【公演Repo】撮影OK、SNS拡散OK、服装自由!「That’s クラシック!~光のオーケストラ~」


(C)上野隆文

1月25日、 東京国際フォーラム ホールCで「That’s クラシック!~光のオーケストラ~」を聴いた。


(C)上野隆文

指揮と演奏は、川瀬 賢太郎&東京フィルハーモニー交響楽団。イベント・ホストはROLANDで、進行はフリーアナウンサーの阿部 智帆が担当した。

コンサートはインターネットでライブ配信され、曲の合間合間で、ROLANDと川瀬によるお話と解説を聞きながらコンサートを楽しんだ。コンサートはリラックスしたムードの中、進行した。

本コンサートで画期的だったのは、撮影OK!SNS拡散OK!服装自由!でクラシック音楽にありがちな煩わしいルールはなく、光の映像とのコラボレーションや、映える照明演出・特殊効果で臨場感を感じることができる仕掛けが随所に散りばめられていた。


(C)上野隆文

特に撮影自由というクラシックコンサートは非常に珍しく、若者を中心に多くの音楽ファンが集まったコンサートだった。

プログラムは、初心者でも楽しめるように盛り上がる名曲を中心に構成された。

冒頭のJ. ウィリアムズ「スター・ウォーズ」のテーマ。川瀬 賢太郎&東京フィルハーモニー交響楽団は迫力あるサウンドを披露。川瀬 賢太郎は若々しくエネルギッシュな指揮で東京フィルをリードし、観客の心を温めていった。

ROLANDは黒のオシャレなジャケットとパンツ姿で登壇。川瀬賢太郎とクラシック音楽について楽しそうに熱く語っていた。

「ゴッドファーザー」より 愛のテーマ(ニーノ・ロータ)ではムードある雰囲気の中、トランペットが絶品の演奏を披露。チャイコフスキーのバレエ音楽「白鳥の湖」の『情景』では、オーボエ・ソロやハープの美音が観客を優しく包んでいった。


▲東京フィルの木管奏者(フルート・オーボエ・クラリネット・ファゴット)。
ソロで演奏することも多く「個人芸」「名人技」とも言える非常に高い技量が求められる。


▲ハープ:バレエ音楽の中にあってハープ奏者の役割は非常に大きい。チャイコフスキーのバレエ音楽で、曲全体の気品を格段に高めてくれる貴重な存在。

ベートーヴェン交響曲 第5番「運命」よりは、第3楽章終盤の盛り上がるところから披露された。第4楽章 Allegro – Prestoでは、楽器編成にピッコロ、コントラファゴット、トロンボーンが加わり、色彩的な管楽器が増強され、響きが非常に華やかだった。チェロ・コントラバスといった中低音もオーケストラ全体を支え、豊かな響きをもたらしてくれた。


▲チェロ:豊潤な響きで音楽に深みをもたらす。


▲コントラバス:低い音で音楽に厚みを持たせオーケストラ全体を支える。

東京フィルハーモニー交響楽団は、普段から新国立劇場などでオペラを演奏している日本で一番オペラの演奏機会が多いプロ・オーケストラだが、ヴェルディの歌劇「アイーダ」の『凱旋行進曲』では、金管楽器奏者(トランペット・トロンボーン・ホルン・チューバ)が活躍し、冴えわたった演奏が披露された。さすがイタリアオペラはお手の物で、隙がない演奏スキルに魅了された。


▲トランペット。はつらつとした強音やファンファーレで活躍。オペラではなくてはならない存在。オペラ王「ヴェルディ」の作品は、華やかで輝かしい最高音域を司るトランペットが重要。


▲トロンボーン:スライドが特徴。中低音で音域が広く、弦楽器でいうと「チェロ」の役割をする金菅楽器。


▲ホルン:やわらかく丸みがある音色が特徴。ほかの楽器と合わせるのも得意。金管楽器の中で最も広い音域を持つ中低音金管楽器。

「オペラ王」と称されるヴェルディは、凱旋の場で「エジプト風」のトランペットを導入し、行進曲を盛り立てる演出を考えた。本コンサートでは、4本の長大な「アイーダ・トランペット」が用意され、ステージの両脇に2名ずつ配置。ヴェルディが描く異国情緒の世界観が見事に演出され、大いに盛り上がった。

最後は、エルガーの威風堂々 第1番。光のシャワーを浴びるような雰囲気の中、コンサートは終了した。


(C)上野隆文

【配信概要】

◆公演タイトル

That’s クラシック!~光のオーケストラ~

◆日時・場所

2022年1月25日(火) 東京国際フォーラム ホールC(東京都)
18:15開場/19:00開演

◆出演

川瀬賢太郎(指揮)
東京フィルハーモニー交響楽団(演奏)
ROLAND(イベント・ホスト)
佐藤由季(進行)

◆曲目

「スター・ウォーズ」よりテーマ(J. ウィリアムズ)
「スター・ウォーズ」より帝国のマーチ(J. ウィリアムズ)
「ゴッドファーザー」より 愛のテーマ(ニーノ・ロータ)
バレエ音楽「白鳥の湖」より『情景』(チャイコフスキー)
交響曲 第5番「運命」より(ベートーヴェン)
歌劇「フィガロの結婚」より序曲(モーツァルト)
歌劇「アイーダ」より『凱旋行進曲』(ヴェルディ)
歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」より間奏曲(マスカーニ)
威風堂々 第1番(エルガー)

◆主催

公益財団法人ソニー音楽財団(Sony Music Foundation)

◆協賛

ソニー生命保険株式会社/ソニー銀行株式会社

That's クラシック!~光のオーケストラ~ | SonyMusicFoundation|公益財団法人ソニー音楽財団
"現代ホスト界の帝王"ROLAND がクラシック・コンサートに初降臨!「闇から光へ」をテーマに壮大なオーケストラの演奏と圧倒的な映像・照明演出で、幻想的な非日常の世界へといざないます。
CULTURE
Liveen Times

コメント