全力疾走した乃木坂46 29thシングルアンダーライブ!「アンダーライブを東京ドームでできるんじゃない」

スポンサーリンク

乃木坂46「29th SGアンダーライブ」最終日公演が3月27日(日)に「ぴあアリーナMM」にて開催された。ライブは3月25日~27日まで3Days開催され、延べ2万1千人を動員した。

「乃木坂46 29thSGアンダーライブ」には、29thシングルアンダーメンバーの伊藤理々杏、金川紗耶、北川悠理、黒見明香、阪口珠美、佐藤楓、佐藤璃果、中村麗乃、林瑠奈、松尾美佑、向井葉月、矢久保美緒、山崎怜奈、弓木奈於、吉田綾乃クリスティー、和田まあやの計16名が参加。3期生の佐藤楓が初座長を務めた。

ライブは佐藤楓の「みなさん私たちについてこれますか〜! アンダーライブ最終日、行くぞ!」という掛け声からスタート。

2ndシングル「おいでシャンプー」に収録された「狼に口笛を」がオープニングナンバーを飾り、「13日の金曜日」まで、アンダーライブらしい幕開けとなった。

佐藤楓は「3日間は長いかと思っていましたが、あっという間の最終日となりました。最後までこの16人で駆け抜けたいと思いますので、宜しくお願い致します!」と挨拶。

また矢久保美緒は「まだ皆さんが声を出せれる状態ではありませんが、私たちは精一杯パフォーマンスするので、皆さんも精一杯応えて頂き、最終日を熱いライブにしましょう!」と期待を込めた。

中盤ブロックでは、各メンバーが乃木坂46の思い入れの楽曲をセレクトし、センターを務め、メドレー形式で展開された。「君の名は希望」を選びセンターを務めた林は「もともと乃木坂がすごい好きで、この曲をきっかけにより好きになった思い出の曲です」と語った。


新旧問わず乃木坂46の表題曲・アンダー曲など圧巻のパフォーマンスに魅了された。後半ブロックは卒業生 井上小百合・伊藤万理華のユニット曲「行くあてのない僕たち」からスタートした。そして最新のアンダー曲となる「届かなくたって…」が大きな見せ場として披露された。

立て続けにアンダー曲を披露し、座長務めた佐藤楓が最後のMC。「自分はセンターというものには縁のない人間だと思っていたし、センターっぽくもないと思っていました。ここにいる皆さんの中にも、まさか私がセンターに立つ日が来るとは思っていなかった方もたくさんいると思います。私を推してくださる方でさえも、そう思っていた方もいっぱいいらっしゃると思います。最近は先輩方の相次ぐ卒業があって、目を背けて立ち止まりそうになっちゃうんですけど、私たちに立ち止まっている時間なんてなくて、5期生も新たに入ってきてくれて、3期生はもうとっくに引っ張っていく側の立場になっているので、センターって決まってからはすぐに気持ちを切り替えることができました。今まで自分が乃木坂46の活動でやってきたことにウソは一つもないし、自信を持ってやってきたものがあるからこそ、今ここにこうして、しっかりと立つことができています。まだ見たことがなかった景色が今見られていることがすごく、すごく幸せです。アンダーライブ最終日、ここまで来られたのは16人全員の力でもありますし、ファンの方の力もあります。本当にありがとうございます」と胸中を語った。

そして、本編最後は、「新しい世界」で締め括った。

アンコールは「人はなぜ走るのか?」「扇風機」を立て続けに披露。松尾美佑が「今回のアンダーライブで全力でやる気持ちをまた思い出せた気がして、価値のある4日間だったなと思って」と涙で言葉を詰まらせた。伊藤理々杏も「これが私のやりたかったことだなって。この空気を味わえるのが幸せだなって。ただただ楽しかった、最高だった、大好き!」と涙を流した。

そして「乃木坂の詩」へ。グループカラーの紫色の光に照らされ、本日座長を務めた佐藤楓は曲の中で「本日は本当にありがとうございました」と思いを伝え、ライブを締めくくった。

「29th SGアンダーライブ」の幕は一旦幕を閉じたが、会場の拍手は鳴りやまなかった。再びメンバーが登場し、「ハウス!」をダブルアンコールで披露した。

乃木坂46アンダーライブは、回数を重ねるごとにキャパシティが拡大。和田は「このまま頑張ってたら、アンダーライブを東京ドームでできるんじゃないかと思いました。どんなに大きい会場でも、私たちの魂は強いから!」と堂々と胸を張った。

今年の2月には新たに5期生も加入し、総合力も衰えない乃木坂46。5月に開催される過去最大の動員となる日産スタジアム2Daysをどんなライブにするのか愉しみにしたい。

■乃木坂46「29th SGアンダーライブ」最終日
2022年3月27日
ぴあアリーナMM セットリスト

M1:狼に口笛を
M2:自惚れビーチ
M3:My rule
M4:13日の金曜日
M5:命は美しい
M6:マシンガンレイン
M7:Route 246
M8:その先の出口
M9:何もできずにそばにいる
M10:三角の空き地
M11:サヨナラの意味
M12:女は一人じゃ眠れない
M13:自由の彼方
M14:何度目の青空か?
M15:君の名は希望
M16:制服のマネキン
M17:世界で一番 孤独なLover
M18:ガールズルール
M19:Sing Out!
M20:帰り道は遠回りしたくなる
M21:行くあてのない僕たち
M22:Wilderness world
M23:届かなくたって…
M24:ここにいる理由
M25:嫉妬の権利
M26:あの日 僕は咄嗟に嘘をついた
M27:口ほどにもないKISS
M28:風船は生きている
M29:錆びたコンパス
M30:別れ際、もっと好きになる
M31:新しい世界

EN1:人はなぜ走るのか?
EN2:扇風機
EN3:乃木坂の詩

Double EN1:ハウス!

 

MUSIC
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Liveen Times

コメント