加藤玲奈(AKB48)、2022年2月20日の卒業を発表!加藤玲奈 AKB48 12年史を振り返る

スポンサーリンク


「れなっち」「かとれな」で親しまれているAKB48の加藤玲奈が12月16日、AKB48公式Youtube Channel「加藤玲奈 AKB48劇場から緊急生配信SP」でグループからの卒業を発表した。

配信では、加藤玲奈の12年間を振り返り、妹からの感動的な手紙が読まれた。
妹より「この年になり、ようやくお姉ちゃん(加藤玲奈)の凄さが分かった。周りがなんと言おうと私はお姉ちゃん(加藤玲奈)が頑張っていたと胸を張って言える。」とのメッセージが伝えられ、加藤は大号泣。

加藤は現在、通信制の美容学校に通っていることも明かし、来年2022年2月20日「オンラインお話し会」を最後にAKB48メンバーとしての活動を終了する。

■加藤玲奈 AKB48 12年史:

加藤は、2010年3月、AKB48の第10期生オーディションに合格。2012年3月、シングル「真夏のSounds good!」で初選抜に選ばれた。

2017年5月から6月にかけて投票が実施された『AKB48 49thシングル 選抜総選挙』で21位となり、アンダーガールズに選出。

2015年と2016年に「れなっち総選挙」を実施。2015年6月12日にトークアプリ「755」において、ファンからの要望に応じていたところ、立候補者が次々と名乗りを上げた。AKB48グループ以外に、乃木坂46やアイドリング!!!のメンバー、さらには一般のファンも立候補し、立候補者数は125名なった。れなっち総選挙第一回の1位は田中菜津美(HKT48)。田中は、緊急生配信SPでビデオメッセージを送った。

2016年、加藤自身がプロデュースした選抜メンバー16人での写真集『AKB48れなっち総選挙選抜写真集 16colors』を発売し、前回同様に秋元総合プロデューサーから楽曲「ハッピーエンド」(「ハイテンション」に収録)が提供された。第2回における選抜メンバーは「レナッチーズ」と命名され、人気を博した。

れなっち総選挙第二回の1位は小栗有以(AKB48)。
小栗が躍進する大きなきっかけとなった。

加藤の卒業発表後、小栗は
「れなっちさん!れなっち総選挙で
私を選んでくださった事
きっかけをくださった事
ずっと感謝しています…!

“ハッピーエンド”は
私にとって大切な曲です。

れなっちさんの優しい笑顔人柄も大好きです」
とのメッセージをSNSに投稿した。

2018年は、初の写真集「誰かの仕業」(2018年3月28日、宝島社、撮影:中村和孝)が発売された。従来から定評があるオシャレな面に加え、セクシーな面でも性別を問わずファンを大いに魅了した写真集だった。

2019年10月「TC Candler」の「世界で最も美しい顔100人」にノミネート。
(1位は、TWICEの台湾出身メンバーのツウィ)
AKB48グループ屈指のビジュアル・メンバーとして注目された。


@tccandler

以下、AKB48公式ブログでアナウンスされました加藤本人からの卒業コメントを掲載します。

「本日YouTubeの生配信にて卒業を発表させていただきました。
AKB48に加入して12年、自分で自分の人生を初めて決めました。

とってもとっても悩みました。

12年続けてきたものを辞めるのは、こんなにも大きな決断なんだなと改めて実感しました。
これからはヘアメイクのお仕事をしていきたいと思っています。
このお仕事を通して多くの方を笑顔にしたい、多くの方の役に立ちたい、そう思っています。

ファンの皆さんには感謝の気持ちでいっぱいです。
どんな時でも支えていただき、そしてたくさんの愛を本当にありがとうございました。

卒業後も何かの形で皆さんとはコミニュケーションをとっていきたいと考えているので、今後とも応援よろしくお願いいたします!

加藤玲奈」

@katorena_710

また、加藤玲奈のツイッターに2枚の卒業メッセージ画像と1枚の写真が投稿された。


@katorena_710

■メンバー&先輩からのメッセージ:

加藤と同じ年で共にAKB48を盛り立ててきた総監督の向井地 美音は、
「れなっち、卒業発表お疲れさまでした。
こんなに大切な日に呼んでもらえて隣で見守れたのがすごく嬉しかったし、れなっちの決心に大号泣でした………
同い年の中で一番初めにAKBという世界に足を踏み入れていろんな経験をしてきたれなっちの、新しい挑戦を応援しています。」
とのメッセージをツイッターに投稿し、当日参加メンバーのグループショットが公開された。


@mionnn_48

AKB48卒業後、ファッションやメイクやカフェなどの分野で大活躍している先輩の小嶋陽菜は「れなっちAKB48卒業発表お疲れ様でした。やりたいことを見つけて選択した自分に自信を持って頑張ろう。ぼーっとしてるように見られているかもしれないけど笑、12年間普通じゃできない経験をして頑張ってきたから意外とたくさんのものが積み上がってるよ!新しいチャレンジも応援しています」とツイッターに投稿。可愛い後輩を応援し、ツーショット写真が公開された。


@kojiharunyan

写真・編集:Liveen Times編集部

コメント