中居正広&広瀬すずインタビュー!ソフトバンク 新テレビCMシリーズ第3弾共演

新テレビCM「ペイトク 登場」篇 2023年9月29日(金)から全国で放送
劇団ひとりさんが“ペイソン”として中居さんに反撃!?WEB動画「おトク頂上決戦 / ペイトクvsペイソン」篇を公開ペイスズとペイハナのスペシャルダンスに注目!WEB動画「ペイスズ&ペイハナ」篇を公開

 ソフトバンク株式会社は、中居正広さんと広瀬すずさんらが出演する新テレビCM「ペイトク 登場」篇(30秒、15秒)を2023年9月29日(金)から全国で放送します。

“魔法のようにポイントが貯まる!”をコンセプトに、「PayPay」(残高/クレジット)での決済でプランに応じてPayPayポイント※1を付与する“ソフトバンク”の料金プラン「ペイトク」の魅力を伝える本シリーズ。シリーズ第3弾となる本テレビCMは、前作で主役となった中居さんが「チチンペイペイ ソフトバンク!」の魔法の言葉で買い物を楽しくする人物“ペイトク”として登場。さらにシリーズ第1弾から出演していた相棒のインコとオウムの正体も判明!“ペイトク”(中居さん)の魔法で、インコは“ペイスズ”(広瀬さん)に、オウムは“ペイハナ”に変身します。街じゅうの買い物がおトクになり、ハッピーな気持ちになった人たちが踊るシーンでは、中居さんと広瀬さんがCM初共演とは思えないほどピッタリと息の合ったダンスを披露します。

一方、前作で主役の座を奪われ悔しさをにじませていた劇団ひとりさんが“ペイソン”として登場するWEB動画「おトク頂上決戦 / ペイトクvsペイソン」篇も同時公開します。“ペイトク”(中居さん)への反撃なるか・・・。今後の展開にご注目ください。

■新テレビCMストーリー



「ペイトク 登場」篇
(30秒)

多くの買い物客で賑わう街の通りに真っ赤なじゅうたんが敷かれ、キラキラと紙吹雪が舞う中、買い物を楽しくする人物“ペイトク”(中居さん)が登場します。軽やかなステップを踏みながら歩く“ペイトク”がパチンと指を鳴らすと、魔法の力でインコが人間の姿の“ペイスズ”(広瀬さん)に変身。2人はさらに踊りながら街を歩き、買い物中の人々に「チチンペイペイソフトバンク!」と魔法をかけ、次々と買い物をおトクにしていきます。気づけば街じゅうがおトクな買い物客であふれ、ハッピーな笑顔で大盛り上がり。ショッピングカートを押している人まで巻き込んで、全員でダンスを楽しみます。そんな様子を窓辺で眺めていたオウムも魔法の力で人間の姿の“ペイハナ”に変身しダンスに合流。ペイしてトクする料金プラン「ペイトク」による、新時代の幕開けを祝います。

スペシャルWEB動画「おトク頂上決戦 / ペイトクvsペイソン」篇について

中居さんに主役の座を奪われた劇団ひとりさんが“ペイソン”として逆襲!?

2つに分断されたとある世界で、“ペイハナ”が仕切る因縁の対決“おトク頂上決戦”が勃発します。自信たっぷりで登場した“ペイトク”を演じる中居さん&“ペイスズ”の広瀬さんと対峙するのは、悔しさをにじませながらファイティングポーズを構える“ペイソン”役の劇団ひとりさん。「オレが“ペイトク”だったのに…」と中居さんに主役の座を奪われた劇団ひとりさんが恨み節をつぶやく中、「どちらがおトクか」の対決がスタート。「PayPay使ってればいつでも0.5%PayPayポイント貯まるし」と主張する“ペイソン”に対し、“ペイトク”&“ペイスズ”組は「ペイトク無制限」適用で「+5%」ポイントが貯まると反撃。さらに期間限定で「+15%」ポイントが貯まるキャンペーンもアピール。圧倒的なおトクさに“ペイソン”は崩れ落ち、あっけなく勝敗が決着。主役の座奪還に失敗した劇団ひとりさんは、ふたたび悔しさを滲ませます。

■スペシャルWEB動画「ペイスズ&ペイハナ」篇

新キャラクター”ペイハナ“”ペイスズ”がダンスでペイしてトクする料金プランを訴求

新テレビCM「ペイトク 登場」篇でペイトクの魔法により人間の姿になった”ペイハナ”と”ペイスズ(広瀬さん)”の二人が「ペイしてトクする”ペイトク”♪」という歌に合わせて、CMの舞台となった街をバックに楽しく踊るスペシャルWEB動画を撮影。CMとはまた違った2人の天真らんまんなキャラクターを垣間見ることができる動画を通して、“ペイしてトクする料金プラン「ペイトク」”を紹介します。

