AKB48 新成人・辰世代 6名が神田明神にて「二十歳のつどい」に出席!

●二十歳のAKB48新成人メンバー6名、『これからトップに立つ(辰)世代』が「二十歳のつどい」を開催!

1月8日(月・成人の日)、二十歳となるAKB48新成人メンバーが神田明神にて「2024年AKB48 二十歳のつどい」を執り行いました。今年の「二十歳のつどい」には千葉恵里・佐藤美波・田口愛佳・太田有紀・水島美結・成田香姫奈が参加。二十歳という人生の節目に立ち、晴れて成人の日を迎えた6名が艶やかな振袖姿をお披露目しました。

(C)AKB48

穏やかな晴天に恵まれた早朝、色とりどりの振袖に身を包んだ二十歳の新成人メンバー6名が境内に登場し、凛とした姿で神殿入り。厳かな雰囲気の中、真剣な面持ちでご祈祷を受けました。


(C)AKB48

成人の儀を終えたメンバーたちは取材に臨み、煌びやかな金屏風の前で今の心境や今後の抱負を語りました。

(C)AKB48

千葉恵里は「私がAKB48のファンだった頃に二十歳のつどいを見に行ったことがあって、すごく憧れだったので参加できて嬉しいですし、私自身11歳でAKB48に入って、小学校・中学校・高校を卒業して、AKB48にいる間に成人の日を迎えられてすごく嬉しく思います。同世代の女の子に憧れてもらえるような素敵な女性になりたいです」と挨拶。


(C)AKB48

田口愛佳は「最近の中で今日が1番 顔が可愛いので、今日のために生まれてきたんじゃないかというくらい可愛いので(笑)それがみなさんに伝われば満足です」と茶目っ気たっぷりな笑顔を見せ、3月13日(水)発売のAKB48 63rdシングルで初選抜入りを果たした17期研究生の水島美結は「AKB48を引っ張っていけるようなメンバーになれるよう努力を惜しまず頑張っていきたいです。二十歳ということで心も素敵な女性になれるように、感謝の気持ちを忘れず、周りの人へ幸せと笑顔を届けられるようにしたいです」と語りました。

「二十歳のつどい」という一生に一度の晴れ舞台のために、メンバー各々がセレクトした振袖にも注目が集まりました。パステルカラーの水色を基調とした振袖にティアラの髪飾りを合わせた千葉は「ティアラを絶対着けたいなと1年以上前から思っていて、歴代AKB48メンバーでティアラを着けている人を見たことないので、私が最初に着けて、これから着けてくれる子が増えたらいいなと思いました」と目を輝かせ、佐藤美波は「16歳の時からピンクと決めていたので、ド直球のピンクを選びました。私といえばツインテールと言っていただける機会が多いので、死ぬまでツインテールを貫き通すという意味も込めてツインテールに。(髪に)いっぱいリボンもついていて、顔や爪にもキラキラが入っているので、いつでも変身できそうな魔法少女になったような気分です♪」とアピール。

赤と黒のコントラストが目を引く振袖を選んだ田口は「綱引きの紐(笑)みたいなのがついていたりとか、金箔がついてたりとか、女の子にやってみたいと思ってもらえる髪型にしました!AKB48といえば赤なので、“今年赤着そうな人いないな、行くか!”と思って赤の振袖にしました」とこだわりポイントを語り、自身のペンライトカラーである水色の振袖を選んだという水島は「水色と白でフレッシュさもあり、大人っぽさもある振袖で、鶴が描かれているんですけど、鶴のように羽ばたいていきたいという想いも込めました」と明かしました。

佐藤は「気がついたら二十歳になっていて、とってもびっくりしているんですけど、本日こうしてAKB48で憧れの二十歳のつどいに参加できて、とても嬉しく思います。個人的に、神田明神さんは大好きなアニメの聖地でもあるので、神田明神さんにお願いごとをして叶えた夢もたくさんあるので、そんな素敵な場所で二十歳のつどいをさせていただけて、とても幸せです。二十歳も、自分らしく何も変わらず元気に頑張っていきたいなと思うので、今年も夢を叶えられるように頑張ります」とにっこり笑顔で語った。

⽔島は「ずっと憧れだったAKB48 ⼆⼗歳のつどいに参加することができて、とても嬉しく思います。AKB48の活動は、AKB48を引っ張っていけるような、そして盛り上げていけるようなメンバーになれるように、日々努力を惜しまず頑張っていきたいと思います。そして20歳ということで、心も素敵な女性になれるように、感謝の気持ちを忘れず、周りの人へ幸せと笑顔を届けられるようになりたいと思います」と白い歯を見せ、「代々、先輩方がこうして成人式という形で迎えた場所で、私もずっと憧れだったので、迎えられてすごく幸せな気持ちでいっぱいです。本当にたくさんの方に支えていただいて今日を迎えられているので、こうして今日もたくさんのファンの皆さんとか関係者の方々が集まって支えてくださって、本当に嬉しかったですし、先輩方のように羽ばたいて活躍できるように頑張らなきゃいけないなと気が引き締まる思いです」と決意を新たにした。

