『2023 iKON WORLD TOUR [TAKE OFF]』Asue アリーナ大阪公演が開催

派手な爆竹の音とともにステージ上のスクリーンが落とされると、シルバーの衣装をまとった iKON がステージに登場。BOBBY が「大阪メイク・サム・ノイズ!」と気合満点で叫ぶと、まずは新曲『Tantara』でライブはスタート。続く『SINOSIJAK』まで勢いは続き、ライブは序盤からヒー
トアップ。

『Dragon』や『RHYTHM TA』『BLING BLING』といった iKON が持つ激しさ、パッションのほとばしりをそのままパフォーマンスにぶつけたようなステージでは観客もペンライトを大きく揺さぶり、大きな歓声をあげる一方で、『KILLING ME』や『LOVE SCENARIO』など切ないラブソングを歌い上げることができるのも iKON が持つ魅力。その振り幅の大きさこそが彼らの持ち味でだと感じさせるセットリストだった。

ライブ中盤には、メンバー4人によるソロステージも。DK が銀縁メガネに黒いブラウスをまとってセクシーに歌い踊る『KISS ME』や、ドラマの撮影でギターを覚えた JU-NE がエレキギターを弾くようにして歌う(実際に歌っている間は弾いてないが、後に弾けることをステージで証明して
みせた)『WANT YOU BACK』、SONG の盛り上がり必至のトロット曲『ウラチャチャ』のステージはこれまでのツアーと同様だったが、JAY だけはこの日、先月リリースされたばかりのソロ曲『PARADISE』に曲目を変更。

さらに JAY のソロステージ直前、準備ができるまでのつなぎの MCを担当した BOBBY と CHAN のはからいで、大阪のファンとともに急遽『PARADISE』のコールを作ることに。そうやって出来上がった「早く戻ってジナン」「好きだよジナン」「大好きジナン」「永遠にジナン」(*ジナンは JAY の本名)のコールが JAY のソロ曲の合間に大きく響き渡り、JAY もはじめはびっくりしたような表情をしつつも、笑顔を噛み締め、すぐに歌の世界に没頭していった。

ライブ後半、『GOODBYE ROAD』はいつもとは異なる意味合いを持って、胸に迫る曲となった。曲が終わって、JAY が「このパートが好き」と言って「같이 울기 위해 널 만난 건 아닌데(一緒に泣くために出会ったわけではないのに)〜」と歌い出すと、会場の観客も「잘 가요그 험한 이별길을(さよなら険しい別れの道を)〜」と続ける。そんなしんみりムードを打破するかのように、BOBBY は「でも、GOODBYE じゃないですよ。GOODBYE じゃなくて、SEE YOU AGAIN」といって会場を笑わせ、それには JAY も「いいこと言うなあ」と笑顔に。さらに BOBBYが「俺、天才だから!」とまぜっかえし、会場はさらに大きな笑いに包まれた。

ライブ後半には『WHAT’S WRONG?』『DUMB & DUMBER』『B-DAY』で爆発的な盛り上がりを見せ、最後は「僕たちの青春は皆さんが作ってくれました」という JU-NE の言葉で『FREEDOM』がスタート。銀テープが舞い落ちる中、メンバーがステージを走り回り、大はしゃぎする姿は
いまだ青春真っ只中の iKON を感じさせた。

会場全員がアカペラで『LOVE SCENARIO』を歌ってアンコールを乞う中、ステージに登場した BOBBY が「一緒にドライブしようか」といって歌われた新曲『Driving slowly』。その曲中、客席では「心配しないで。戻ってくる場所は私たちが絶対に守る」と書かれたプラカードが掲げられ
ていた。そのサプライズに SONG は目をうるませ、DK はニコニコ笑顔、CHAN は腕を組みながら感動した表情を見せていた。そして JAY はプラカードのメッセージを読み上げ、「絶対に戻ってきますよ」と笑顔を見せた。

