AKB48 向井地美音 特別防犯支援官が東京都府中市の成人式に登場!

スポンサーリンク

警察庁「ストップ・オレオレ詐欺47〜家族の絆作戦~」プロジェクトチーム(略称:SOS47)は、全国で被害が相次ぐオレオレ詐欺などの特殊詐欺に関する知識や被害防止策を分かりやすく伝え、特殊詐欺被害を防止するため、2018年より、全国47都道府県警察と共に広報啓発活動を行っています。

この度、AKB48の向井地美音特別防犯支援官が、東京都府中市で行われた「府中市成人の日記念青年のつどい」に登場し、SOS47特殊詐欺被害防止トークショーを行いました。

昨年の府中市内での特殊詐欺被害額は1億円を超え、被害者の多くが新成人のおじいちゃんおばあちゃんの年代であることについて向井地支援官は、「皆さんの力でおじいちゃん、おばあちゃんを守ってほしい。」と特殊詐欺被害防止に対する決意を述べました。

イベントレポート:

■向井地支援官「家に帰ったら家族に今日の話をしてほしいです。」

特殊詐欺被害防止トークショーに登場した向井地支援官は、はじめに自身の成人式の思い出について聞かれ、「私は4年前に成人しましたが、AKB48はメンバーだけの成人式を毎年行っているため、地元の成人式に参加できず残念でした。しかし、成人式の後、同窓会を開催してくれて、中学の同級生たちと久しぶりに再会できたのが嬉しい思い出です。」と述べました。

その後、SOS47としての活動内容や思いを聞かれた向井地支援官は、「このプロジェクトでは、私自身が若い世代ということもあり、同世代をターゲットにした啓発イベントに出演したり、啓発動画やポスターに出演しています。メンバー一同、社会に貢献できるアイドルでいたいという思いを持って活動しています。ちなみに、同じAKB48メンバーの武藤十夢支援官は、昨年府中市にある警視庁警察学校にSOS47の活動でお邪魔させていただきました。」とSOS47としての啓発活動の思いや過去の府中市での活動について語りました。

特殊詐欺の被害が多いおじいちゃん、おばあちゃんの孫世代である新成人に向けて、家族の絆の大切さやメッセージを述べる際、向井地支援官は、「私は祖母ととても仲が良く、頻繁に電話をしてAKB48の活動について話したり、最近の状況を聞いたりしています。また、家族全員でも、リモートで話したりしています。実際に被害遭われた方のお話を伺ったことがありますが、詐欺に遭ってしまうとお金を奪われてしまう以上に、心に深い傷を負ってしまい、人を信じる心を失ってしまうことがあります。皆さんのおじいちゃんおばあちゃんにはそのような思いを本当にしてほしくないですし、おじいちゃん、おばあちゃんを守れるのは私たち世代だと思います。他人事だと思わず、家に帰ったら家族に今日の話をしていただけると嬉しいです。ぜひご協力をお願いします!」と新成人へ向けて特殊詐欺被害防止に向けてのメッセージを送り、最後には会場にいる新成人や来賓など全員で右拳を左胸に当てるSOS47の特殊詐欺根絶のポーズをとり、被害根絶に向けて決意を新たにしました。

■催事名:府中市成人の日記念青年のつどい SOS47特殊詐欺被害防止トークショー

■実施日:2022年1月10日(月・祝)

■実施会場:府中の森芸術劇場「どりーむホール」

■出席者:「ストップ・オレオレ詐欺47~家族の絆作戦~」プロジェクトチーム(SOS47)

警察庁 特別防犯支援官 AKB48 向井地 美音 氏

STAR
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Liveen Times

コメント