AKB48 岡田奈々 特別防犯支援官が桜美林大学の大学祭に出演!

スポンサーリンク

警察庁「ストップ・オレオレ詐欺47〜家族の絆作戦~」プロジェクトチーム(略称:SOS47)は、全国で被害が相次ぐオレオレ詐欺などの特殊詐欺に関する知識や被害防止策を分かりやすく伝え、特殊詐欺被害を防止するため、2018年より、全国47都道府県警察と共に広報啓発活動を行っています。

この度、AKB48の岡田奈々特別防犯支援官が、11月7日(日)に桜美林大学の新宿キャンパスで開催された大学祭「百桜祭」の着物ファッションショー企画に登場しました。今年の百桜祭は、新型コロナウイルスの感染対策のため、オンライン生配信での開催となりました。岡田支援官は振袖姿で特設ランウェイを華やかに飾った後、スペシャルトークショーに出演し、若者の特殊詐欺への加担について、「若い方が安易に特殊詐欺に加担しないように気を付けないといけません!」と学生に向けて注意を呼びかけました。

イベントレポート

■若者に特殊詐欺の防止協力を訴求

振袖姿で登場した岡田支援官は、トークの中で自身の振袖について聞かれた際、「いろんな色が使われていて、最初に見たときから気に入っていました。このような企画に呼んでいただき、振袖を着ることできてとても嬉しいです。」と感想を述べました。

その後、自身が特別防犯支援官を務めるSOS47について、「『SOS47』とは、オレオレ詐欺や還付金詐欺などの特殊詐欺を防止すべく立ち上がったチームです。“家族の絆作戦”とは、被害に遭いやすい高齢者だけでなく、その子供・孫世代でも協力し、家族で連絡を取り合ったり、特殊詐欺について家族で話し合ったりして、詐欺被害を未然に防ごう!という作戦で、私たちは全国各地で啓発活動を行い、最新の特殊詐欺の手口や家族の絆の大切さなどを伝えています。」と活動内容について述べました。

その後、学生などの若者の特殊詐欺への加担について岡田支援官は、「おじいちゃんおばあちゃんの詐欺被害を防ぐことも大切ですが、皆さんのような若い方が安易に特殊詐欺に加担しないように気を付けないといけません!特殊詐欺では、被害者から現金などを受け取る「受け子」という役割の犯人が最も多く捕まっており、特殊詐欺の犯人がSNS上で、「高額バイト」や「闇バイト」など、特殊詐欺と分からないような言葉を使って「受け子」を募集し、アルバイト感覚で応募した若者が特殊詐欺に加担して逮捕されるケースが多いんです。皆さんの中でも、SNSを利用していると思いますが、不審な書き込みに安易に応じることがないよう、気を付けてほしいです。」と訴えました。

トークショーの最後には、当日誕生日を迎えた岡田支援官に、百桜祭の実行委員から花束が贈呈されました。

開催概要

■催事名:桜美林大学 百桜祭 着物ファッションショー

■実施日:2021年11月7日(日) 13:00~14:15

■実施会場:桜美林大学 新宿キャンパス

■実施者:警察庁 特別防犯支援官 AKB48 岡田 奈々 氏

STAR
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Liveen Times

コメント