■ペイしてトクする料金プラン「ペイトク」について

“ソフトバンク”は、“魔法のようにポイントが貯まる!”をコンセプトに、「PayPay」(残高/クレジット)での決済(以下「対象決済」)でプランに応じてPayPayポイント※1を付与する新料金プラン「ペイトク」(ペイトク30/ペイトク50/ペイトク無制限)の提供を、2023年10月3日に開始します。

特設サイト:https://www.softbank.jp/mobile/price_plan/data/paytoku/

撮影エピソード

CM初共演ながらもバスケットボールの話題で意気投合した中居さんと広瀬さん

同じテレビ番組に出演したことはあるもののCMでは初共演となる中居さんと広瀬さん。先日のバスケットボール世界大会での男子バスケットボール日本代表の活躍に感激した中居さんが、中継番組の応援役として活躍した広瀬さんに「バスケ見ましたよ!現地で雰囲気を味わいたかった~」と声をかけると、広瀬さんも「本当におもしろかったです!」とニッコリ。共通の話題で意気投合した2人は、その後も待機時間があるとバスケットボールの話題で盛り上がっていました。

日本中の買い物をお得にする魔法使い“ペイトク”は、ちょっとイタズラ好き?

「チチンペイペイソフトバンク!」の合言葉で日本中の買い物をお得にする魔法使い“ペイトク”を演じる中居さんは、前作に続き真っ赤なマントスタイルの衣装で登場。レストランやパブ、カフェなど多くの店が並ぶ中、本物のパンが並ぶパン屋やファッショナブルな靴やスーツが展示された洋品店をチラリと覗き、ウインドーショッピングを楽しむ姿も。撮影直前の打ち合わせでは、映像のコンセプトやストーリーを丁寧に説明する監督の話に真剣な表情で頷いていた中居さんですが、5分ほどの熱弁が終わると「もう1回、最初から話してもらえます?(笑)」とジョークで現場の空気を盛り上げていました。

◇“ペイトク”の魔法で変身する広瀬さん。「この子が私になるの?」と“変身前の姿”に興味津々

中居さん演じる“ペイトク”の魔法によってインコから人間の姿に変身する“ペイスズ”役の広瀬さんは、撮影現場の隅で“出番待ち”していた色鮮やかなインコと対面し「この子が私になるの?こんにちは~」と興味津々で話しかけ、「バイバイ」と返事してもらえたことに感激するひと幕も。色鮮やかなミニスカートの衣装とロングブーツで街角の美術セットに登場し、スタンバイを終えた広瀬さんは、「今から撮るシーンは、インコから変身した後ですよね?(笑)」と監督に確認。“ペイスズ”が明るく元気なキャラクターであることを聞いた広瀬さんは、やや高めのテンションで撮影本番に臨みました。

広瀬さんのダンスを真似しようとした中居さんに、監督が“チラ見禁止令”?

ダンスシーンの撮影を前に、カメラ前で動きの最終確認を行った中居さんと広瀬さん。2人の振り付けが微妙に異なることを知った中居さんが「じゃあオレもすずちゃんに合わせて踊ろ!」と違うダンスの練習を始めると、監督は慌てながら「“チラ見”なしでお願いします!」と苦笑い。周囲へのサービスで明るく笑いを誘っていた中居さんですが、いざ本番が始まるとキレのいいダンスで撮影スタッフを圧倒。「もう少し大きな動きがいいかな~」と映像をチェックしていると、監督から「主役っぽく華やかな感じがいいですね」とオーダーがあり、次のテイクではさらにシャープさが増したダンスを披露しました。

CM初共演とは思えないほど“一致団結”したアクションに拍手が

WEB動画「おトク頂上決戦 / ペイトクvsペイソン」篇の撮影で、劇団ひとりさん演じる“ペイソン”と対峙する演技に臨んだ中居さんと広瀬さん。中居さんに主役の座を奪われ「オレが“ペイトク”だったのに…」と悔しさを滲ませる劇団ひとりさんに向かってファイティングポーズをとる場面では、CM初共演とは思えないほどピタリと息の合ったアクションに驚きの声が。周囲の反響に気づいた中居さんが、後ろを振り返りながら「いま、どうやってたの?」と確認すると、広瀬さんは「こうです」と同じ構えを再現。中居さんが「わ~、一致団結だ~!」と盛り上がると現場ではパチパチと拍手が巻き起こりました。

中居正広さん、広瀬すずさん インタビュー

―――ソフトバンク新テレビCMの撮影を終えた感想をお聞かせください。

【中居さん】 「コマーシャル、ボク自身久しぶりということもありまして…朝早いですね(笑)ドラマとか映画とかも、かつて出たことあるんですけど…もう久しぶりで、眠くてしょうがなかった。さっき、お昼ご飯のときにボク寝てたんですよ。ここ(顔)にタオルの跡が…気づきませんでした?(笑)」

【広瀬さん】 「だからメイクさんに『まだついてる?』って確認してたんですね(笑)」

【中居さん】 「そのまま撮ってるから、よく見たらあのやつ(タオルの跡)だと思っていただければ(笑)。朝から遅くまでは本当に久しぶりで、前の日から『どうやって起きればいいのかな』とかソワソワしちゃいました。(広瀬さんは)もう慣れてるんじゃないですか?」

