GFRIEND、韓国ガールズグループ歴代4位・71冠の大記録を残して専属契約が終了!

韓国の人気6人組ガールズグループGFRIEND(ジーフレンドまたはヨジャチング。ニックネームはヨチン)が所属事務所「Source Music」との専属契約を終了することは発表された。


GFRIENDは、韓国ガールズグループ歴代4位 71冠の大記録を残したが6年での電撃的な専属契約終了となった。

GFRIENDは、“パワー清純”と称されていた通り、清純さとパワフルなダンスが魅力で、韓国国内ではデビュー当時、新人賞を総ざらい。2ndアルバム『Flower Bud』のタイトル曲「Me Gustas Tu」と、3rdアルバム『SNOWFLAKE』のタイトル曲「Rough」の2曲は、ストリーミング再生回数が1億回を突破している。

歌番組では2016年に年間で29冠を達成し、少女時代など歴代スーパーガールズグループの記録を塗り替える快挙を成し遂げてきた。

日本では、2017年末から2020年初頭にかけて活発に活動。2020年1月11日、LINE CUBE SHIBUYAにてファンクラブ限定の初のファンミーティング「GFRIEND JAPAN 1st FAN MEETING」を開催した。

以下は、SOURCE MUSICからの公式コメント全文となります。

「こんにちは。SOURCE MUSICです。

弊社所属アーティストであるGFRIENDとの専属契約は、5月22日をもって終了することとなりました。

GFRIENDと弊社は、長い悩みと議論の末、それぞれの道で、より良い姿をお見せすることに合意しました。

GFRIENDは過去6年間、様々なコンセプトとパフォーマンス、音楽でガールズグループの新しい世代を開き、K-POPファンに愛されてきました。

短くない時間の間、SOURCE MUSICと共にしてくださったGFRIENDに心から感謝の挨拶を申し上げます。

これまでGFRIENDを愛してくださったBUDDYをはじめ、すべてのファンの方々に深く感謝を申し上げます。また、様々な分野で活発な活動を始めるメンバーたちに、変わらぬ愛と応援をお送りくださいますよう、お願い申し上げます。

私たちSOURCE MUSICも、より良い明日に向けて新しい一歩を踏み出すメンバーを応援します。
ありがとうございます。

2021年5月18日」

GFRIEND JAPAN の公式サイトからは

「今まで愛して下さったBUDDYをはじめ、全てのファンの皆様に心より感謝を申し上げます。そして新しい道へ進むメンバー6人への、更なる応援を引き続きよろしくお願い申し上げます。」

とのメッセージがあった。日本公式ファンクラブ「BUDDY JPN」も5月31日をもって運営を終了する。

Photo:(C)T.Aoyama

NEWS | GFRIEND JAPAN OFFICIAL SITE (gfriendofficial.jp)


▼2019年2月にKING RECORDSからリリースされたGFRIEND「SUNRISE」日本語MV

[MV]GFRIEND – SUNRISE -JP ver.-

▼2018年9月にKING RECORDSからリリースされたGFRIEND「Memoria」日本語MV

[MV] GFRIEND – Memoria
MUSICSTAR
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Liveen Times

コメント