世界で33の言語に翻訳されている 大人気シリーズ最新刊『アインシュタイン 時をかけるネズミの大冒険』が5月20日に発売!

絵本『アインシュタイン 時をかけるネズミの大冒険』プロモーションビデオ

翻訳絵本『アインシュタイン 時をかけるネズミの大冒険』(トーベン・クールマン 作/金原 瑞人 訳)が5月20日(木)に全国の書店で発売される。

本書は、世界33言語60を超える国で翻訳出版されている「ネズミの冒険」シリーズ待望の最新作です。「ネズミの冒険」シリーズは、歴史的な発明や科学の発達に寄与した偉人の物語から発想を広げたフィクションで、主人公のネズミが壮大な冒険を繰り広げます。
シリーズ第4作目となる本書では、「20世紀最高の物理学者」といわれるアルベルト・アインシュタインが登場。相対性理論の数式に触発されたネズミが時間と空間の境界線をタイムマシンで突破する、サイエンス・フィクションの壮大な物語です。作者のトーベン・クールマンさんの緻密で迫力のある絵が、物語の世界へぐっと引きこんでくれます。翻訳は、数多くのヤングアダルト作品を手がけてきた金原瑞人さんが担当。幅広い世代の方にぜひお楽しみいただきたいです。

あらすじ

舞台は1984年、スイスの首都ベルン。待ちに待った世界最大のチーズフェアを訪れたネズミ。しかし、会場はもぬけの殻、チーズのかけらもみあたりません。「チーズフェアは?」「昨日だよ」一日間違えたネズミはあきらめきれず、時間をさかのぼる方法がないものかとかんがえはじめる…。


著者紹介

トーベン・クールマン 作


1982年、ドイツ生まれ。イラストレーター、絵本作家。幼い頃から絵を描くことや、家中の機械を分解し機能を調べることに夢中になって過ごす。ハンブルク応用科学大学で、イラストレーションとコミュニケーション・デザインを学び、卒業制作として描き下ろした『リンドバーグ 空飛ぶネズミの大冒険』で、絵本作家デビュー。同書は33もの言語に翻訳されて、世界で注目を集め、各国で多数の賞を獲得している。

金原 瑞人 訳

1954年、岡山県生まれ。翻訳家、法政大学社会学部教授。児童文学、ヤングアダルト向け作品を中心に精力的に海外文学の紹介を行い、訳書は580冊を超える。訳書に『バーティミアス』(静山社)、『アウシュヴィッツのタトゥー係』(双葉社)、『このサンドイッチ、マヨネーズ忘れてる ハプワース16、1924年』(新潮社)などがある。書評、エッセイなどでも活躍している。

書誌情報

『アインシュタイン 時をかけるネズミの大冒険』
トーベン・クールマン 作/金原 瑞人 訳
・発売日:2021年5月20日(木)
・定価:2,750円(税込)
・販売:全国の書店などで販売
・判型:277mm×213mm 上製
・頁数:119ページ
・公式HP:https://www.bronze.co.jp/books/9784893096883/

BOOK
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Liveen Times

コメント