中条あやみ、三井住友カードの新CM キャラクター就任インタビュー!


三井住友カードのCMキャラクターに中条あやみさん、青木崇高さん、江口のりこさんを起用し、新TVCM「同じだった、けど色が違った」篇 第1話/第2話(各15秒)を7月1日(木)から全国で放映します。

高いポイント還元や、充実したサービスが受けられる、新しいゴールドカードの登場をプロモーションする本TVCMでは、2021年2月に放映を開始した「みんな違って、みんな同じ」篇で“心配性の人”役を務めている青木さん、“合理的な人”役の江口さんがそれぞれの設定を引き継いで出演し、中条さん演じる新しいキャラクター“買い物好きな人”との衝撃的な出会いを描いています。
同じ店を訪れ、同じタイミングでレジに並び、同じ三井住友カードで会計をしたけれど、そこで出会ったふたりの違いはカードの色…。何かの運命を示唆するかのような2つの遭遇劇にご期待ください。

ストーリーと見どころ

「同じだった、けど色が違った」篇 第1話

大型スーパーを訪れ、時間をかけながら慎重に電球を選ぶ“心配性の人”青木崇高さん。同じ時刻、同じ店のフライパン売り場では“買い物好きな人”中条あやみさんが、大きなカートを押しながら商品を次々に放り込み、豪快に買い物をエンジョイしていました。奇しくも同じタイミングでレジに並んだふたりは、同じタイミングでカードを取り出しタッチ決済を行いますが、ふと横を見た青木さんは、中条さんの持つカードの色が違うことを発見。ゴールドカードの中条さんは動揺する青木さんにウインクを飛ばし、余裕の笑顔で振る舞います。

「同じだった、けど色が違った」篇 第2話

スマートフォン片手にオフィス街を歩きながら、スケジュールの確認に余念がない“合理的な人”江口のりこさん。最寄りのコンビニエンスストアへ向かうと、そこで出会ったのは、豪快に買い物を楽しんでいる“買い物好きな人”中条さんでした。レジ前へ進み、同じタイミングで財布からカードを取り出した江口さんと中条さんですが、中条さんのカードの色が違うことに気づいた江口さんは、平静を装いながらも焦りの表情を隠しきれません。余裕の笑顔で軽く会釈する“ゴールド女子”の中条さんを見て、立ち尽くすしかない江口さんでした。

撮影エピソード

コンビニエンスストアの撮影ではセリフのキレもよく、すべてが順調に進んでいた中条さんですが、なぜか手元を映すタッチ決済のシーンだけは大苦戦。タイミングや位置を調整しながらチャレンジしますが、なかなかOKが出ません。「私は買ったんだ!」「ピッ!ピッ!」と自身を鼓舞し続けること十数分、会心のアクションで監督のOKが出ると、「今日イチ緊張したよ~」と満面の笑みを見せました。

撮影現場では言葉少なく、打ち合わせの段階から“合理的な人”の役づくりに徹していた江口さんは、中条さんが手に持っているゴールドカードを見た瞬間のリアクションや「ゴールド…」とつぶやくセリフなど、監督のオーダーに応えながら微妙にニュアンスを変えて何パターンも演じ、圧倒的な演技力を披露。その迫力に、周囲の撮影スタッフは「すごい…」とつぶやいていました。

撮影現場に入り「心配性感が出るよう頑張ります!心配で~す(笑)!」と大声であいさつした“心配性の人”役の青木さん。会計シーンでは中条さんのゴールドカードや財布の豪華さに「すごいですね~」と感心しながら「ゴールドはないけど…これがあるんです!」とサイフからカードを出すと、それが診察券で、中条さんは大笑い。さらに青木さんは「身体がボロボロで…」と続け、周囲を笑わせました。

カードを眺めながら「『コネコ』って書いてあるんですけど…」とつぶやいていた中条さんに「そのサインは『Kaneko』だから『カネコ』ですね」と教えてあげた青木さんは、「前のCMは4人の役名が三輪、井出、住吉、友部で、頭が三・井・住・友になってたから、中条さんはゴールドで金子なんじゃないかな?」と資料に書かれていない設定を推理。あらためて「ボクは三輪です、よろしく」とあいさつしていました。

閉店後の雑貨店で行われた撮影は、CMの役の設定だけでなく、プライベートでも“お買い物好きな人”である中条さんにとって、夢のような時間でした。長い待ち時間があると、棚の商品を眺めながらウインドーショッピングをエンジョイ。買い物のシーンでは、実際に買えない気持ちを晴らすかのように、フライパンをひょいひょいカートに入れながら楽しそうに買い物気分を味わっていました。

中条あやみさんインタビュー

—-三井住友カードの新 CM キャラクターに起用された心境をお聞かせください。

「ゴールドカードは誰もが憧れるというか、私自身もゴールドカードを持っているとカッコいいと思うので、そのCM に出させていただけてすごい嬉しかったです。それと、ナンバーレスのカードは便利だし、安心だと思いました」

—-撮影現場で印象的だったエピソードを教えて下さい。

「CM がストーリー仕立てなので、お芝居をしている感覚で撮影に臨みましたが、そうした演技よりもカードをタッチする(手元の)シーンでめちゃめちゃ苦戦して…。このタッチの動作が意外と難しいんだっていうことに初めて気づきました。練習で何回も”素振り”をしました(笑)。 あの瞬間がいちばん緊張したかもしれません(笑)」

—-CM では買い物が大好きな“ゴールド女子”を演じていますが、中条さんはお買い物好きですか?

