【実食レポ】コンラッド東京 「シェフズ・トリート・ランチビュッフェ」~北の大地の恵み~

スポンサーリンク

東京汐留ビルディング内に所在する、ヒルトングループのラグジュアリーブランドであるコンラッド東京。

1F入口の門をくぐると象徴的なトレードマークである赤いオブジェが出迎えてくれます。

都営大江戸線・ゆりかもめ線 汐留駅 徒歩1分、銀座から徒歩圏内で、東京湾や浜離宮を一望する絶景が魅力のラグジュアリーホテルです。

直通エレベーターでロビーがある28階に到着すると、天井が高くコンテンポラリーな日本の現代アートを配した広々とした空間が広がっています。

5月11日(水)より7月1日(金)まで平日限定で、コンラッド東京 オールデイダイニング「セリーズ」にて、“北の大地の恵み”をコンセプトに総料理長 水口雅司氏監修のもと、各レストランのシェフ達が共演して作り上げる「シェフズ・トリート・ランチビュッフェ」を提供されることを聞きつけ、同地を訪問しました。

水口雅司総料理長は、小樽での経験もあり、北海道の食材の魅力を良く知る彼ならではの視点で、素材と各レストランの特性を組み合わせ、和洋中の味を一度に楽しめる贅沢ビュッフェを提供。


▲総料理長 水口雅司氏

前菜やサラダなど冷たい料理から、スープ、パスタ、シーフード・肉料理などの温かい料理、そして牛内もも肉のローストのカービングステーション、デザートまで北海道の食材を中心に使用した約30種類の料理が好きなだけいただける魅力的なプランです。

サラダとスープ:

●サラダ:ロメインレタス、ルッコラ、アスパラガス、コーン / ラベンダードレッシング、シーザードレッシング、オニオンドレッシング、バルサミコ酢&オリーブオイル

前菜としていただけるシャキシャキのサラダの品質の高さと自家製ドレッシングが秀逸。「オニオンドレッシング」と「ラベンダードレッシング」が大変美味しかったです。「ラベンダードレッシング」はレア度が高く、ビュツフェでいただけるのは有難い限りです。

●スープ:アサリとコーンのチャウダー

アサリがたっぷり入った絶品チャウダー。ビュッフェでこのクオリティーのスープが提供されているのは驚きです。

前菜:

●きたあかりとサーモンのトルティージャ イクラ添え

●北海道ハーブ牛の自家製コンビーフと野菜のタルト

モダンフレンチ「コラージュ」料理長の経験を生かし、バンケットシェフに就任した松永晋太郎氏が手掛ける一品。塩気のある自家製コンビーフ、グリルして甘味を引き出したアスパラガスやとうもろこしなどの野菜をサクサクのタルトに詰め、ハーブを飾った一品。フレンチの技法を感じさせてくれる一品でした。

●北海道産つぶ貝のサラダ、チャイナブルースタイル

北海道産つぶ貝のコリコリとした食感で噛むほど独特の旨味が増します。歯ごたえの良い細切りの大根と合わせ、ライムの酸味とともに食す一品は一層食欲がそそられます。このひと皿で様々な食感と風味を堪能できる料理に仕上がっており、何度でもお代わりしたくなるような料理でした。

●甘海老の散らし寿司 最中のせ

錦糸玉子、冬菇(どんこ)、酢蓮根などを混ぜた散らし寿司を最中にのせて甘海老を飾った料理は、田村勝宏統括料理長の遊び心とアイディアが詰まった料理。最中ごとかぶりつく食べ方は、普段いただいているちらし寿司とは全く違った食感と風味を堪能できる料理に仕上がっていました。

温かい料理:

●とうもろこし饅頭串揚げ

●ホッケのチリソース和え

シンプルにグリルして提供されることが多いホッケを甘辛いチリソースで和えてチャイニーズスタイルで提供。アレンジが難しいホッケとチリソースの組み合わせが絶妙。中華の技を感じさせるお料理でした。

●ラム肉のカツレツ ジンギスカンソース

弾力抜群のラム肉のカツレツとジンギスカンソースの風味が意外なほど非常によく合うのに驚きました。お子様からお年寄りまでが楽しめる一品でした。

●かみふらのポークの塩焼き豚

かみふらのポークの豚肉は力強い素材で弾力・味共に素晴らしい。味付けも秀逸しており、非常に美味しくいただきました。

●ズワイ蟹のビアバター 菜の花のミモザ添え

ビールを加えた衣をつけてサクッと揚げたズワイガニは甘味が増し、口いっぱいに旨味を感じさせてくれました。総料理長 水口雅司氏のオススメだけあって、少し苦味のある菜の花とともにいただいた味は最高。ビールを加えた衣を揚げるアイディアも素晴らしい。これだけの品をビュッフェで提供するのはさすがコンラッド東京です。

