EXILE TRIBEが武道館に集結!『iCON Z』最終パフォーマンスでLIL LEAGUEがグランプリを獲得!

スポンサーリンク

2021年7月にスタートし、総エントリー数4万8000人となった、LDH史上最大規模のオーディション『iCON Z 2022 ~Dreams For Children~ 』男性部門が大詰めを迎え、5月21日(土)日本武道館で最終審査が行われた。

4次審査を勝ち残った19名が、CROONERZ(クルーナーズ)、LIL LEAGUE(リルリーグ)、KIDMATIC(キッドマティック)の3グループに分かれ最終パフォーマンスを披露。

日本武道館で、EXILE、GENERATIONS、THE RAMPAGE、FANTASTICS、BALLISTIK BOYZ、7月にデビューが決定したPSYCHIC FEVERら『EXILE TRIBE』も最終パフォーマンスに参戦。


▲EXILEによる圧巻のパフォーマンス

THE RAMPAGE、FANTASTICS、BALLISTIK BOYZは上記19人による3グループとの見ごたえがあるコラボレーションが披露され、会場を大盛り上がりだった。

3グループのパフォーマンスでは「LIL LEAGUE」が先陣を切った。「THROW YA FIST」では、THE RAMPAGEとのコラボパフォーマンス。先輩と堂々たる個別パフォーマンスを取り入れたステージは迫力満点。見事なパフォーマンスに惹きつけられた。

続いてKIDMATICが最終パフォーマンスに選んだ楽曲は「Giant Steps」。黄色と黒を基調としたコスチュームで切れのよいダンスで観客を喜ばせた。FANTASTICSとのコラボパフォーマンスでは、爽やさと若さで観客を魅了した。

CROONERZは「Animal」でBALLISTIK BOYZとのコラボパフォーマンス。しっとりしたR&Bを熱く歌い上げた。

GENERATIONSとJr.EXILEによる圧巻のライブパフォーマンスで会場のボルテージを一気に引き上げられた。神谷健太が「運命の人」のソロでしっとりと歌い上げた。

オーディション番組「~夢のオーディションバラエティー~Dreamer Z」(テレビ東京)でおなじみの木梨憲武、大久保佳代子、池谷実悠、そしてAKIRA、SHOKICHI、小森隼、が壇上に現れ、ついに最終結果が発表された。

総エントリー数4万8000人の頂点の中から選ばれたグループはLIL LEAGUE!
LIL LEAGUE の6人は言葉を詰まらせながらも喜びを分かち合い、互いの健闘を讃えた。

会場に駆け付けた三代目 J SOUL BROTHERSメンバーからも祝福された。

7月から開催のEXILEの全国ドームツアーなど、先輩グループのライブでの「DREAM SPARK」(オープニングアクト)に出演することも、サプライズで総合プロデューサーのEXILE HIROから発表された。

STAR
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Liveen Times

コメント