新国立劇場バレエ団 2023/2024シーズンの開幕を飾る『ドン・キホーテ』

新国立劇場バレエ団は、2023年10月20日(金)~10月29日(日)新国立劇場 オペラパレスにて、2023/2024シーズン開幕公演として『ドン・キホーテ』を上演する。


新国立劇場バレエ団『ドン・キホーテ』撮影:鹿摩隆司

情熱的なスペインの恋。
最高にパワフルな古典バレエで新シーズン開幕!
2023/2024 シーズンは、楽しさと活気にあふれた古典バレエ『ドン・キホーテ』で幕を開けます。セルバンテス著「ドン・キホーテ」のエピソードが原作である本作は、床屋のバジルと町娘キトリの恋物語が、陽気に賑わうバルセロナの町で繰り広げられます。闘牛士や町の女たちによるスペイン舞踊、風車のエピソード、ドン・キホーテの夢の中で繰り広げられる美しい群舞、そして最終幕の恋人たちによるグラン・パ・ド・ドゥまで、古典バレエの美しさとバラエティに富んだ踊りの数々を堪能できる人気演目です。

新国立劇場バレエ団で上演している『ドン・キホーテ』は、モスクワ・ボリショイバレエ団で活躍し、芸術監督も務めた A.ファジェーチェフによるものです。彼によると、『ドン・キホーテ』はクラシックの粋を集めた舞踊芸術の華麗な祭典であり、プティパのバレエ作品の中でも最もモスクワらしい作品。

この「モスクワらしさ」は、モスクワ派のバレエとボリショイの舞踊手に特有の、屈託のない大らかさ、遊びの感覚、即興的な自由がこの作品に溢れているところから生まれてくるもので、今回の上演にあたってはファジェーチェフに来日してもらい、バレエ団にその作品の核を直接指導してもらう予定です。

充実した新国立劇場バレエ団のソリストたちと定評ある美しいコール・ド・バレエによる見どころがたっぷりの、オーソドックスな古典バレエの世界を楽しんでいただけること間違いなしです。


新国立劇場バレエ団『ドン・キホーテ』撮影:鹿摩隆司

見どころ

その1:物語を彩る個性的な登場人物たち

騎士ドン・キホーテとお供のサンチョ・パンサはもちろん、キトリとバジルの恋物語を盛り上げる個性的なキャラクターが次々と登場します。サンチョ・パンサや金持ちの貴族ガマーシュが巻き起こすコミカルなシーンや、花形闘牛士のエスパーダをめぐる女性たちのドラマなど、彼らが繰り広げるエピソードも必見です。


新国立劇場バレエ団『ドン・キホーテ』撮影:鹿摩隆司

その2:第3幕の結婚式の<グラン・パ・ド・ドゥ>

コンクールやガラ・コンサートでも人気の高い有名なパ・ド・ドゥ。主役ダンサーがダイナミックなジャンプや回転など超絶技巧を披露し、場内は一気に盛り上がります。今回、主役には5組のペアが登場。充実した陣容を誇る新国立劇場バレエ団ダンサーの実力を、日替わりでお楽しみいただけます。

その3:キャラクターダンスからバレエ・ブランまで、バラエティ豊かな踊りの数々

街の場面では、色鮮やかな衣裳をまとった女性ダンサーたちの目くるめく舞踊シーンはもちろん、スペイン舞踊の動きを取り入れた情熱的なキャラクターダンスを楽しむことができます。第2幕の森の場面では一転、クラシック・バレエの幻想的な世界に変わります。森の妖精たちのコール・ド・バレエなど、クラシック・バレエの真髄を堪能できるシーンです。


新国立劇場バレエ団『ドン・キホーテ』撮影:鹿摩隆司

ものがたり

ドン・キホーテは農夫サンチョ・パンサを従えて冒険を求めて諸国を遍歴する旅に出る。活気あふれる港町バルセロナ。宿屋の看板娘キトリの恋人は床屋のバジルだが、キトリの父ロレンツォは娘を金持ちの貴族ガマーシュに嫁がせようと考えている。広場で人々が陽気に騒いでいるところに、ドン・キホーテとサンチョ・パンサが登場、ドン・キホーテは、キトリを自分の理想の女性であるドゥルシネア姫だと信じ込む。しかし彼女は騒ぎの間にバジルと一緒に町外れの居酒屋に隠れてしまう。追ってきたロレンツォたちは二人を見つける。キトリにガマーシュとの婚約を無理強いしようとするロレンツォに、バジルは「キトリと結婚できないのなら自殺する」と狂言自殺を図る。義憤にかられたドン・キホーテは、ロレンツォに槍を突きつけて、バジルの最期の願いであるキトリとの結婚を認めるように迫る。

ロレンツォがしぶしぶ了解すると、死んだふりをしていたバジルは飛び起きて、キトリと喜び合うのだった。ドン・キホーテとサンチョ・パンサは森の中をさまよっている。ドン・キホーテは風車を巨人と見誤って突撃するが、回り始めた風車の羽根に引っかかり、地面にたたきつけられ気を失う。夢の中でドン・キホーテはドゥルシネア姫(キトリ)と出会う。一方、サンチョは狩りを楽しんでいた公爵夫妻に会い、気を失っている主人を助けてくれるように頼み込み、公爵たちはドン・キホーテを自分の館に招くことにする。

公爵夫妻はサンチョ・パンサからキトリとバジルの恋物語を聞き、館で二人の結婚式をあげるよう取りはからう。結婚を祝って華やかな宴が繰り広げられ、キトリとバジルも喜びに満ちた踊りを披露する。

公演概要

2023/2024 シーズン
バレエ「ドン・キホーテ」
Don Quixote

振付 マリウス・プティパ/アレクサンドル・ゴルスキー
改訂振付 アレクセイ・ファジェーチェフ
音楽 レオン・ミンクス
美術・衣裳 ヴャチェスラフ・オークネフ
照明 梶 孝三
芸術監督 吉田 都
指揮 マシュー・ロウ/冨田実里
管弦楽 東京フィルハーモニー交響楽団
出演 新国立劇場バレエ団

【公演日程】

2023 年 10 月 20 日(金) 19:00
10 月 21 日(土) 13:00
10 月 21 日(土) 18:30
10 月 22 日(日) 13:00
10 月 22 日(日) 18:30
10 月 24 日(火) 13:00 【貸切】
10 月 27 日(金) 14:00
10 月 28 日(土) 13:00
10 月 28 日(土) 18:30
10 月 29 日(日) 14:00
*開場は開演 45 分前です。開演後のご入場は制限させていただきます。
*10 月 24 日(火)は貸切公演のため、Z 席を含めチケット販売はございません。

【会場】新国立劇場 オペラパレス (京王新線 新宿駅より 1 駅、初台駅中央口直結)
【主催】新国立劇場
【予定上演時間】約2時間35分(休憩含む)
【ウェブサイト】https://www.nntt.jac.go.jp/ballet/donquixote/

【チケットのお求め・お問い合わせ】
<ウェブでの予約・購入>
新国立劇場 Web ボックスオフィス http://pia.jp/nntt/ (PC、携帯共通)
チケットぴあ http://pia.jp/t/ (PC、携帯共通)
イープラス http://eplus.jp/ (PC、携帯共通)
ローソンチケット http://l-tike.com/ (PC、携帯共通)
<電話での予約・購入>
新国立劇場ボックスオフィス TEL:03-5352-9999 (10:00~18:00)
チケットぴあ TEL:0570-02-9999

CULTURE
Liveen Times

コメント