ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2022 グランプリ授賞式が開催!

スポンサーリンク

米国アカデミー賞公認、アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア(SSFF & ASIA)2022」は、2022年6月20日(月)にアワードセレモニーを明治神宮会館で開催いたしました。本セレモニーでは日本の映画祭では最多となる計5作品が翌年のアカデミー賞にノミネートされる、オフィシャルコンペティション supported by Sonyおよびノンフィクション部門、アニメーション部門の優秀賞の発表・授与を始め、他にも海外からも注目を浴びる「東京」の魅力を発信するTOKYO プロジェクトや、21年東京にて開催された五輪でカメラを回し、公式映画としてカンヌでも注目を集めた河瀨直美監督の登壇など、様々なゲストにもお越しいただき、本年も開催いたしました。

■最高賞「ジョージ・ルーカス アワード」はダニア・ブデール監督の『天空の孤高』が受賞!

本映画祭の最高賞である「ジョージ・ルーカス アワード」はダニア・ブデール監督の『天空の孤高(Warsha)』の受賞が発表されました。グランプリとなった「オフィシャルコンペティション supported by Sony」の優秀賞の他2作品とノンフィクション部門及びアニメーション部門優秀賞が、次年度の米国アカデミー賞短編部門にノミネート選考対象作品となります。グランプリ発表を経て、別所は、「ストーリーテリング、映像、演技のすべてにおいて素晴らしい作品。1つ1つの瞬間および感情がとても細やかに描かれており、観客を作品の世界へ引き込む圧倒的な美しさと力強さを持った作品であった」とダニア・ブデール監督へ賞賛をたたえました。

■セレモニーに華をそえる様々な分野の豪華ゲストが登壇!

本映画祭代表の別所哲也によるオープニング挨拶からセレモニーがスタート。本年は、フェスティバルアンバサダーのLiLiCoさんは、レッドカーペット前に設置したオンラインスペシャルトークスタジオから中継で登場。MCとして青木源太さん、望月理恵さんが登場し、会が進行されていきました。セレモニー中の壇上には、MIRRORLIAR FILMS(ミラーライアーフィルムズ)シーズン4から、山田孝之さんと水川あさみさんが登場し、オフィシャルコンペティション supported by Sonyの審査員として、奥田瑛二さん、渡辺真起子さん、玄理さん、東京都と映画祭がコラボレーションして制作したショートフィルム『サムライソードフィッシュ』には、作品に出演している飯島寛騎さん、マーティ・フリードマンさん、パラアスリートの川原渓青さん、ホッピーハッピーアワードのプレゼンターには、第1回受賞監督による制作作品『犬島犬子』に出演した小川紗良さんが登壇。他にも、日本博主催・共催型プロジェクトとして映画祭が制作したショートフィルム「おかあの羽衣」に出演した服部樹咲さん、川島鈴遥さん、池田航さんや、映画監督の河瀨直美監督、Cinematic Tokyo(シネマティックトーキョー)部門では主催者の小池百合子東京都知事など、様々な分野の方々にゲストとしてお越しいただきました。

●MIRRORLIAR FILMS(ミラーライアーフィルムズ)

MIRRORLIAR FILMSシーズン4から、山田孝之さん、水川あさみさん、GAZEBO監督、伊藤主税プロデューサーが登壇。山田さんは、シーズン4に関して「ほとんどの作品はもう撮り終えていますが、9作品をどう並べていくかをこれから考えていく予定です。

今までと変わらず、個性豊かな作品が沢山揃うことになると思います!」と、コメント。普段は演じる側の水川さんが初監督を務めたことに触れられると、「凄く貴重な経験でした。1番身近で知っていると思っていた“監督”という職業のはずなのに、こんなにも知らない部分があったのかという発見が多くありながらも、楽しんで務めることが出来ました。」と話し、自身の作品に関して「ある男性の日常をテーマにし、“日常に転がる喜びや悲しみは自分の受け取り次第で感じる世界が一変する”というストーリーです。

ある男性というのを、1番気を遣わずに演出できると思った自分の夫、窪田正孝に出演してもらいたく、オファーしたところ快く受けて頂きました(笑)」と説明しました。最後に山田さんが「シーズン1から1年かけてひと段落しましたが、様々な人が参加してくれてショートフィルムの可能性を表現できましたし、僕らも改めて実感できました。新しいものに挑戦するということが、更に広まれば良いなと思うし、“映画人“の輪をもっと広めていきたいです。」と意気込みを語りました。

STAR
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Liveen Times

コメント