大谷翔平、2ヵ月連続の月間MVP!複数回受賞は日本人野手では史上初の快挙!

MLBは8月2日(日本時間3日)、2021年7月の月間最優秀選手(MVP)を発表し、ア・リーグではエンゼルスの大谷翔平投手が2か月連続に輝いた。
日本人野手の月間MVP複数回受賞は史上初の快挙となった


大谷は7月に23試合出場し、リーグトップタイの9本塁打を放った。
打率.282、19打点、4盗塁でOPS1.067で、リーグトップの成績を残した。


日本人野手の月間MVPは、2004年8月にイチロー、2007年7月松井秀喜が過去受賞しているが、複数回は史上初めて。7月7日&9日に2試合連続本塁打、7月27&28日にも2試合連続本塁打。今季は連続試合本塁打を6度も記録している。

また大谷は、7月29日にシーズン15盗塁をマーク。7月31日までに37本塁打、15盗塁を記録しメジャー史上初の大記録を達成。オールスター戦では史上初めて投手、野手の両方で球宴に選出され、メジャーリーグでも球界を代表する大スターとなった。

Photo:ANGLES Twitter

STAR
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Liveen Times

コメント