Girls²、「Girls² LIVE TOUR 2023-activate-」 9都市11公演を完走!

10月よりスタートした、Girls²の全国ホールツアー『Girls² LIVE TOUR 2023 -activate-』。ツアーファイナル公演が、12月24日に東京ガーデンシアターにて行われた。

開演まで15分を切った頃、後輩グループのLucky²がオープニングアクトとして登場し、すでに会場は本編に向けて盛り上がる準備万端。カラフルなライトが高揚感を誘う中、ライブは12月20日リリースの最新EP『アクセラレイト』に収録された「Rise & Shine」で幕を開けた。

今回のツアーでは、ほとんどの楽曲でヘッドセットでのパフォーマンスを行なう。両手が空く分、動きの自由度が高くなり、彼女たちのエネルギッシュなダンスを十二分に堪能できた。指先まで丁寧に気を配り、全身を余すことなく使ったダンスが美しい。「80’s Lover」「Juga Juga JUNGLE」「CLICK」と、8人はクールさと可愛らしさを共存させながら、息の合ったパフォーマンスで観客を魅了していく。

最初のMCでは、メンバーがそれぞれファイナル公演の意気込みと、今日訪れてくれたことへの感謝を観客に語った。続いて、メンバーの自己紹介ソング「⼈⼈⼈⽣紹介ソング-続編-」の披露へ。客席からはメンバーの名前も飛び交い、盛り上がりが増していく。「Cʼmon Neo Zipang!!!」ではバルコニーへも視線を向けて両手を大きく手を振り、客席との距離を縮めていった。

その後も8人はアップテンポなナンバーで会場を盛り上げていく。「Seventeenʼs Summer」ではキッズダンサーを迎え、手を繋いでステージを駆け回ったり、互いの手を合わせてハートの形を作ったりと、賑やかにパフォーマンス。最後はメンバーと観客が掲げるピースサインが会場に広がった。

ここで一度ダンスタイムを挟み、8人は1人ずつキレのあるダンスを披露。客席へクラップを煽った後は、小田柚葉、小川桜花、増田來亜、菱田未渚美、山口綺羅、原田都愛の6人で「Bye-Bye-Bye」を届けた。

次にステージに姿を現したのは、白い衣装に身を包んだ隅谷百花と鶴屋美咲。観客に着席を促し、「皆さんと一緒にクリスマス気分を味わえたらと思います!」と語った隅谷は、鶴屋のピアノ伴奏で「Santa Claus Is Coming to Town」を歌い上げた。続けてEP『Love Genic / Bye-Bye-Bye』にも収録されているカバー曲「点描の唄」を披露。鶴屋の優しく寄り添うようなピアノ、隅谷の伸びやかな歌声が響きわたる。2番からは小川もボーカルに加わり、2人の透き通るようなハーモニーが会場いっぱいに広がった。

しっとりした雰囲気に包まれた後は、小田と隅谷が「Flutter」をツインボーカルで届け、増田、菱田、原田が華麗なダンスを披露。入れ替わるように鶴屋、小川、山口が登場し、今度は3人で「あなたがくれた奇跡」を届けた。鶴屋と小川の伸びやかな歌声に、山口の力強いコンテンポラリーダンスが華を添える。8人それぞれの持ち味が発揮され、個々の魅力を存分に楽しめたパートだった。

続いて「I wanna 宣言」のMVでも着用している衣装に着替えた8人は、「スキップ!」を明るくパフォーマンス。「皆さんの声、もっと聴かせてください!」と山口が呼びかけ、コール&レスポンスで会場のテンションを高めた後は「#キズナプラス」へ。歌詞に合わせて〈いつもありがとう〉と笑顔で叫ぶ8人の姿からは、このステージを心から楽しんでいることが伝わってくる。

Lucky²を交えて「Girls Revolution」を披露した後は、9曲を盛り込んだ怒濤のメドレーへ突入。「センチメートル」で横一列に並んだ8人はクラップを煽ったり、客席を指さしたりとコミュニケーションを取っていく。「ダイジョウブ」からは再びキッズダンサーも登場し、クライマックスに向けて熱気は最高潮に。ラストは「チュワパネ!」を披露し、銀テープが舞う中で華やかに本編を締めくくった。

アンコールは原田によるDJタイムからスタート。緑色のペンライトが会場を彩る中、原田は「ジャンプするよ!」「大きな声出してください!」と観客へ呼びかけ、再び会場のテンションを高めていく。

続けて「ハッピーメリクリ!」のイントロが流れ出すと、サンタ帽子やトナカイのツノなどクリスマスにちなんだアイテムを身に着けた7人が客席から登場し、会場は大盛り上がりに。原田も加わり、8人は笑顔で手を振りながらファンと近い距離でクリスマスをお祝いした。

「クリスマスにファイナルの公演ができるってロマンチックですね」と語った鶴屋は、グループとしては過去最大規模での開催となった本ツアーについて、色んな挑戦を盛り込んだものだったと振り返る。鶴屋のピアノ演奏や原田のDJタイムといった演出はもちろん、セットリストもメンバーが1から話し合って決めたそうだ。

そんな大切な想いを込めたツアーが終わってしまうことへの寂しい想いを語りつつ、いよいよライブはクライマックスへ。「I wanna 宣⾔」「HERE WE GO」を力強くパフォーマンスした後は、ファンへの感謝の想いを形にしたという「LETTERS」をラストに披露。曲名通りファンへ手紙を届けるかのように、モニターには楽曲の歌詞が表示されていた。「声出してください!」という小田の掛け声を合図に、〈La la la la la la〉のシンガロングが響きわたる。会場が一体感に包まれる中、9都市11公演に及ぶツアーは幕を閉じた。

クリスマスイブに届けられたファイナル公演は、ファンにとって最高のクリスマスプレゼントになったことだろう。2024年にはデビュー5周年を迎えるGirls²。3月には2年ぶりのフルアルバム『We are Girls² – Ⅱ -』をリリースし、その3カ月後の6月には国立代々木競技場 第一体育館にて5周年記念ライブ『Girls² 5th Anniversary We are Girls² -The Live-』を行なうことも決まっている。これからも輝かしい成長を遂げていくであろう彼女たちから目が離せない。

【各ストリーミングサービスにてセットリスト公開中】

https://girls2.lnk.to/VpMg5F

ライブツアー概要

「Girls² LIVE TOUR 2023 -activate-」

■公演スケジュール
10月14日(土)北海道 カナモトホール(札幌市民ホール)
10月21日(土)大阪府 大阪国際会議場グランキューブ大阪メインホール
10月22日(日)大阪府 大阪国際会議場グランキューブ大阪メインホール
10月28日(土)宮城県 仙台サンプラザホール
11月05日(日)愛知県 名古屋国際会議場センチュリーホール
11月11日(土)群馬県 ベイシア文化ホール(群馬県民会館)
11月19日(日)新潟県 新潟テルサ
11月23日(木・祝)静岡県 静岡市清水文化会館マリナート 大ホール
12月02日(土)福岡県 福岡市民会館 大ホール
12月23日(土)東京都 東京ガーデンシアター
12月24日(日) 東京都 東京ガーデンシアター

【ツアー詳細はこちら】https://www.ldh-liveschedule.jp/sys/tour/22690/?lang=ja

MUSIC
Liveen Times

コメント