三代目 J SOUL BROTHERS、ファン=MATEとの約束の地“JSB LAND” 2年ぶり6度目ドームツアーを完走!

三代目 J SOUL BROTHERSにとって約2年ぶり、6度目のドームツアー『三代目 J SOUL BROTHERS PRESENTS “JSB LAND”』の最終公演が、12月23日に京セラドーム大阪にて開催された。

個人活動が中心だった2022年から、グループとして再始動した2023年。今回のドームツアーは、三代目 J SOUL BROTHERSとMATE(ファンの呼称)が辿り着いた約束の地“JSB LAND”で、メンバー7人とMATEの13年間の繋がりを感じ、楽しみ、盛り上がる空間をコンセプトに創り上げる “新しいライブの形”を示している。

開演前に行われた囲み取材にはリーダーのNAOTOとボーカルのØMI、今市隆二が出席。意気込みを聞かれ、NAOTOは「“JSB LAND”ではすごくチャレンジをしていて。各々のソロ楽曲をライブの中に混ぜているんですが、その混ぜ方だったり演出の仕方は僕らにとっても初めてやることだったので、それが皆さんにとって喜んでもらえて成功したことはすごく自分たちの収穫になりました。今年はアリーナツアーから始まって全部で42公演なんですが、今日はその集大成とも言えるライブなので、自分たちも残っている力を全部ここに注ぎ込むような気持ちでやります。」とやる気を見せる。

また、日経エンタテインメント!が発表した日本人アーティストのライブ年間動員力ランキングで三代目 J SOUL BROTHERSが見事1位にランクインしたことを受けØMIは「数字がすべてじゃないけど、目に見えてこうやってファンの人たちとの過ごした1年の結果がそういった形で見えるってすごくアーティスト冥利に尽きるなと思います。すべてのステージ噛み締めてやってきましたが、そういったことも踏まえて今日がファイナルと考えると、もうぶちかまします。」。今市も「コロナ禍で埋められなかったものを、今年はファンの皆さんを近い距離で埋めていって。その熱をドームに持って来られたのですごく充実した1年だなと思います。ライブに来てくださった皆さんにも感謝ですし、サポートメンバー、ミュージシャンをはじめ、サポートしてくれた人たちに感謝の気持ちを込めて、ファイナルぶちかましたいと思います。」と気合十分。

11月11日にリリースされた新曲「Awakening Light」から始まる怒涛の前半戦、「CHAIN BREAKER feat. 登坂広臣」(PKCZ®︎/ØMIソロ曲)、「TUXEDO」(今市隆二ソロ曲)、「NEOTOKYO」(ELLYソロ曲)などメンバーのソロ楽曲を7人全員でパフォーマンスするという本公演でしか見ることのできない演出もあり、会場はスタートから大盛り上がり。

中盤には山下健二郎のMCから始まる「山フェス」コーナーが始まり、「FIGHTERS」では小林直己がギターを奏で、NAOTOは来年アルバムの発売を発表しているHONEST BOYZ®️の楽曲である「要!」でオーディエンス盛り上げ、岩田も自身のソロ曲である「Only One For Me」を歌い上げる。

後半はボーカル2人での歌唱や「Best Friend’s Girl」「花火」とバラードをお届けし、「SCARLET」から一気にラストスパートへ。「STARS」「RAINBOW」で会場全体がひとつになり本編は終了。

アンコールではサポートダンサーを引き連れたパフォーマー5人が登場し、それぞれチームに分かれて力強いダンスパフォーマンスを繰り広げる。続けて、ØMIのコール&レスポンスを合図に始まるEXILEリスペクトを込めた特別アレンジの「24karatsメドレー」で会場の熱気は最高潮に。

岩田「本当に今年1年、たくさんMATEのみんなと会えました。この勢いのままに2024年も最高の三代目イヤーとしてMATEのみんなと最高の年にしたいと思います!」

小林「今回はメンバーそれぞれの強みを活かしたショーができました。このようなことに挑戦できたのも本当にMATEのみなさんのおかげです。来年も楽しみにしていてください!」

