LIL LEAGUEインタビュー!EXILE ATSUSHI feat. 東京スカパラの新曲に参加!

6/14に配信リリースする、2023 夏の高校野球応援ソング/「熱闘甲子園」テーマソングであるEXILE ATSUSHI feat. 東京スカパラダイスオーケストラ ホーンセクション「フォトグラフ」のバックコーラスに高校球児と同世代でもある6人組ダンス&ボーカルグループLIL LEAGUEが参加することが分かった。

さらに、高校生ら約100人とともに甲子園球場で手話ダンスを収録し、ABC高校野球のPR動画やミュージックビデオとして、今後の発表を予定している。

LIL LEAGUEからのインタビューは下記の通り。

――EXILE ATSUSHIさんとの“共演”となりますが、感想をお聞かせください。

難波碧空:
お話を聞いたときは・・・もうビックリでした!

中村竜大:
イベントの楽屋でお話を聞いて、メンバー全員が「僕たちでいいんですか!?」となりました。(笑)

難波碧空:
僕たち全員の小さい頃から夢の存在でもあったEXILE、そしてそのボーカルATSUSHIさんの楽曲にこうして携わらせていただくことができて、本当にうれしい気持ちでいっぱいです。今回、ミュージックビデオでパフォーマンスさせていただいたんですが、夢を追う者として、このパフォーマンスや楽曲を通して、熱い思いを持ち続けてほしいなという気持ちで撮影ができました。そして、ATSUSHIさんの声で踊らせていただき、自分たちが今まで感じてこなかったようなことを感じ
ることができたのですごく貴重な経験をさせていただきました!

――バックコーラスやパフォーマンスをするにあたりATSUSHIさんとお話をされたそうですが?

中村竜大:
この曲への想いを共有していただきました。僕たちと同世代の方が聴くような応援ソングになっていますので、僕たちのコーラスにも気持ちを込めて…とか、そういったところもアドバイスしていただきました。実際に歌を聴いてもらったところ、僕たちそれぞれの個性がいい感じに合わさっていると褒めていただいてすごくうれしかったです!また、デビュー前には、これから10年20年とやっていく中で、人としても成長してほしい、誰からも愛される人としても成長してほしい、夢に対してまっすぐに進んでほしい…という言葉をいただきました。その言葉を心に留めて活動しています。

――ATSUSHIさんと初共演となる「フォトグラフ」を聴いたとき、どう感じられましたか?

百田隼麻:
率直に、応援ソングにふさわしい曲だなと思いました。夢を追う者としてとても共感できるところもありましたし、ATSUSHIさんの歌い方が、「(歌詞にあるように)そう思いながら歌っているんだな」とすごく感じるので、一曲の中にいろいろな顔が出てきたというか、いろいろな場面を想像できたので、すごく素敵な曲だなとあらためて思いました。特に、「悔しくて流した涙さえ」という歌詞の部分は、ATSUSHIさんがそういう気持ちを込めた歌い方をしてらっしゃったので、すごく想像しやすかったです。

――甲子園球場という球児にとっては夢の空間に来られたわけですが、実際に見た感想をお聞かせください。

山田晃大:
僕はいま高校三年生なんですが、僕の友人が高校球児で、小学生の頃からずっと血のにじむような努力を続けている姿を間近で見てきました。そういった人たちが、ひとりひとり“ここ“に向けて努力している、目指す場所が同じ“ここ“だということはすごいことだと思って…今までなにげなくテレビで見ていたものが、より「ここに全てをかけてやってきたんだな」と、球場を見た瞬間に強く思いました。球児の友達とは、「晃大は有名になってほしい、俺はプロ野球選手になって、いつかテレビで共演しよう!」という約束を中学卒業の日にしていて、そのためにお互い頑張っています。彼もプロ野球選手になってほしいですし、僕も頑張りたいと思っています!

――手話ダンスを披露されましたが、どんな思いを込めて表現されましたか?

