永野芽郁インタビュー!新TVCM「コンタクトのアイシティ 親子で安心デビュー」

コンタクトレンズ専門店「アイシティ」を事業展開するHOYA株式会社 アイケアカンパニーは、イメージキャラクターの永野芽郁さんと、初出演となる近藤春菜さんを起用し、新TVCM「コンタクトのアイシティ 親子で安心デビュー」篇を2023年8月1日(火)より放映開始いたします。また、同日よりアイシティ公式YouTube上で、新CMおよびメイキング動画、インタビュー動画を公開いたします。

本CMでは、コンタクトレンズについて豊富な知識を持つアイシティの店頭スタッフ「瞳のプロフェッショナル」役に永野さんが初挑戦。また近藤さんは、娘のコンタクトデビューを果たすためにアイシティに訪れる、ある親子のお母さん役として初登場。近藤さんに見た目がそっくりな娘役と一緒に“そっくり親子”を演じます。娘のコンタクトデビューに対してお母さんが抱いている不安や心配を、「瞳のプロフェッショナル」が徹底サポートすることで解消し、安心感と期待感をもって娘がコンタクトデビューを遂げるというストーリーです。近藤さんの背後から娘役が突如現れ、「近藤春菜じゃねーよ!」と言い放った瞬間、永野さんは含み笑い。冷ややかな視線を送る親子に対する、「やっちゃった」と言わんばかりのお茶目な表情にご注目ください。

メイキングでは、撮影終了後の近藤さんへ、「近藤春菜じゃねーよ!」という持ちネタが入った特大似顔絵ケーキをサプライズプレゼント。また永野さんと近藤さんの普段の親交の深さが垣間見られるインタビュー動画では、お互いのことをベタ褒めするシーンや、近藤さん自らが「近藤春菜じゃねーよ!」ネタを披露したレアなシーンなど、見どころ満載です。

新TVCM「コンタクトのアイシティ 親子で安心デビュー」篇:https://youtu.be/f_YtjckuU-c
メイキング動画:https://youtu.be/_6ijmUlLzXU
インタビュー動画:https://youtu.be/ri7wpJLNUys

永野芽郁さんインタビュー:

―本日の撮影はいかがでしたか?

近藤春菜さんと別々の撮影だったのは残念だったのですが、娘役の方と会話しながら撮影して、また新たなキャストの方とご一緒できるのはすごく楽しかったです。
店員さん(役)も初めてでした!店舗は行ったこともあるし、私の家族だったり友人だったりも遊びに行っているので、すごく身近な場所ではあったのですが、まさかそこが再現されてさらにその中に自分が入るとは思っていなかったので、なんだかワクワクしました。

―近藤春菜さんそっくりの娘さん役の方との共演はいかがでしたか?

もう本当に笑顔が可愛くて、カメラが回っていない間も会話をしていたのですが、普通に学校を楽しむ中学生で。「学校で今どんな勉強してるの?」とか言って。「期末テストがあるんです」「やだね~!」っていう、本当に普通の会話をしました。すごくナイスなツッコミを本編でもされていますので、そこは注目していただきたいです。

―親子で「瞳のプロフェッショナル」に相談しに行くというストーリーでしたが、ご自身は“何の”プロフェッショナルだと思いますか?

私は『時短のプロフェッショナル』だと思います。何でもかんでもすごく早く簡潔にするのが得意というか好きなので、洋服を早着替えするのも得意ですし、どこの時間を削ったら何かが早く終わるかっていう計算も好きだし。早くするにはっていうのは考えがちなので結構得意な方だと思います。
食べるのも早いです。よくないですけどね。あまり早食いはよくないって言うけれど、やっぱり撮影とかで早く食べてちょっとでも寝ようと思うと、ついつい早食いしてしまうのですが、早食いだけはちょっと気をつけなきゃなと思っています。

―永野芽郁さんは「時短のプロフェッショナル」ということですが、反対にゆっくりするタイミングはありますか?

それがあまりなくて。プライベート、お休みの日も割と一日に予定をみっちり詰めるタイプなので、結構せかせかしていますね。すごくおっとりしていそうと言っていただくことが多いのですが、きっと会うと分かるように、歩くのも早いですし何するのにも早くて、「なんか急いでるの?」とよく言われます(笑)。気をつけなきゃとは思います。

―近藤春菜さんは“何”のプロフェッショナルだと思いますか?

春菜さんと何度かお会いさせていただいてるのですが、会った時の全く壁を感じさせないフラットさはすごく素敵だなと思うので『人を安心させるプロフェッショナル』ですかね。
初めましてってお会いした時も、すごく優しく柔らかく居てくださって。緊張するっていうことをさせない方だという印象はあるので。
すごく会話をしたりとかコミュニケーションを取るかと言われるとそうではないのですが、ただ柔らかく何を言ってもしてもきっと受け止めてくださるんだろうなっていう、すごく器の広い方なんだなっていう印象はあります。

―近藤春菜さんといつか撮影でご一緒できる日が楽しみですね!

