HKT48 秋LIVE2023~博多にまつわるエトせとら~ Fukuokaライブが開催!

HKT48はZepp Fukuokaにて全メンバー出演「HKT48 秋LIVE2023~博多にまつわるエトせとら~」を開催いたしました。今回のテーマは、結成12周年の<12>にちなみ、「干支」。HKT48の楽曲だけではなく、それぞれの「十二支」にちなんだ楽曲とメンバーで構成されたセットリストも展開しました。

本公演では、12月20日(水)発売の17枚目シングル収録曲の新曲「生きがい」、「待ちやがれ!」、「僕たちは裏切った」を初披露。表題曲「バケツを被れ!」をはじめとして、17thシングル収録曲すべての振り付けを5人組TikTokクリエイター集団<Hoodie fam>が担当したことに触れ、地頭江音々が「すごくキャッチーで皆さんも真似しやすい振り付けがたくさんあるので、たくさん聴いて、たくさんバケツを被って、たくさん踊ってください!一緒に盛り上げていきましょう!」と呼び掛けると、会場からは大きな歓声があがっていました。

公演終盤には、約2年ぶりとなるHKT48新メンバーオーディションの開催、そして春コンサートの開催を発表いたしました。

年内にHKT48を卒業する田中美久の卒業コンサートは、初日となる2024年3月9日(土)に福岡サンパレス ホテル&ホールにて開催いたします。田中美久は「HKTとして博多で出来るのも嬉しいですし、私、その時には(HKT48を)卒業していて、アイドルとして戻ってくる形です。皆さん是非、本当に最後のアイドル姿となる3月9日、『美久の日』、ぜひ会いに来てください!」と話していました。

また、オーディション開催について、2022年に加入した6期生の最上奈那華は「私たちも良い先輩になれるように…7期生の皆さん待っています!」と呼び掛けていました。

第7期生オーディションは、本日11月27日(月)21:00より、エントリーを開始いたします。

最後にチームHキャプテンの豊永阿紀は「HKT48の弱いところも強いところも、皆さんとなら、どんどん進んでいけると思いますので、13年目もよろしくお願いいたします」とご挨拶。温かい拍手が起こっていました。

(C)Mercury

MUSIC
Liveen Times

コメント