NBAバレエ団が新たに矢内千夏を迎え入れ「ロミオとジュリエット」を上演!

スポンサーリンク
プリンシパルとして新たに矢内千夏を迎え入れ、NBAバレエ団が2022年3月5日-6日、東京建物 Brillia HALLにて「ロミオとジュリエット」を上演。



「ロミオとジュリエット」1 矢内千夏,刑部星矢

NBAバレエ団が2022年3月5日(土)-6日(日)に東京建物 Brillia HALL(豊島区立芸術文化劇場)でマーティン・フリードマン版「ロミオとジュリエット」を上演します。チケット好評発売中。

5日(土)13:00、6日(日)14:00の回のジュリエットは矢内千夏、ロミオは刑部星矢。5日(土)18:00の回のジュリエットは竹内碧、ロミオは宮内浩之。
NBAバレエ団にプリンシパルとして入団した矢内千夏は入団後初の舞台。これからのますますの活躍に期待が高まります。矢内千夏にその意気込みを聞きました。

●ジュリエットを演じるにあたってその想いを教えてください。

矢内— 以前に一度ジュリエットを踊らせていただいたことがあります。
私が小さい時から憧れていたダンサーが、何かのインタビューでジュリエット役を踊るのが夢だったと答えている記事を読んで、その方が憧れる程の役はどんなに素晴らしいんだろうと、私も踊りたいと思うようになりました。

実際舞台に立って役に没頭するのがとても楽しかったですし、いろんな感情が次々と湧いて、終わったときには随分寂しかったのを覚えています。音楽も素晴らしく、今まで踊った中でも1番好きな作品かもしれません。

前回演じたときはバレエ一本というアプローチでしたが、演劇や朗読でシェイクスピアの戯曲が演じられる際に、言葉の一つ一つが役者さんにとってとても特別だったり、難しいものとされているのを知り、どれだけ言葉というものにシェイクスピアの想いの深さがこめられているのかを考えるようになりました。バレエは言葉がないので、動きでその言葉の重みや繊細さを少しでも出しつつ、言葉がない分ダイレクトに出てくる感情を伝えてお客様に楽しんで頂ける様に演じていけたらと思っています。

●マーティン・フリードマン版「ロミオとジュリエット」の印象はいかがですか?

矢内— 最初に思ったのは、とにかく難しそう!ということです。私にできるのかなと不安になるほど。でもとても精密で私が考えるシェイクスピアのイメージがまさにこういった感じだ!と思いました。流れで踊ってしまう様な所がなく、一つ一つ意味があってそこにはまっている感じでしょうか。すごく素敵なので音楽と踊るのが楽しみですが、正直今はどんなに深いのかと不安の方が大きいです。

●ロミオ役刑部星矢さんの印象はいかがですか?

矢内— まだ写真を撮影するときにお会いしただけなのですが、背がすごく高くて足が長い!リフトをしていただいたんですが、背が高いので床からとても遠くて怖かったです。(笑)そして、撮影が押して時間が過ぎているのにもかかわらず、何度も嫌な顔ひとつせずやり直して頂き、優しい方だなと思いました。本当にありがたい限りでした。

●NBAバレエ団を選んだのはどうしてですか?

矢内— NBAバレエ団のレパートリーはオリジナルのものが多く、楽しそうで踊ってみたいと思っていました。そして、何より芸術監督である久保紘一さんの温かいお人柄と、バレエ団やダンサーと分け隔てなく向き合ってくださる事に感動して、入団させて頂くことを決めました。また色々な作品やバレエと向き合って成長したいですし、少しでもバレエ団のお役に立てたらいいなと思っています。

●NBAバレエ団に入っていかがでしたか?

矢内— まだ入団して間もないのでこれからという感じですが、今はセンターレッスンが難しくて苦労しています。覚えたり動いたりに精一杯で周りを見る余裕もないので、雰囲気をまだ感じられていないかもしれませんが、皆さん優しくしてくださっています。それから私は本当に人と話すのが苦手なのでまだ挨拶するのがやっと。不慣れな事が多くご迷惑をおかけしてしまっていますが、舞台を作る一員になれるように少しずつですが頑張ります。

●これからNBAバレエ団で演じてみたい役はありますか?

