市川猿之助が、壱太郎との「二人を観る会」を取材会で語る

スポンサーリンク

市川猿之助と中村壱太郎による『猿之助×壱太郎「二人を観る会」』が、5月23日(月)・24日(火)に東京・日本教育会館 一ツ橋ホールで開催される。演目は素踊り「種蒔三番叟」と歌舞伎舞踊「お祭り」を披露する。

その開催を前に、市川猿之助が取材会を開催し、本公演にかける思いなどを語った。演目について、「『種蒔三番叟』を最初にやらせていただいたのは明治座で、その後、春秋座でもやらせていただきました。これは私の曽祖父の初代・猿翁と今の宗家のお祖父様でいらっしゃる勘十郎さんが若い頃に演じていたものがNHKの白黒の映像が残っておりますので、孫とひ孫がやったら面白いだろうなと思い、明治座で上演しました。今回は壱太郎くんと二人で、素踊りでご覧いただきます。そして、『お祭り』は私の叔父の猿翁と、壱太郎くんのおじいさまで、藤十郎のおじさまが歌舞伎座でやられている映像もありまして、こちらは衣裳付きでやらせていただきます。二つとも、シンプルなもので、二人だけで踊るものなので、踊り手の器量などがよくわかるものになっております。初めての方も、何回も観られている方も楽しめる演目となっています」と関わりを含めて説明した。

中村壱太郎との共通点は“大学”。「彼は慶應義塾大学の後輩で、僕は文学部ですが、彼は環境情報部で、慶應の中でも一番頭がいいと言われているSFCというところです。このあいだまで通っていたと思ったら、もう卒業されていますけど、歌舞伎役者としても僕に近いタイプなんです。社会の中でちゃんと暮らしていける役者だと思います(笑)。つまり、今日の為替で1ドルいくらなのか、世界のどこで争いが起こっているのか、どういう状況なのか、今の日本の物価などもわかるタイプの人間です。彼は珈琲屋でバイトをしたり、歌舞伎以外の生活もしていましたし、一般常識のある役者です。もしかしたら、昔の役者からすると、僕ら二人は非常につまらない人間かもしれないけど、社会の中で見たら真っ当な二人がやる、真っ当な会となります。それを見ていただきたいと思います」と、ユーモアを交えて紹介。

今回の「二人を観る会」は、壱太郎からのお声がけで実現したという。「人の役に立ちたいと思っているので、お声がけいただいたことが非常にありがたくて。声をかけてくれているうちは、全力で応えていこうと去年ぐらいから思うようになったんです。忙しい時って、断ってしまうこともあるんですけど、何かに書いてあったんです。『頼まれごとは引き受けると開運する』と。お金は別ですよ(笑)。なので、開運してみようかなと思いまして(笑)」と、快諾したことを明かした。

さらに共通点として、次のように語った。「二人ともお芝居が好きなんです。そして、芝居をやっていることが楽しい。二人とも冷静というよりは、舞台だと興奮しがち。10やればいいところを20も30もやってしまうんです。彼の若さの中に自分の面影を見ますし、いい意味でのやりすぎるところがあるので、テンションの高い二人が組んだらどうなるのか? 意外とテンション高い同士を、例えば動物でも一緒に檻に入れてしまうと暴れるのか、逆に鎮まるのか(笑)。僕は彼を舞台の上で興奮させるように仕向けたいし、彼は自分でそれを欠点だと思っているので、興奮しないように自制するんです。なんとかそれを邪魔したいなと(笑)。シンプルだけど“熱っぽい”ということを感じてもらいたいですね」と公演の見どころに繋げて語った。

二つの演目の間に「座談会」も行われる予定となっている。どんな内容になりそうなのかを尋ねると、「たぶん、壱くんが一人で喋って終わると思います(笑)」と場を和ませ、「すごく弁が立つんですよ。僕なんかはお客さんの前に出た瞬間に喋ることを考えるんですけど、彼の場合はすごく下調べをするので、彼が勝手にテーマを決めて、勝手に進行してくれると思うんですけど、どういう話になるのか僕も楽しみですね」と、完全に一任している様子。ただし「昨今、どうしてもコロナの話になることが多いですが、もううんざりしているので、演劇界が大変だとか、そういうことは彼と相談して『もういいでしょう』と言って、明るい話題で話したいですね」とポジティブな話題にすることを提言。「『学生生活はどうだったか』とか『コーヒーの淹れ方』とか聞きたいですね。そういう知られなかった部分を楽しく、演目と演目の間ですし、気分を変える感じになればいいですね」という願望も語った。

共演することで何かを教えることは?という問いには、「言葉ではなく、一緒に舞台に立って、何かを感じてもらえれば。例えば、舞台の向き合い方とか、体から発するものなどを、呼吸、肌で感じてもらえたら」と答え、「彼が思うような人生を歩んでほしい。なんか、遺言みたいですけど(笑)。これから、歌舞伎に限らず、生きる上ですごく難しい時代が来ると思うんです。そういう中で、生き生きとしていてほしいと思います。」と、歌舞伎役者としてではなく人生の先輩としてアドバイスを送った。

舞台に立ち続けていると“世代交代”を感じるという。「若手が出てきている中、いつまでも自分がやりたいという思いは役者としてありますけど、元気なうちに次の人にバトンを渡さないと。年を取ってから渡されても、年を取ってからの芝居をマネされてもダメですから。一番良い時は絶対に人に渡したくないのですが(笑)、良い時を見てもらって、良い時に渡さないと。なので、僕は芸の上での“終活”に入らないといけないのかなと。芸の終活は10年、20年かかると思うので、今から始めないと悔いが残ると思うんです。引退するということじゃなくて、自分も頑張りながらバトンタッチしていくことを目標にしていきたい」と、今後への思いと考えを伝えて、取材会を締めくくった。

公演名:猿之助×壱太郎「二人を観る会」
演目
一、 素踊り『種蒔三番叟』清元連中
二、 座談会
三、 歌舞伎舞踊『お祭り』清元連中

日程:5月23日(月)開演18:00・24日(火)①開演12:00 ②開演15:00(全3公演)
会場:東京・日本教育会館 一ツ橋ホール
料金:全席指定 8,000円(税込)
公式ホームページ  http://www.zen-a.co.jp/futari2022/
お問い合わせ:Zen-A(ゼンエイ)  TEL 03-3538-2300 (平日11:00〜19:00)

撮影:GEKKO

STAR
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Liveen Times

コメント