スターダンサーズ・バレエ団、ピーター・ライト版「ジゼル」全2幕上演決定!

スポンサーリンク

2022年5月14日(土)・15日(日)の2日間にわたり、ピーター・ライト版「ジゼル」全2幕を上演。心揺さぶるドラマティックな悲しい恋の物語を、オーケストラの生演奏による美しい音楽とともにお贈りいたします。

スターダンサーズ・バレエ団は、川崎市・新百合ヶ丘の芸術祭アルテリッカしんゆりの一環として、2022年5月14日(土)、15日(日)昭和音楽大学テアトロ・ジーリオ・ショウワにてピーター・ライト版「ジゼル」全2幕を上演いたします。

「ジゼル」は、ロマンティック・バレエの最高傑作として長い歴史を持つ作品。

英国が世界に誇る名演出・振付家サー・ピーター・ライトによる優れた演出は「ジゼルの決定版」と称され、英国ロイヤル・バレエ団、バーミンガム・ロイヤル・バレエ団、カナダ国立バレエ団等、世界の名だたるバレエカンパニーがレパートリーとしています。日本では唯一スターダンサーズ・バレエ団が上演しており、前回上演した2015年から実に7年ぶりの再演となります。

心打たれる数々のドラマティックなシーン、美しい舞台美術、そして演劇性あふれる演出。子どもから大人まで年代問わず観た者の心を虜にする魅力があふれる作品をオーケストラの生演奏による美しい音楽とともにお贈りいたします。

主演は、渡辺恭子と林田翔平(14日)、喜入依里と池田武志(15日)のダブルキャスト。
ロマンティック・バレエの神髄とも言える美しい舞台を、ぜひお見逃しなく。

◆あらすじ

~第1幕~ ライン川流域の村
舞台は中世ドイツの豊かな森に囲まれた村。青年ロイスは村娘ジゼルに想いを寄せています。しかしある日、ロイスが実は身分を隠し、婚約者もいるアルブレヒト伯爵であることが猟場番人ヒラリオンによって明らかになります。ショックのあまりジゼルは気を失い、狂気のなか自ら命を絶ってしまいます。

~第2幕~ 森の中のジゼルの墓
深夜の森、ジゼルの墓参りにやってきたアルブレヒト。そこに精霊(ウィリ)たちが現れます。ウィリたちはアルブレヒトに死へと追いやる舞踏を強いますが、同じくウィリとなったジゼルは懸命に彼を守ろうとします。アルブレヒトの力が尽きかけようとしたその時…。

photos:Kiyonori Hasegawa

ーーーーーーーーーーーーーーー
スターダンサーズ・バレエ団公演
ピーター・ライト版「ジゼル」全2幕

◆日時
2022年
5月14日(土) 14:00開演(13:15開場)
5月15日(日) 14:00開演(13:15開場)
各回開演20分前より総監督・小山久美によるプレトークを行います。

◆場所
テアトロ・ジーリオ・ショウワ (小田急線新百合ヶ丘駅南口より徒歩4分)

◆チケット
SS席10,000円(子ども8,000円)
S席9,000円(子ども6,000円)
A席6,000円(子ども4,000円)
B席3,000円(子ども2,000円)
C席1,000円
学生券2,500円

・料金は消費税込み。
・子どもは4歳~中学生対象。4歳未満のお子様の入場はご遠慮ください。
・C席は舞台の一部が見えにくい見切れ席となります。当バレエ団のみ取り扱い。
・学生券は25歳までの学生対象(要学生証)、座席選択不可、当バレエ団WEBチケットのみ取り扱い。
・2階・3階一列目手すり近くのお席は、一部舞台が見えにくい場合がございます。
・公演中止の場合を除き、チケットのキャンセル・変更はお受けできませんので、あらかじめご了承く

◆出演
ジゼル:渡辺恭子(14日)、喜入依里(15日)
アルブレヒト:林田翔平(14日)、池田武志(15日)
※やむを得ない事情により変更となる場合があります。

◆公演ページ
https://www.sdballet.com/performances/2205_giselle/

CULTURE
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Liveen Times

コメント