではない。
闘いというものは、全ての⽣物には必要な⾏為であって悪ではないのだ。
⼈は何のために⽣きるのか︖
戦後、国家間の安全保障という枠組みに守られた平安の中に⽣きてきた⼈々にとっては
経済的な安定の確保と、⽂化の継承の核としての形としての「国家」が必要であった。
しかしその守られるべき対象は「家の延⻑としての国家」によって保障される種類のものではなかったのではないか︖
⽇本のような⻑い歴史を経て単⼀⺠族と間違った誤解をし続けてきた国にとっても、国家とは⼈々の意義の中に住み続けてきた巨⼤な家族集団のようだ。
しかし⺠族国家とは⺠族の幻想にしか過ぎず、その中に住む⼀⼈⼀⼈の⼈間の存在価値や⽣命を保証するものではない。
⼈⼀⼈が不動の⼼をもって⽣きるための拠り所は、何か別のものに求めなければいけないのではないか︖その何かとは・・・。家や、家族幻想から解き放たれた「受け⼊れる愛」・・・愛から⽣まれた結果への愛︖
それがこの作品の主題。
時間とともに⾛る現実の隣に死はいる、しかし愛すべき⼈や物も隣にいる。
そんな⽬の前の記憶の積み重ねを歴史に刻み込もうとする⾏為=芸術 のみが⼈の⽣きる意味ある⽬的だ。という⽴場での作品です。使い古された芸術⾄上主義です。

もう⼀つの隠れた⽬的:

⺟、みちこが与えられた簡単には受け⼊れがたい運命を前向きに捉え、その条件の中で、最⼤に奮闘する⼈⽣賛歌を描き、⽗、正義の⼀⽣を追悼し、結果として道義⾃⾝の存在を肯定する作品でもある。

あらすじ

絵描きのタローは、⾃分のアトリエでいつものように、⼆⼈のモデルの絵を描いている。アトリエを整理する中で出てきた、
10年前に描いた両親の肖像画をきっかけに、舞台は戦時中のフィリピン・マニラへ。そこで明かされる、両親が抱いてきた真実と想い。激動の時代を経て、現代のタローは何を想うのか

2023年1⽉世界初演
ミュージカルオペラ
『A Way from Surrender〜降福からの道〜』

出演者

総監督(指揮、演出、振付)︓井上道義
タロー(テノール)︓⼯藤和真
正義(バリトン)︓⼤⻄宇宙
みちこ(リリック・ソプラノ)︓⼩林沙羅
マミ(ソプラノ)︓宮地江奈
エミ(メゾ・ソプラノ)︓⿃⾕尚⼦
ピナ(ソプラノ)︓コロンえりか
アンサンブル
<ソプラノ>中川郁⽂、太⽥⼩百合
<メゾ・ソプラノ>蛭牟⽥実⾥ほか
<テノール>斎⽊智弥、渡辺正親
<バリトン>今井学、⾼橋宏典、⼭⽥⼤智
<バス/バッソプロフォンド>仲⽥尋⼀ほか
洗⾜学園関係合唱
茂⽊鈴⼤(タローの分⾝)
⼤⼭⼤輔(朗読)
管弦楽︓新⽇本フィルフィルハーモニー交響楽団

公演情報

トリフォニーホール・シリーズ&サントリーホール・シリーズ #646
総監督(指揮、演出、振付)︓井上道義
2023年 1⽉21⽇(⼟)14:00開演 すみだトリフォニーホール ミュージカルオペラ(オペラ形式)
2023年 1⽉23⽇(⽉)19:00開演 サントリーホール 演奏会形式
井上道義︓ミュージカルオペラ『A Way from Surrender〜降福からの道〜』 op.4
[トリフォニーホール・シリーズ] S ¥8,000 A ¥6,500 B ¥5,000 C ¥4,000 *1階席1列〜6列⽬の販売はございません。
[サントリーホール・シリーズ] S ¥9,000 A ¥7,500 B ¥5,500 P ¥4,000 *C席の販売はございません

クラウドファンディング

新⽇本フィル50周年記念、井上道義⽒渾⾝作のオペラを成功させたい︕
READYFORにてミュージカルオペラの制作資⾦を補填するクラウドファンディングを⾏います。
詳細は下記URLをご参照ください。
クラウドファンディング期間︓5⽉13⽇(⾦)10:00〜6⽉12⽇(⽇)23:59
⽬標⾦額︓300万円
URL https://readyfor.jp/projects/njp-michiyoshiopera

CULTURE
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Liveen Times

コメント