「はい、大好きです!女の子はみんなお買い物が好きですし、自分が普段頑張っているご褒美に何か買いたいという、ちょっとした目標というか…これがあるから頑張れるというところもありますね」

—-中条さんのお買い物は「衝動買い派」ですか?それとも「慎重派」ですか?

「どちらかというと『衝動買い派』です。迷ったら買わないと決めているので、絶対欲しいと思ったら、もう買っちゃいます!だから後悔はしたことないです」

—-年間100万円以上使うと年会費がずっと無料で、さらに1万ポイント還元されるという、よく使う人にはお得な三井住友のゴールドカードですが、もし100万円を自由に使えるなら何を買いますか?

「美味しいものをたくさん食べたいです!買い物は、欲しいものがありすぎて選びきれないので…美味しい食べ物で(笑)。今いちばん食べたいのは肉厚のステーキですね。ちょっとワイルドなの選んじゃいました~(笑)」

—-三井住友のゴールドカードは、コンビニでVisaのタッチ決済を利用すると5%もポイント還元される、コンビニに最適なカードですが、中条さんはコンビニをよく利用されますか?

「日用品をコンビニで買ったりすることが多いですね。ゴミ袋が急に足りなくなっちゃったとか、歯ブラシが必要になったとか…消耗品を買うので、ポイントがたくさんつくのは嬉しいですね」

—-三井住友カードの”Vポイント”は世界中のVisaで使えますが、 ポイントは貯めるタイプですか?

「ポイントはけっこうためて、どう使うかを慎重に考えるタイプです。それと、ポイントではないですけど…500円玉貯金もしています(笑)。せっかくたまったポイントなので、慎重に使いたい派です!」

—-ナンバーレスでもネットショッピングが利用できる便利なカードですが、おうち時間が長いこの時期、オンラインショッピングを利用することは多いですか?

「寝る前に、布団の中でポチってやってしまいます(笑)。最近買ったのは洋服ですね。『これ可愛い』と思ったら、気づいた時にはボタンを押しちゃってます。パンツスタイルが好きなので、可愛いパンツがあると『今しか買えない!』と思って買っちゃったり、セールをやっていたりポイントが倍だったりすると、ポチってやっちゃいます(笑)」

—-アプリでお金を管理できる三井住友カードですが、中条さんはお金の管理をしっかりしている方ですか?

「そうですね~…(子どもの頃)家族にはケチって言われてました(笑)。130円とか小さいお会計の時に千円札をくずすのが嫌で、その場でお母さんに130円借りて、後で返してました(笑)。中学生の時、お家の掃除を1週間手伝うとお小遣いを500円もらえていたので、サボるともらえなくなってしまうから毎日コツコツやっていました」

新CM概要

・タイトル
「同じだった、けど色が違った」篇 第1話/第2話(各15秒)

・出演
中条あやみ、青木崇高、江口のりこ

・放送開始日
2021年7月1日(木)

・動画公開URL
「同じだった、けど色が違った」篇 第1話 https://youtu.be/gCQb2DB8lBI
「同じだった、けど色が違った」篇 第2話 https://youtu.be/C5_ColtMU3k

キャスト

中条あやみ Ayami Nakajo “買い物好きな人”役


1997年2月4日生まれ
大阪府出身
2011年に「ミスセブンティーン 2011」グランプリを受賞し、雑誌「Seventeen」の専属モデルとして活躍後、さまざまな映画、ドラマに出演。2018 年には、映画「チア☆ダン~女子高生がチアダンスで 全米制覇しちゃったホントの話~」で第 41 回日本アカデミー賞新人賞を受賞。1月よりテレビ「ぐるぐるナインティナイン」「グルメチキンレース ゴチになります!」 のレギュラー出演も決まる傍ら、雑誌「CanCam」の専属モデルなど、幅広く活躍中。TBS 系7月スタート日曜劇場「TOKYO MER ~走る緊急救命室~」弦巻比奈役にて出演。

青木崇高 Munetaka Aoki  “心配性の人”役

1980年3月14日生まれ
大阪府出身
主な出演作に、NHK連続テレビ小説「ちりとてちん」、NHK大河ドラマ「龍馬伝」/「平清盛」/「西郷どん」、映画「るろうに剣心」シリーズ、WOWOW「殺人分析班」シリーズ、NHK木曜時代劇「ちかえもん」、TBS「逃げるは恥だか役に立つSP」など。2021年、映画「るろうに剣心 最終章 The Final」が公開。
2022年、WOWOW連続ドラマW「邪神の天秤 公安分析班」で主演を務める。現在「セブンルール」(カンテレ)レギュラー、また「八尾の魅力大使」として大阪府八尾市のPR活動も行う。

江口のりこ Noriko Eguchi  “合理的な人”役

1980年4月28日生まれ
兵庫県出身
2002年、三池崇史監督「桃源郷の人々」で映画デビュー。2004年、タナダユキ監督の「月とチェリー」で主役に抜擢され注目を集める。映画やテレビ、CM、舞台など活躍の場は広く、数多くの作品に出演している。近年の主な作品はNHK「LIFE~人生に捧げるコント」、「これは経費で落ちません」NTV「#リモラブ~普通の恋は邪道」、TBS「わたし、定時で帰ります」、「半沢直樹」ほか。

コメント