「今日は泣かないようにがんばりました。なぜなら、誰かを待つのは幸せなことだと思います。だから皆さんもぜひ笑顔で僕たちのことを待っていてください。僕たちも笑いながら、悲しまないで、皆さんのことを待ちますので」と JAY が最後まで笑顔でライブを終えようとする中、「手紙を準備しました」とメンバーが JAY への手紙を準備してきたことを明かすと、これには「普段こういうのしないじゃん、お前ら」と JAY も苦笑い。

「10 代から 30 歳になるまで一緒にいてくれてありがとうございます。お前のおかげでたくさん学んだよ。韓国はお前に任せたぞ。またすぐ会おう。愛してるぜ」(BOBBY)、「ヒョンのいない空間が大きく感じられるけど、iKON は変わりなくがんばっていくから、病気とかしないで健康でいってらっしゃい」(SONG)、「8 年もの間、iKON を引っ張ってくれてありがとう。ジナン兄さんが少しいない間、僕たち5人と iKONIC が元気に待ってるからね。愛してるよ」(CHAN)、「ヒョンを少しの間、見送らなければならない瞬間がくるなんて、なんか気持ちが変だよ。これまで iKON
の活動をしながら、ヒョンがいたから楽しかった瞬間が多かったと思う。いつも感謝してるよ」(JU-NE)、「10 年も一緒に時間を過ごしたね。こうやって離れて過ごすと思うと変な気分だよ。怪我せずに元気に帰ってくると信じてる。いつも長男として大黒柱のように構えてくれて、大き
な力になってくれてありがとう」(DK)というあたたかいメッセージに、JAY も涙をこらえきれずに号泣。全員で抱き合いながらそのままぐるぐる回りだすが、その後もしばらく JAY は DK に抱きついたまま、涙を止めることができなかった。

そして「今、これを言ったら空気読めないやつになりますよ、俺」と言いながら「最後に皆さんに告知があります」と BOBBY が苦笑しながら 10月に東京と大阪でアンコール公演が決まったことを発表。JAY も「僕のメンバーをよろしくお願いします!」と、残りのメンバーで開催するライブへのあたたかい応援を求めた。

「今からパーティだぞ!」という BOBBY の叫びでスタートした『BLING BLING』では、JAY がステージの端から端までゆっくりと歩きながら、目の前にいるファンにも遠くにいるファンにも等しく手を振り、目を合わせ、一緒にハートを作ったりしながら気持ちを通わせあっていた。そんな中、
BOBBY が JAY に水をぶっかけると、「もうすぐ他のメンバーもやるよ」と予告。そんな言葉通り、続く『RHYTHM TA』ではイヤモニを外して会場の大きな歓声を聴いている JAY に CHAN が水をかけ、「みんなの声が聴きたいです」という JAY の言葉で始まった『LOVE SCENARIO』では DK が JAY に水をかけた後にタオルを渡し、アフターケアも完璧。アンコール3曲が終わるころには「ホテル帰ってシャワーしなくていいよ」(JAY)というほど、びしょ濡れになっていた。

そして「最後の曲です」と始まった『Tantara』の後、BOBBY が「『PARADISE』やってもいいですか? みんなでやるよ!」と急遽、JAY のソロ曲「PARADISE」がファイナル公演のラストを飾ることに。JAY のダンスに合わせて途中で一緒に踊るメンバー、ただ眺めるメンバー、それぞれ自由に、けれど熱心に、JAY のパフォーマンスを見つめていたのが印象的。客席も、この日できたばかりのコールを大きな声で叫んで、JAYのステージを応援した。最後には BOBBY が JAY を肩車すると、JAY は「またね!」と挨拶。

メンバーが一人ひとりステージから去っていく中、最後まで残った JAY はステージから大きな声で「いってきます!」と叫んで、この日の公演は終了した。「6人一緒の旅路が少しの間止まってしまうけど、かっこいい姿で戻ってきて、iKONIC の前に立ちましょう」と DK が手紙で語ったように、6人全員が再び揃うまで、iKON として活動を続けるメンバーを見守りながらその日を待ちたいと思わせてくれるライブだった。

取材・文:尹秀姫
撮影:上飯坂一

MUSIC
Liveen Times

コメント