【広瀬さん】 「はい、ほかの作品入ってたりすると…。でも、広告の現場って(撮影内容が)盛りだくさんですよね」

―――中居さんと広瀬さんは今回が“CM初共演”となりますが、お互いの印象をお聞かせください。

【広瀬さん】 「前回のCMを拝見して、(中居さんが)もうすごいキレッキレに踊られてたのが印象的で…。今日も“チチンペイペイ”のポーズとか、本物を生で見たから『すごいな~』と思いました」

【中居さん】 「最近、ちょっとバスケ(バスケットボール世界大会の中継)を見てまして…(広瀬さんは)バスケの印象がすごく強かったんで、会ったときに『バスケ見ました!』って言ってしまいました(笑)。情報番組(の出演)があって、劇団(ひとり)さんが『プレイヤーも、すずちゃんの前でカッコいいところを見せたいから、いつもより力出るだろうね』って話をしてました」

【広瀬さん】 「すっごく楽しかったです!放送席に座っていて…、私だけ立ち上がって(笑)」

―――とてもお得な新料金プランのCMですが、これまで「すごく得した」というエピソードはありますか?

【中居さん】 「この世界で(仕事が)できてるのも、ちょっと得してるのかなと思います。とくに人より長けたものとか得意なものとか…努力しないで、なんかごまかしながらやっていこうと思ったら、ここまでできたので『得したな』と思います」

【広瀬さん】 「……」

【中居さん】 「いや、どこかで『そんなことないですよ!』って言われるのを待ってたんですけど…『やっぱりね』みたいな雰囲気なんで…そういうふうに思われてるんだ(笑)。『違いますよ!中居さんはやっぱりすごく魅力的で…』みたいな雰囲気になると思ってユーモアで話したんですけど(笑)」

【広瀬さん】 「得したこと…バスケを8年やってて…やめて10年経っているんです。バスケの世界大会もそうですけど、Bリーグ開幕のときもやらせていただいて…自分の歩みたかったこと、がんばっていたことが“延長戦”でお仕事に繋がるのがすごい楽しいし、おもしろいので、得したというか」

【中居さん】 「難しくないですか?台本ないじゃないですか、ああいうの(中継番組)って」

【広瀬さん】 「めちゃくちゃ難しくて、どんどんどんどん『喋る回数減らしてもらえませんか?』って言ってました(笑)。バスケとかスポーツをやっていたからこそ、言葉で説明するのが難しいと思ったんです」

【中居さん】 「バスケのファンの人たちは見るんですよ。でも、バスケを今まで見たことない人たちが『すずちゃんが出ているんだったら見てみようかな』って、それで“にわか(ファン)”が増えて、全国区になったりするので。ボクはその1人でしたから(笑)。『バスケにハマってみようかな』と思いながら。本当にハマってよかったです、得しました!」

―――新CMでもダンスを披露されていましたが、ダンスシーンを撮影した感想をお聞かせください。

【中居さん】 「筋力と体力と…なんか限界みたいなものを感じながらやらせてもらいました。まわりの人も『いいね』とか『上手だね』ってボクのことを褒めて、気持ちよくダンスしてもらおうとすごく言ってくれるんですけど…『中居くんって若いね』とか『ダンスいいね』とか言ってくれる人って、だいたいボクら世代なんですよね。若い子から見ると、本当に“おじさんががんばってる感じ”に見えると思います(笑)。ちょっと久しぶりすぎて、キレとか可動域とかがあまりにも狭いなとか、遅いなとか思いながら」

【広瀬さん】 「(中居さんと)振りは違って私(のダンス)は簡単なんですけど、(中居さんと)並びたくないな~って。(中居さんの姿が)視界に入っただけでズレそうで…リズム感がないので(笑)」

【中居さん】 「バスケットやってる人って、ありますけどね、リズム感」

【広瀬さん】 「(バスケットのような)自分の独特のリズムだったら、イケる気がするんですけど…」

―――中居さんから広瀬さんに“上手に踊るためのアドバイス”をお願いします。

【中居さん】 「アドバイス…難しいですね。あの…練習した方がいいと思います」

【広瀬さん】 「シンプルですね(笑)」

【中居さん】 「練習しないとうまくならないんじゃないかなと思います。ちょっとスポーツと似てるところがありますから」

―――新CMは中居さん演じる“ペイトク”が日本中に“おトクになる魔法”をかけるストーリーですが、日本中どこへでも行けるとしたら、どこに行きたいですか?

【広瀬さん】 「地元か…わりと家にいたいタイプなので、どこにも行けなくていいかもしれない(笑)。すぐ帰りたくなっちゃうタイプです、私(笑)」

【中居さん】 「ボクもちょっと似てて…そこの扉を開いたら自分のマンションだったらいいなと思います。『はい、お疲れさまでした!』って開いたら、自分の部屋だったらいいな~って」

【広瀬さん】 「最高ですね」

REVIEWINTERVIEW
Liveen Times

コメント