都心のグランメゾンで南仏リゾートを堪能!夏の美味を満喫するランチ&ディナーコース

スポンサーリンク

ホテルニューオータニ(東京)のグランメゾン「トゥールダルジャン 東京」では、フランス料理界最高峰の称号”M.O.F.”(フランス国家最優秀職人章)を受章したエグゼクティブシェフ ルノー・オージエによる、南仏“コートダジュール”をテーマにした夏の美味を満喫するランチ&ディナー『 LA MER (ラ・メール) 』を、8月21日(日)までの期間限定で提供いたします。

  • バカンスの聖地“コートダジュール”へエスケープ…夏の美味煌めくコースメニュー

青い海と輝く浜辺が誘うフランス屈指のバカンスの地、“コートダジュール”。彼の地で過ごす休日に着想を得て作られた夏季限定コースメニューが『 LA MER (ラ・メール) 』です。伝統の幼鴨料理はもちろん、まばゆい日差しのもとで食べごろを迎えた彩り豊かな夏野菜、みずみずしい白桃など、生命力あふれる夏の美味を満喫していただけます。

日常を忘れ、南仏のリゾートで眺めるサンセット、陽光に煌めく波間に想いを馳せながら、贅沢なランチ&ディナーのひと時をお過ごしください。

CANETON
au Binchotan aux olives noires, cannelloni de courgette aux girolles & petit panisse au romarin
幼鴨の備長炭グリエ 黒オリーブソース
ズッキーニとジロル茸のカネロニとローズマリー風味のパニス(ランチ・ディナー21,000円メニューより)
トゥールダルジャン東京のスペシャリテの幼鴨料理は備長炭でじっくりと焼き上げ、ほど良い酸味のある黒オリーブソースを合わせ、夏野菜とニース伝統のパニスをあしらった南仏らしい一皿。

FOIE GRAS
pêche en gelée du Cap Corse, calisson de tomate jaune & royale de caillé aux graines du Paradis
フォアグラと白桃のアスピック 煌めくコルシカ産マスカットワインのジュレ(ランチ・ディナー¥21,000メニューより)
フォアグラと旬の白桃を熟したマスカットの甘く華やかな香りのする、コルシカ産カップコルスワインのジュレを使い季節感のあるアスピック仕立てにいたしました。

CRABE KÉGANI
bavaroise de fenouil à l’anis vert, nuage d’avocat acidulé & écume marine
毛蟹のグアカモーレとフヌイユのバヴァロア 軽やかな潮香のエキューム (ランチ¥11,000メニューより)
毛蟹のグアカモーレと滑らかなフヌイユのバヴァロアを合わせ冷前菜。ほど良い塩味と酸味、毛蟹の風味豊かで繊細な味わいのエキュームを添えて仕上げた一皿。

  • 緑輝く日本庭園を望むダイニングルームで、リゾート気分を味わうひと時を

おとぎ話のように始まった歴史​約400年前、パリの中心であったセーヌ河畔のサンルイ島にあった一軒の旅籠は、そこからよく見えた、銀色に輝く雲母で飾られたトゥールネル城にあやかり、銀の塔(フランス語で“トゥールダルジャン”)と店名をつけました。これが国王アンリ三世や多くの貴族達が立ち寄り、フランス食文化史にも登場する、「トゥールダルジャン」のルーツです。

世界唯一の支店「トゥールダルジャン 東京」は、パリ本店と同じく400年の歴史を誇り、大名屋敷にルーツを持つ日本庭園を望む抜群のロケーションで多くのお客さまのハレの日の舞台としてお迎えして参りました。
自然の美しさを感じられる、優雅で華やぐここだけの空間で、南仏のバカンス気分を堪能してみてはいかがでしょうか。

  • 『 LA MER (ラ・メール) 』概要

【ディナー】https://tourdargent.jp/news/menu/dinner_course/3925
【ランチ】https://tourdargent.jp/news/menu/lunch_course/3918

[期間]
2022年8月21日(日)まで
※月・火曜日定休、水曜日はディナーのみ営業

[時間]
ランチ  12:00~13:30(最終ご入店時間)
ディナー 17:30~20:00(最終ご入店時間)

[料金]
ランチ  ¥11,000、¥21,000
ディナー ¥21,000、¥33,000
※いずれもお飲物、サービス料別
※諸事情により営業時間など一部変更が生じる場合もありますので、ご了承ください。

[ご予約・お問合せ]
Tel.03-3239-3111(トゥールダルジャン 東京)

GOURMET
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Liveen Times

コメント