AKB48 本田仁美、グループからの卒業を発表!残りの時間1分1秒1日1日を大切に

人気アイドルグループ AKB48の本田仁美が8月30日、グループの公式YouTubeとファンコミュニティプラットフォーム「Weverse」を通じて卒業することを発表した。

本田は「皆様にご報告させていただきたいことがあります。私、本田仁美はAKB48を卒業させていただきます」と卒業することを報告した。続けて「チーム8栃木県代表として12歳に加入して約10年間活動しました。チーム8のメンバーとして、IZ*ONEのメンバーとしてそして選抜メンバーとしてグループのセンターを2度も経験させていただきました。貴重な経験と共に私を大きく成長させてくれました」と今までの活動を振り返った。

「ここまで大きく育ててくださった秋元先生をはじめ、いつも応援してくださるファンのみなさま、スタッフのみなさん、メンバーのみんな、そしていつもお仕事などでご尽力くださった全てのみなさまのおかげで、私は本当に幸せでかけがえのない日々を過ごすことができました。10年間未熟な私を、どんなときも支えてくださり本当にありがとうございました」と感謝した。

今後の活動について本田は「9月27日に発売となるシングルが私にとって最後のシングルとなりますので、今発表されているお話し会には参加させていただきます。また卒業公演につきましては決まり次第お知らせさせていただきたいと思います。そんなありがたく恵まれた環境から離れることになりますが、みなさまからいただいたたくさんの愛を忘れることなく、これからも様々なことにチャレンジし、自分の可能性を確かめていきたいです。残りの時間1分1秒1日1日を大切にし、AKB48のために全力で頑張って参りますので今後ともどうぞよろしくお願いいたします」と語った。

本田は2014年にTeam 8の栃木代表としてAKB48に加入し、2018年に日韓合同オーディション番組『PRODUCE 48』で9位となり、12人組グローバルガールズグループ「IZ*ONE」のメンバーに選ばれ、2年半にわたってIZ*ONEの活動に専念した。


▲2018年11月、IZ*ONEが初めて韓国地上波の音楽番組(KBS MUSICBANK)に出演した時、早朝に撮影した写真。地上波初出演で報道関係者からも大注目された。

2021年4月のIZ*ONE専任活動終了後は、AKB48に復帰した。2022年5月発売の59thシングル「元カレです」で、初めてセンターに選抜された。2022年7月1日、「株式会社DH」からプロダクション尾木と提携するMama&Sonへの所属事務所移籍が発表。現在、日本テレビ系「最高の教師 1年後、私は生徒に■された」(土曜午後10時)に出演している。

STAR
Liveen Times

コメント