岡尾真虎:
1年くらい前に手話を題材にした映画を観たことがきっかけで手話に興味を持ち、勉強していたことがあって…表情や口の動かし方とか、そういうものすべて含めて、“人に伝える言葉の種類”は沢山あるのだなと感じていました。ダンスで気持ちを伝えるという部分では手話と共通していると感じているので、今回自分の得意なダンスと手話を使って、「フォトグラフ」の歌詞に込められた思いを、ひとつひとつ丁寧に表現できたと思います。高校球児の方が見ても、耳の不自由な方が見ても、同じ思いを共通して伝えることができるように意識したので、大切な言葉として伝わったのではないかと思います。

――今年デビューし、活躍中の皆さんから、これから羽ばたこうとしている球児にメッセージをお願いします!

岩城星那:
LIL LEAGUEメンバーもそれぞれ小さい頃からダンスを習い、オーディションを経てこのグループが結成されました。隣に友達がいたり戦友がいたり、ライバルがいたり、仲間がいる環境でずっと育ってきた自分たちが改めて思うのは、何かに向かって頑張ってる人ほど素晴らしい人はいないということです。それがどんな夢であろうとも、夢を叶えたくて頑張ってる人は本当に心から素晴らしいなと思います。自分たちもこれからたくさん叶えたい夢があるので、球児のみなさんと同じように、仲間であり戦友であり…というような関係だと思うので、「フォトグラフ」の歌詞のように、悔し涙を流してしまう日々もあると思うんですけど、そんな日々もいつかは自分の思い出になるのではないかなと思います。僕たちもまだまだなんですけど、夢を追いかけたり、何かに向かって突き進む仲間として、これからも一緒に頑張っていきたいという気持ちでいっぱいです!

早速、6/14配信リリースの「フォトグラフ」をチェックしてみよう。

▼Release Info
EXILE ATSUSHI feat. 東京スカパラダイスオーケストラ ホーンセクション
New Digital Single「フォトグラフ」
2023.6.14 Streaming & Download
https://exile-atsushi.lnk.to/U3mq5b

公式楽譜無料ダウンロード中!
https://lp.winds-score.com/netto-winds-2023/

【2023 夏の高校野球応援ソング/「熱闘甲子園」テーマソング 使用予定番組】
■「甲子園への道」
7/25(火)~全国49代表校決定まで放送(予定)  ※ABCテレビ・テレビ朝日系列全国ネット
■「熱闘甲子園」
8/6(日)開幕~決勝まで 連日夜生放送 ※休養日除く(予定) ※ABCテレビ・テレビ朝日系列全国ネット
■「第105回 全国高等学校野球選手権記念大会 中継」
8/6(日)開幕~決勝まで ※休養日除く ※ABCテレビ・ABCラジオ・BS朝日・スカイA(録画) ほか系列各局
※番組の放送日時は、変更になる可能性があります。
この他、テレビ朝日系列が放送する各都道府県大会(地方大会)の中継等でも使用されます。

【これまでの「ABC夏の高校野球応援ソング」楽曲一覧】
年度 アーティスト タイトル
2003年 藤井フミヤ SUMMER BOY
2004年 ZONE glory colors~風のトビラ~
2005年 スガシカオ 奇跡
2006年 スキマスイッチ スフィアの羽根
2007年 ウルフルズ 両方 For You
2008年 福耳 夏はこれからだ!
2009年 秦基博 Halation
2010年 FUNKY MONKEY BABYS あとひとつ
2011年 川上ジュリア ずっとここから
2012年 GReeeeN pride
2013年 コブクロ ダイヤモンド
2014年 関ジャニ∞ オモイダマ
2015年 Superfly On Your Side
2016年 AKB48 光と影の日々
2017年 高橋優 虹
2018年 嵐 夏疾風
2019年 Official髭男dism 宿命
2021年 なにわ男子 夢わたし
2022年 平井 大 栄光の扉

REVIEWINTERVIEW
Liveen Times

コメント