東京フィルハーモニー交響楽団のニューイヤーコンサート2023、1月2・3日に開催

東京フィルハーモニー交響楽団は、2023年1月2日(月・休)・3日(火)の2日間、毎年恒例の「ニューイヤーコンサート」(共催:Bunkamura)を開催します。

東京フィルハーモニー交響楽団(東京フィル)は1911年創設。2023年に創設112年を迎える、日本で最も歴史の長いオーケストラです。1989年Bunkamuraオーチャードホールと日本のプロオーケストラとして初めてフランチャイズ契約を結び、以来、数多くの記念碑的コンサートを同ホールで実現してまいりました。

東京フィル新年の恒例行事、「これ無くして一年は始まらない!」というお客様多数の人気公演が、「ニューイヤーコンサート」。アナウンサーの朝岡聡の司会で、新年の華やかな雰囲気のもと、世界に羽ばたく若き音楽家たちの魅力満載のコンサートが繰り広げられます。

東京フィルニューイヤーコンサート2023東京フィルニューイヤーコンサート2023

 2023年の幕開けを飾るコンサートの指揮は、2022年東京フィルの定期演奏会<オール・ハチャトゥリアン・プログラム>でデビューを飾り、その熱い音楽と愛されるキャラクターが強く印象付けられた若き鬼才・出口大地(でぐち・だいち)
ソリストには、ジュリアード音楽院とハーバード大学を卒業し、演奏活動だけでなく近年は大学で教鞭をとるほかテレビ番組のコメンテーターとしても活躍するヴァイオリニスト廣津留すみれ(ひろつる・すみれ、1月2日公演)と、幼少期から才能を発揮、国内外のコンクールやコンサートで立て続けに高評価を獲得し、若い音楽ファンにも高い人気を誇るピアニスト亀井聖矢(かめい・まさや、1月3日公演)が登場し、新しい年を祝います。

ニューイヤーコンサート2022の様子 (C)K.Miuraニューイヤーコンサート2022の様子 (C)K.Miura

 お客様の投票で当日演奏する曲を決定する大人気の「お楽しみ福袋プログラム」や、”東京フィルで『ラデツキー行進曲』を指揮できる権”や豪華景品が当たる「お年玉抽選会」ももちろん開催。「福袋プログラム」の結果発表はコンサート当日です。

華やいだ新春の空気を、クラシック音楽のしらべとともにお楽しみください。
https://www.bunkamura.co.jp/orchard/lineup/23_nyc.html

  • 公演情報

◆ 日時・会場
2023年1月2日(月・休)、3日(火) 両日15:00開演
Bunkamuraオーチャードホール(〒150-8507 東京都渋谷区道玄坂2-24-1)

◆ 出演者
指揮:出口大地
ヴァイオリン:廣津留すみれ(1月2日のみ)
ピアノ:亀井聖矢(1月3日のみ)
司会:朝岡 聡
管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団

◆ 曲目
J. シュトラウスⅡ/ワルツ『美しく青きドナウ』
ピアソラ/『ブエノスアイレスの四季』より「冬」(1/2のみ)
サン=サーンス/序奏とロンド・カプリチオーソ(1/2のみ)
リスト/ピアノ協奏曲第1番(1/3のみ)
お客様の投票で演奏曲が決まる「福袋プログラム」
https://www.tpo.or.jp/concert/newyear2023-program.php
ラヴェル/ボレロ  ほか

◆ 料金
S¥6,600 A¥5,500 B¥3,500(税込)

◆ 発売日
東京フィルフレンズ/MY Bunkamura 先行 2022年11月3日(木・祝)
一般 2022年11月10日(木)

◆ チケット取扱い
Bunkamuraチケットセンター 03-3477-9999<10:00~17:00>
[オンラインチケット購入] https://mybun.jp/tpony2023
東京フィルチケットサービス 03-5353-9522<平日10:00~18:00/土日祝:休 *11/3(木・祝)は10:00~16:00で営業>東京フィルWEBチケットサービス https://www.tpo.or.jp/ (24時間対応・座席選択可)
※東京フィルWEBチケットサービスでの取り扱いは11月10日(木)より開始

東京フィルハーモニー交響楽団 Tokyo Philharmonic Orchestra

1911年創立。日本で最も古い歴史と伝統を誇るオーケストラ。約160名のメンバーをもち、シンフォニーオーケストラと劇場オーケストラの両機能を併せもつ。名誉音楽監督にチョン・ミョンフン、首席指揮者にアンドレア・バッティストーニ、桂冠指揮者に尾高忠明、大野和士、ダン・エッティンガー、特別客演指揮者にミハイル・プレトニョフ、アソシエイト・コンダクターにチョン・ミンを擁する。定期演奏会や「渋谷/平日/休日の午後のコンサート」など、クラシック音楽を広く普及させる自主公演の他、新国立劇場のレギュラーオーケストラとしてオペラ・バレエ演奏、『NHKニューイヤーオペラコンサート』『ブラボー!オーケストラ』『名曲アルバム』『題名のない音楽会』『東急ジルベスターコンサート』『NHK紅白歌合戦』などの放送演奏により、全国の音楽ファンに親しまれる存在として高水準の演奏活動と様々な教育的活動を展開している。2020~21年のコロナ禍における取り組みはMBS『情熱大陸』、NHK BS1『BS1スペシャル 必ずよみがえる~魂のオーケストラ 1年半の闘い~』などのドキュメンタリー番組で取り上げられた。
1989年にBunkamuraオーチャードホールとフランチャイズ契約を締結。また、東京都文京区、千葉県千葉市、長野県軽井沢町、新潟県長岡市と事業提携を結び、各地域との教育的、創造的な文化交流を行っている。昭和62年度芸術祭賞、平成7年度芸術祭大賞、平成16年度芸術祭優秀賞、また「音楽の未来遺産」三善晃管弦楽作品シリーズ3公演のライヴCD「三善晃の音楽」(カメラータ・トウキョウ/平成20年10 月)が平成20年度芸術祭優秀賞を受賞した。他に、昭和59年度に第8回音楽之友社賞と第8回ゆとりすと賞(味の素社)、平成13年度ミュージック・ペンクラブ賞(クラシック部門/日本人アーティスト)、2021年「OPUS KLASSIK 2021」交響曲部門(20-21世紀)などを受賞している。

公式ウェブサイト https://www.tpo.or.jp/
Facebook https://www.facebook.com/TokyoPhilharmonic
Twitter https://twitter.com/tpo1911
Instagram https://www.instagram.com/tokyophilharmonicorchestra/

CULTURE
Liveen Times

コメント