大谷翔平、米オールスター戦で史上初の二刀流!無安打無失点で勝利投手になり新たな伝説を加える活躍!


100年以上の歴史を持つ米大リーグのオールスター戦が13日(日本時間14日)、クアーズ・フィールドで行われた。


ア・リーグの「1番・DH兼投手」で米球宴史上初めてベーブ・ルースも成しえなかった二刀流での出場を果たしたロスアンジェルス・エンゼルスの大谷翔平投手は、見事1回無安打無失点で勝利投手に輝いた。最速100マイル(約161キロ)をマークしての翔TIME!スタンドを沸かせた。


日本人投手がオールスター戦で勝利投手になるのは2019年の田中将大投手(ヤンキース)以来、2人目。米球宴史上初めて、投打同時出場した試合で再び新たな伝説をつくった。


エンゼルスのインスタやツイッターでは、「日本の誇り」「なんて日だ」「MVP」「GOD OHTANI」などの書き込みが殺到した。


Photo From LA Angles Instagram and Twitter

STAR
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Liveen Times

コメント