楽しみにしています。

―「コンタクトデビュー」にちなんで、これから新しく始めたいことはありますか?

始めたいことは、ここ最近海外に行くことが増えて、色んな言語を話される方と接することが多かったので、英語に限らず色んな国の言葉、語学を勉強したいなと思っています。
英語は本当に世界共通なんだなと思うぐらい、なかなか喋れなくても片言で喋ると、なんとか相手の方も受け取ってくださるので、まずは英語を勉強してそれと同時に違う国の言葉も増やせたらいいなと思っています。

―夏真っ只中ですが、この夏やりたいことや、行きたいところはありますか?

今年の夏はサーフィンをやりたいです。すごく寒がりなのでウェットスーツを着ても冬はやっぱり寒くて。いつも入ってみるのですが、「寒い~」って凍えて出るので、大体やっぱり夏メインでやることが多いんですけどなかなか夏だけだと一年間に海に行ける回数がすごく少なくて、そしていつも夏がバタバタすることが多かったので、今年の夏は例年に比べて沢山海に行ってサーフィンしたいなと思います。

(サーフィンを)始めたのは高校生なので期間はちょっと長いのですが、たぶん一年やっている人と同じくらいしか海に行けていないので、上達しないです。ずーっと同じ場所にいる感じ(笑)。今年こそは沢山海に行って上達したい!です。

―「海外に行く機会が増えた」ということですが、今行ってみたい国はありますか?

スペイン!友人がスペインに旅行に行った時のお話を聞いて、すごく人も温かいしお食事も美味しいっていうお話を聞いて「いいな~!」と思って。勝手なイメージだけどなんだか愉快な街のイメージがあるので、いつか行ってみたいなと思っています。

―「コンタクトデビュー」ちなんで芸能界新人時代についてお伺いします。

新人の頃の印象に残っているエピソードはありますか?
すごく嬉しかったことは、小学生くらいの私が現場にいることがなかなか珍しかったのか、一人ぼっちでポツンといることが多かったのですが、その私をすごく気遣って色んな先輩方が話しかけてくださって。小学生だとお話しするのも、上手くコミュニケーションを取るのもなかなかできなくて戸惑っていたのですが、皆さんがノートを持ってきてくださって「みんなで絵しりとりしよう」と言って。どの現場でも先輩方が絵しりとりとかをしてくださったのをすごく覚えています。いまだにその絵しりとりの紙を持っています。取ってある!捨てられなくて。それこそノートがなくても一日のスケジュール(の紙)の裏に皆で描いてくれて、寄せ書きを頂いたりとかしたのをいまだに持っています。たまに「2000何年の何月にこの撮影していたんだな~」と、見返したりします(笑)。
最初は心細いなと思っていたのですが、終わる頃にはまだ皆さんといたいと思うくらいに温かい人たちがすごくいっぱいいたので、その記憶は今でも鮮明に残っていますね。

―永野芽郁さんは誰とでも明るくコミュニケーションをとられているイメージですが、そういったスキルはどのように培われましたか?

もちろん経験値と共に年齢も上がっていったので、大人の方と話すことに対しての抵抗が全くなくなったっていうのはあって。純粋に楽しくお話しできたし、何よりやっぱり私が話すことを皆さんがすごく親身になって聞いてくださったので、そこからきっと人と話すことだったり目上の方と話したりするっていうことに、楽しいなと純粋に思えるようになった気はします。

―人生の先輩でもある近藤春菜さんに聞いてみたいことや、相談したいことはありますか?

春菜さんは本当にフラットな人の印象があって。でもきっと大変な瞬間だったりとかもちろん緊張されることもあるんじゃないかなと思うんですよ。その時にどうやって保てているのか気になります。やっぱり自分の仲間だけじゃない場面に遭遇することなんて沢山あるじゃないですか、それこそ大先輩とお会いしたりとか。きっとどこかで何か思われている時もそれを表に出さないようにされているんじゃないかなと勝手に思うので、どういう風にご自身を保たれているのか気になります。
自分がイメージしていない予期せぬ出来事が起こったりするわけじゃないですか。そういう時も変わらずにいられる強さはやっぱりかっこいいなと思うので、なりたくてもなれることじゃないし、気になります!きっと人のお話を聞くのもすごく上手なんだろうなと思うので。やっぱり自分の話をする方が簡単じゃないですか。だけど人のお話を親身になって聞いてくれるような優しさがきっとおありなので、素敵だなと思います。

―動画をご覧の皆さんへメッセージをお願いします!

今回のCMは親子のコンタクトデビューをサポートし、無事に子どもをコンタクトデビューさせるCMになっています。近藤春菜さんがそっくり親子のお母さんを演じるユニークな設定で、皆さんも聞き覚えのあるあのネタも登場するので、近藤春菜さん親子と私の掛け合いをぜひ楽しんでください。

REVIEWINTERVIEW
Liveen Times

コメント