矢内— まずはNBAバレエ団に入ってはじめてのジュリエットを自分の出来る限り良いものにして踊れたらと思います。

  •  公演概要

【公演名】NBAバレエ団『ロミオとジュリエット』


「ロミオとジュリエット」3

【公演日】2022年3月5日(土)開場12:15・開演13:00/開場17:15・開演18:00

2022年3月6日(日)開場13:15・開演14:00

【会場】東京建物 Brillia HALL(豊島区立芸術文化劇場)

  • チケット

チケット好評発売中!
【料金】
S席 13,200円(税込)  A席  11,000円(税込) B席 8,800円(税込)

※3歳未満の入場はご遠慮ください。

【チケット取り扱い】
●NBAバレエ団 :04-2937-4931(月~金9:00~17:00)
https://www.nbaballet.org/

●チケットぴあ:0570-02-9999

(Pコード:509-341)

●イープラス:https://eplus.jp/

  • 「ロミオとジュリエット」公演感想(2017年2月公演アンケート・批評より)

・とても面白かった。両家の若者の争いの活写、群舞構成、感情表現、そして若手のバレエダンサーがとても良い。
・鳥肌が立つほどの空気感や音楽と一体化した踊りの醸し出す素晴らしい舞台でした。
・キャラクターが濃く演じられて楽しかった。戦うときスピード感があり良かった。
・3幕ジュリエットのソロ、感情の動きがダイレクトに伝わる踊りで他の版にはない感じ。
・1幕舞踏会のコールド、2幕広場のコールドも良かった。
・ジュリエットの3幕での悲しみと意志の強さを同時に表現された踊りにとても感動しました。
・音楽をよく吟味して使いこなし、ただのダンスシーンの連続に終わらせていない。

  • 「ロミオとジュリエット」あらすじ


「ロミオとジュリエット」2 矢内千夏,刑部星矢

時は14世紀、イタリアの都市ヴェローナでは2つの名家、皇帝派のモンタギュー家と教皇派のキャピュレット家の間で抗争が絶えず、お互いを仇と思い合い、事ある毎にいがみ合っていた。

モンタギュー家のロミオは、友人であるマキューシオとベンヴォーリオに誘われキャピュレット家の舞踏会に忍び込み、キャピュレットの娘ジュリエットに出会う。2人は互いが敵同士であるにも関わらず一瞬にして恋に落ちてしまう。

舞踏会の帰り際、キャピュレット家の果樹園に忍び込んだロミオは、偶然中庭に出ていたジュリエットを見つける。ひとり語りする彼女の愛の告白を耳にしたロミオは、たまらず彼女の前に姿を現し、思いの丈を打ち明け、2人は愛を誓い合う。ジュリエットは次の日に使いの者をやることをロミオに約束し、ロミオは後ろ髪を引かれながらも、闇に紛れて去っていく。

次の日ロミオは、溢れるばかりの愛の言葉と、今夜教会で落ち合い結婚式をあげようというジュリエットからの手紙を受け取る。二人はロレンス修道士の助けにより秘密裡に2人だけで結婚式を済ませ、永遠の愛を誓い合う。ロミオはその帰り道、キャピュレット家のティボルトと出くわす。マキューシオがティボルトの相手となり剣を抜くが、ティボルトに刺され死んでしまう。親友を失ったロミオは逆上し、ティボルトを刺してしまう。真昼の街中で起きた惨劇は、瞬く間に人々に知れ渡り、殺人を犯したロミオはヴェローナから永久追放される。

ヴェローナからの永久追放は、2人にとって永遠の別れを意味していた。

ジュリエットは、最後の望みを懸けてロレンスに助けを求める。ナイフを手に取るジュリエットの姿を見たロレンスは、42時間仮死状態になる薬を渡し、二人を駆け落ちさせようとする。ジュリエットは、死の危険をも覚悟し薬を飲み干す。

翌日、キャピュレット家では悲しみの葬儀が行われた。行き違いでそれが仮死状態だと知らされなかったロミオは、悲しみに暮れ、ジュリエットの傍で自らの命を絶とうと、毒薬を手に彼女のもとへ急ぐ。

変わり果てた姿のジュリエットと再会したロミオは、彼女の後を追って毒を飲む。ロミオが息絶えて間もなく、ジュリエットが目を覚ます。すでに息のないロミオを見て、事の成り行きを悟ったジュリエットは、ロミオが持っていた短剣で自害し、彼のもとへと旅立つ。

若い恋人たちの死によって、積年の両家の不和は終わりを迎える。 キャピュレットとモンタギューは、両家の争いが彼らを死に追いやったことを悔やみ、ロミオとジュリエットの悲劇を無にしないため、和解を誓い合うのだった。

