FANTASTICS、初となる全国アリーナツアーの初日公演を開催!

昨年12月にデビュー5周年を迎えたダンス&ボーカルグループFANTASTICS。
そんな彼らが自身初となる単独アリーナツアー「FANTASTICS LIVE TOUR 2024 “INTERSTELLATIC FANTASTIC”」の初日公演を三重県営サンアリーナにて開催した。

最新アルバム「FANTASTIC ROCKET」の世界観に沿ったオープニングVTR演出で、徐々に会場のファンの期待が高まる中、メンバーが1人ずつステージに登場し今回のツアーを象徴する楽曲でもある「STARBOYS」でライブがスタート。初のアリーナツアー初日公演を迎えられた喜びを体現するかのように、壮大な宇宙を自由自在に駆け巡るようなパフォーマンスで会場を魅了した。

ライブ中盤のMCではボーカルの中島颯太が、「2020年に開催予定でした「FANTASTICS LIVE TOUR 2020 “FNT”」が新型コロナウイルスの影響で全公演中止になったこともあり、ずっと待ち望んでいたアリーナツアーです。僕たちも最高に気合いが入っているので皆さんも楽しんで下さい!」と最高の笑顔で語った。

会場のボルテージも最高潮のなかで披露したのは、ZOOからEXILEへと受け継がれてきた名曲で、音楽プロデューサーでベーシストの亀田誠治氏がサウンドプロデュースを務めたグルーヴィーかつ華やかなアレンジの「Choo Choo TRAIN」。初日公演をお祝いする為に会場に駆け付けたファンとのコール&レスポンスやアウトロでのジャンプなど、共に楽しむパフォーマンスで会場を盛り上げた。

アンコールでは「Peppermint Yum (Japanese ver.) – FANTASTICS」を初披露。今作は3/20(水)リリースとなるFANTASTICS と韓国アーティストEPEX とのコラボEPのタイトル曲で、2グループがダンスを通して互いを刺激し高め合い、国境を越え更に上のステージを目指すアティチュードをエッジーなシンセが印象的なクールでパワフルなエレクトロサウンドに込めた、第一生命 D.LEAGUE 23-24 SEASONテーマソング。今回のツアーではFANTASTICSバージョンの構成へと編成し、新しい魅せ方へと進化させた。

最後にボーカル中島颯太が”最高の時間をありがとうございました、必ずまた会いましょう”とファンに感謝を伝え、初日公演は大盛況のなか幕を閉じた。

これからもFANTASTICSから目が離せない。

◆ツアー情報
「FANTASTICS LIVE TOUR 2024 “INTERSTELLATIC FANTASTIC”」
2月11日:三重県営サンアリーナ
2月20日、21日:日本ガイシホール
2月24日、25日:国立代々木競技場 第一体育館
3月9日、10日:マリンメッセ福岡 A館
3月16日:朱鷺メッセ・新潟コンベンションセンター
4月10日、11日:大阪城ホール
4月19日、20日、21日:有明アリーナ

◆CD情報
2024/3/20(水)Release
FANTASTICS × EPEX『Peppermint Yum』

MUSIC
Liveen Times

コメント