また、毎年恒例となっている「今年の新成人を表現するなら何世代?」の質問に対しては、新成人メンバーを代表して千葉が「今年は辰年ということで“これからトップに立つ(辰)世代”です!」と回答!続いて「何かトップに立ちたいものはあるか?」という質問があがると、命名した千葉は「TikTokとかで同世代の女の子が気になるような美容系の投稿をしているので、“美“でトップに立ちたい」と宣言!

田口は「よく見ると顔が可愛いと言われるので、顔で(笑)」と少し照れた様子でコメントし、水島は「去年は劇場公演にたくさん出させていただいたので、今年は劇場公演でトップに立ちたい」と思い思いにアピールしました。

最後は、千葉の「3月13日に柏木由紀さんの卒業シングルが発売されます。そして、3月16日・17日にはコンサートを開催します。16日は柏木由紀さんの卒業コンサートで、17日はAKB48単独のコンサートになっていて、新しいAKB48を見せられるんじゃないかなと思います。今がAKB48の頑張り時だなと思うので、私も一生懸命頑張ります!これからもAKB48をよろしくお願いいたします!」という力強い抱負で「2024年AKB48 二十歳のつどい」を締めくくりました。


(C)AKB48

●新成人メンバーコメント

■千葉恵里(ドラフト2期生)

ファンの頃に見に行っていた「AKB48二十歳のつどい」に自分が参加していることが本当に信じられないです。AKB48に11歳で加入し、小学校・中学校・高校もAKB48にいる間に卒業して20歳にもなり、一気に大人になった感じがしています。これからの活動も変わらず自分のペースで、いろんな方から憧れを持っていただけるような女性になれたらいいなと思います!頑張ります!!

■佐藤美波(16期生)

加入した日からずっとAKB48で「二十歳のつどい」に参加することを楽しみにしていました!!こうして参加することができてとても嬉しい反面、「本当に大人になってしまったんだなぁ…!」と、とても強く実感しました!20歳、辰のようにでっかくつよくなるぞ〜!!がおーーー(辰ってがおーって鳴きますか?ま、いっか!笑)

■田口愛佳(16期生)

本日「二十歳のつどい」に参加できたこと、とても嬉しく思います。12歳でAKB48に加入し、10代の半分以上をこのグループで過ごしてきました。そんな日々を応援してくださったファンのみなさんに振袖姿を見せることができて安心しています!ここからは成人として改めて気を引き締めてAKB48を引っ張っていけるように頑張りたいと思います。

■太田有紀(17期研究生)

今日こうしてAKB48のメンバーとして「二十歳のつどい」に参加できることをとても嬉しく思います。二十歳を迎えるということで、今まで以上に内面も外面もより素敵な大人に近づけるように感謝の気持ちを忘れず頑張りたいと思います!

■水島美結(17期研究生)

ずっと憧れだった「AKB48二十歳のつどい」に参加することができてとても嬉しいです。二十歳ということで周囲の方への感謝を忘れず、心も素敵な女性になっていきたいと思います。そしてAKB48の活動も努力を惜しまずに活躍できるように頑張りたいです!!

■成田香姫奈(18期研究生)

本日「二十歳のつどい」に参加できたことをとても嬉しく思っています。加入してからたくさんの経験をさせていただいていますが、今年は20歳になるのでより一層気を引き締めて、自分自身も関わってくださる周りの方々も大切にして過ごしていきたいです。

●2024年AKB48二十歳のつどい概要

実施日: 1月8日(月・成人の日)
場所: 神田明神 [住所]東京都千代田区外神田2-16-2
新成人(二十歳)
メンバー:

ドラフト2期生 千葉恵里(ちばえりい)   2003年10月27日
16期生     佐藤美波(さとうみなみ)  2003年8月3日
16期生     田口愛佳(たぐちまなか)  2003年12月12日
17期研究生   太田有紀(おおたゆき)   2004年3月27日
17期研究生   水島美結(みずしまみゆう) 2003年11月12日
18期研究生   成田香姫奈(なりたこひな)  2004年3月3日

※振袖衣装提供:夢きらら(千葉のみ:東京着物結鶴)

STAR
Liveen Times

コメント