  •  矢内千夏


矢内千夏

5歳よりバレエを始める。バレエスタジオレヴェランスにて佐藤和子に師事。

第12回オールジャパンバレエユニオンコンクールジュニア1の部 第一位
第69回全国舞踊コンクールジュニアの部 第一位
2014年Kバレエスクールに入学
2015年Kバレエカンパニーに入団
2018年にプリンシパルに昇格

主な出演作は 「ドンキホーテ」のキトリ/森の女王/花売り娘、「ロミオとジュリエット」のジュリエット、「白鳥の湖」のオデット/オディール、「マダムバタフライ」のタイトルロール、「クレオパトラ」のオクタヴィア、「ラ・バヤデール」のニキヤ、「くるみ割り人形」のマリー姫/雪の女王、「海賊」のメドーラ/パドトロワ、「ジゼル」のミルタ、「コッペリア」の祈り、「シンデレラ」のタイトルロール、「カルメン」のタイトルロール、「ベートーヴェン第九」第二楽章主演、アシュトン振付「ラプソディ」主演、「レパティヌール 〜スケートをする人々〜」のブルーガールなど。

2021年 NBAバレエ団にプリンシパルとして入団

  • マーティン・フリードマン

マーティン・フリードマン
マーティン・フリードマン

2005年5月20日、昭和天皇から旭日小綬章を受賞。2003年からジャパングランプリの審査委員長を務め、日本でバレエを指導し続けている。現在は、グアテマラ国立ダンスバレエスクール、コロンビア国際クラシックバレエセンターの指導あたる。台湾国際バレエコンクール、NBAバレエコンクールの審査員を務める。ワシントンバレエ団、台北国立芸術大学の芸術監督も務めていた。コロラドバレエ団の芸術監督を20年務め、イタリアのフローレンスにある”Teatro Comunale -Maggio Fiorentino”の芸術監督務めた。サンフランシスコバレエ、ロンドンフェスティバルバレエ(現イングリッシュナショナルバレエ)の講師、スウェーデンロイヤルバレエ、ネザーランドバレエシアター、オーストラリアバレエ、ドイツオペラバレエ、香港バレエ、英国ロイヤルバレエスクールのゲスト講師を務めるなど数々のバレエ団に長年にわたり指導者として招かれている。最近ではオーストリアのウィーンオペラバレエスクールの振付、ゲスト講師を務める。

  •  久保紘一 [NBAバレエ団芸術監督]

久保紘一
久保紘一

16歳で世界最高峰のモスクワ国際バレエコンクールにてトップの成績を獲得。
ボストンバレエ団のゲストダンサーなどを経てコロラドバレエ団のプリンシパルとして迎えられ、以降20年間にわたって同バレエ団でプリンシパルとして活躍した。2010年にコロラドバレエ団を退団後、2012年NBAバレエ団の芸術監督に就任。次々と意欲的作品を発表し日本のバレエ界にて注目され、2015年NBAバレエ団の数々の公演の成果により文化庁芸術祭新人賞を受賞。

  • NBAバレエ団について

所沢及び埼玉で唯一のバレエ団として活動中。コロラドバレエ団プリンシパルとして活躍した久保紘一が芸術監督を務める。1993年より古典作品とコンテンポラリー両方のレパートリーを持ちながらも、アイデンティティのあるより高いバレエ芸術の創造と普及に努め、文化の向上に寄与することを目的として、年間を通じて国内トップレベルの公演を主催している。2014年に上演した「ドラキュラ」は、アメリカで大旋風を起こした作品の日本初演で、広く話題を呼んだ。2015年には「HIBARI~すべての美空ひばりファンに捧げる」、2016年には「死と乙女」(和太鼓奏者林英哲氏、作曲家新垣隆氏と共演)、2018年「海賊」(新垣隆一部作曲・編曲)。また、2019年3月に発表した久保紘一版「白鳥の湖」では、輪廻転生をテーマとした斬新なストーリーと演出で高い評価を受けた。毎年1月の「NBA全国バレエコンクール」は“世界に羽ばたく若きバレリーナの育成”をモットーに、国内最大規模のコンクールを開催。ローザンヌ国際バレエコンクールで優秀な成績をおさめるバレリーナを数多く輩出している。最近では映画「翔んで埼玉」に男性ダンサーが出演するなど幅広い活動で注目を集める。

芸術監督:久保綋一
音楽:セルゲイ・プロコフィエフ
振付:マーティン・フリードマン
指揮:冨田実里
演奏:東京21世紀管弦楽団
主催:一般財団法人NBAバレエ団
後援:豊島区/公益財団法人としま未来文化財団

コメント