デザート:

●ティラミス

良質な乳製品を生かしたデザート。クリーミーなマスカルポーネチーズの甘味とコーヒーやココアパウダーの苦味の調和が素晴らしい。ティラミスは、北イタリア生まれのデザートの一種ですが本場に勝るとも劣らないティラミスでした。

●ベイクドチーズケーキ

●北海道ソフトクリーム

本場北海道に負けない品質の北海道ソフトクリームを楽しみました。搾りたての牛乳で作られた新鮮なソフトクリームが濃厚。北海道の大自然の中で食べていることを思い起こさせてくれる極上のソフトクリームでした。

コンラッド東京 「シェフズ・トリート・ランチビュッフェ」は7月1日までの開催。“北の大地の恵み”をコンセプトに各レストランのシェフ達が総力をあげて作り上げた豪華ビュッフェです。この機会をお見逃しなく!

■「シェフズ・トリート・ランチビュッフェ」 ~北の大地の恵み~ 概要

期間: 2022年5月11日(水)~7月1日(金) ※平日限定
時間: 12:00~13:30(最終入店) ※120分制(30分前ラストオーダー)
場所: 28階 オールデイダイニング「セリーズ」
料金: 1名様 6,000円 / コンラッド・ベア付き 1名様 7,300円 / お子様(3~5歳) 1名様 1,700円/お子様(6~12歳)1名様 2,700円

メニュー例:

前菜

・北海道産ワカサギとキノコのアヒージョ
・時鮭のマリネとホワイトアスパラガスのパンナコッタ
・北海道産タコのカルパッチョ あおさ海苔とポン酢のゼリー
・北海道ハーブ牛の自家製コンビーフと野菜のタルト
・きたあかりとサーモンのトルティージャ イクラ添え
・北海道産つぶ貝のサラダ、チャイナブルースタイル
・甘海老の散らし寿司 最中のせ
・知床鶏と胡桃の松風

サラダ

・ロメインレタス、ルッコラ、アスパラガス、コーン / ラベンダードレッシング、シーザードレッシング、オニオンドレッシング、バルサミコ酢&オリーブオイル
・北海道ポテトサラダと鹿のソーセージ
・トマトカプレーゼ 北海道産モッツアレラチーズ
ブレッド

・北海道バターミルクブレッド 他季節のブレッド2種

スープ

・アサリとコーンのチャウダー

温かい料理

・北海道産油子のソテー タイムレモンソース
・北海道産ホッキ貝と空豆のクリームパスタ
・知床鶏むね肉の低温調理 バスク風グラタン カマンベールチーズのせ
・ラム肉のカツレツ ジンギスカンソース
・ズワイ蟹のビアバター 菜の花のミモザ添え
・ホッケのチリソース和え
・かみふらのポークの黒酢豚肉 香港スタイル
・シーフードとギョウジャニンニクのパエリア
・とうもろこし饅頭串揚げ

カービングサービス

・北海道産ハーブ牛内もも肉 ロースト 山わさび添え

デザート

・ハスカップジュレ
・ベイクドチーズケーキ
・ティラミス
・とうもろこしカップケーキ
・北海道ソフトクリーム

※ご予約・お問い合わせ: 公式サイト
https://conrad-tokyo.hiltonjapan.co.jp/plans/restaurants/lunchbuffet/cerise-2205-2
または 03-6388-8745 (レストラン予約直通)
※表示料金には税金・サービス料が含まれます。
※表示の内容は、仕入れ状況により予告なく変更になることがあります。

■コンラッド東京について

銀座からほど近い汐留に位置し、浜離宮恩賜庭園、レインボーブリッジ、東京湾のパノラマビューを見渡す、和のモダンデザインがコンセプトのコンラッド東京。スタンダードルームでも都内最大級の48㎡を誇る広々とした291の客室、活気溢れる4つのレストランとバー&ラウンジ、最新鋭の設備を備える大・中・小の宴会施設、スパ、プール、フィットネスが備わった、1400㎡の面積を有する「水月スパ&フィットネス」などの充実した施設を擁しています。『ミシュランガイド東京』をはじめ、『コンデナスト・トラベラー“ゴールド・リスト”』や、『トリップ・アドバイザー“トップ25ホテルズ”』など国内外で常にトップの評価を獲得し続けています。コンラッド東京に関する詳細は https://conrad-tokyo.hiltonjapan.co.jpをご覧ください。また、フェイスブック https://facebook.com/conradtokyoやツイッター https://twitter.com/conradtokyo、インスタグラム https://instagram.com/conrad_tokyoでも情報を配信しています。

GOURMET
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Liveen Times

コメント