俳優兼プロデューサーのマ・ドンソク(Don Lee)が LDH JAPANとエージェント契約!

スポンサーリンク

EXILEや三代目J SOUL BROTHERSらが所属する日本のグローバルエンタテインメント企業の株式会社LDH JAPANは、韓国映画「新感染 ファイナル・エクスプレス」「犯罪都市」やハリウッド映画「ETERNALS」などで知られる俳優ならびにプロデューサーのマ・ドンソク(Don Lee)とエージェント契約を結んだ。

LDH JAPANは昨年2月に設立の発表を行った日韓エンタテインメント共同事業会社「HIAN」と共にマ・ドンソクの日本での活動を全面的にバックアップする。マ・ドンソクは今回のLDHとの契約で、韓国でマネージメントを担当しているBig Punch Entertainmentと米エージェンシーBncと共にグローバル市場で本格的に活動する計画だ。

マ・ドンソクは昨年HIANから発表された2022年公開予定の映画「犯罪都市2」の主演を務めており、映画「犯罪都市」の日本版でもプロデューサーとして作品に命を吹き込む。世界での活躍も目覚ましく、2021年11月に公開されたMARVELシリーズ最新映画「ETERNALS」に主要キャストして抜擢されている他、2019年に日本でも公開された映画「悪人伝」のハリウッドリメイク版制作においてもシルヴェスター・スタローンと共同プロデュースおよび主演を務めることが決定しているなど俳優としてもプロデューサーとしてもグローバルに手腕を発揮している。その一方で映画などでの卓越したアクションで迫力満点なキャラクターとは裏腹に、チャーミングな人柄であることから「マ・ドンソク+ラブリー」で「マブリー」と呼ばれ人気を博している一面もあり、すべての年齢層から愛され、多種多様な役柄をこなすことができる俳優であるため今後の日本での幅広い活躍にも期待が高まる。

LDHは2017年から新体制となり「LDH JAPAN」をはじめ「LDH USA」、「LDH EUROPE」、「LDH ASIA」と各世界地域に拠点を設けグローバルエンタテインメント企業を目指し活動の幅を着々と世界に広げてきた。2021年は「日本を元気に。そして、日本の元気で、世界を元気に『RISING SUN TO THE WORLD』」を新たなテーマとして掲げ、活動をスタートさせた。日韓エンタテインメント共同事業会社「HIAN」と共に全面的なバックアップを行うことで、日本国内に”マブリー旋風”が巻き起こるだろう。

マ・ドンソク主な活動経歴

・新感染 ファイナル・エクスプレス(2016)
・犯罪都市(2017)
・ファイティン!(2018)
・守護教師(2018)
・無双の鉄拳(2018)
・悪人伝(2019)
・ザ・バッド・ガイズ(2021)
・白頭山大噴火(2021)
・エターナルズ(2021)

STAR
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Liveen Times

コメント