NAOTO「俺たち裏切らないようなパフォーマンスできましたかね?また来年さらに成長してみんなとの絆深めていきますので、これからもよろしくお願いいたします!」

ELLY「三代目が帰ってきたって感じですよね。こういう三代目が好きな人?俺も大好きなんです。次の年も絶対皆さんに最高のライブを届けるので待っていてください。」

山下「関西ただいま!あっという間に1年駆け抜けたなっていう感じなんですけれども、フロートで回っていて『ZIP!ポーズしてください』と言われていましたが、なかなか返せていなかったので、ここで一斉にやりたいなって思います!今日という日が最高だった人、せーの!『ZIP!』」

ØMI「来年はソロの活動があったりしますが、三代目 J SOUL BROTHERSとしてもまた素晴らしい音楽を作ってまたみんなの前に帰ってきたいと思っていますので、皆さんMATEでいることを誇りに思ってください。俺たちもみんなのことを誇りに思います。」

今市「本当にたくさんの方のおかげで最高の”JSB LAND”を作り上げることができました。自分達だけじゃなくて、サポートメンバー、ミュージシャン、そしてたくさんのスタッフさんのおかげで完成しております。改めて皆さん大きな拍手をください!」

最後は45,000人のMATEと共に「Starting over ~one world~」を大合唱し、約束の地“JSB LAND”は幕を閉じた。

今回が6度目のドームツアーとなる三代目 J SOUL BROTHERS。囲み取材でNAOTOは「一回どこにたどり着くのも大変ですけど、それを繋げていく、続けていくってすごく難しいことだと思うんですよ。だから13年目にしてまだドームツアーができるっていうのは、もうめちゃくちゃ幸せなことなのかなと思いますね。」。昨年の準備期間で描いた “JSB LAND”という設計図の終着地点にたどり着いた今日、メンバーとMATEが愛を確かめ合う1年となったようだ。

12月26日には同じ会場でファンクラブ公演『三代⽬ J SOUL BROTHERS PRESENTS “JSB LAND” 〜AFTER PARTY〜』が開催される。このイベントについてØMIは「ファンのみんなも本当に尽くしてくれた一年だったので、お互いにお疲れ様って言い合えるようなファンクラブならではの公演。多分ツアーでは見せられない表情も見せられると思うし、僕らもみんなもリラックスした空間で、今年をいい笑顔で終われる日にしたいなと。」と想いを語った。LDHのコンテンツサービス「CL」にてPPV生配信も決定しているので、2023年を駆け抜けた三代目 J SOUL BROTHERSと一緒に一年の締めくくりを迎えよう。

ドームツアー概要:

「三代目 J SOUL BROTHERS PRESENTS “JSB LAND”」

<公演スケジュール>
■バンテリンドーム ナゴヤ(愛知)
11月18日(土) 開場16:00/開演18:00
11月19日(日) 開場15:00/開演17:00

■東京ドーム(東京)
12月2日(土) 開場15:00/開演17:00
12月3日(日) 開場14:00/開演16:00
12月4日(月) 開場16:00/開演18:00

■福岡PayPayドーム(福岡)
12月9日(土) 開場14:00/開演16:00
12月10日(日) 開場13:00/開演15:00

■京セラドーム(大阪)
12月21日(木) 開場16:30/開演18:30
12月22日(金) 開場16:30/開演18:30
12月23日(土) 開場14:00/開演16:00

【詳細はこちら】
https://www.ldh-liveschedule.jp/sys/tour/23448/?lang=ja

ファンクラブイベント開催概要

■日程:12月26日(火)
■場所:京セラドーム大阪
■時間:開場 16:30、開演 18:30
■チケット料金:全席指定 ¥12,100 (チケット代 ¥11,000+税)
応援グッズ付きチケット(全席指定) ¥17,600 (チケット代 ¥16,000+税)
※JSB3 Official “MATE” Light Stick付き

【詳細はこちら】
https://www.ldh-liveschedule.jp/sys/tour/25293/?lang=ja

【「CL」PPV生配信はこちら】
■CLプレミアムPLUS会員専用ページ
https://www.cl-live.com/programs/live/3WJSGMoiAetSHAhZyWgYZA

■CLフリーPLUS会員専用ページ
https://www.cl-live.com/programs/live/tHm1hYrrYQqwDeCxSzqrg5

MUSIC
Liveen Times

コメント