『EXILE LIVE TOUR 2022 “POWER OF WISH”』at 福岡PayPayドーム ライブレポ

スポンサーリンク

7月6日、福岡PayPayドームにて『EXILE LIVE TOUR 2022 “POWER OF WISH”』の初日公演が開催。約2年5カ月ぶりの“15人のEXILE”によるドームライブとなった。

今回のツアー『POWER OF WISH』では、2020年にソロ活動専念を発表したATSUSHIがグループに限定復活し全公演に参加する。

今しか見られない、15人によるEXILEのライブパフォーマンス。このライブに賭けるメンバーの熱意、そして客席で見守るファンの熱量、様々な思いが交錯するであろうドームツアーがいよいよ始まった。

コロナ禍からの2年間を辿るようなオープニング演出の後、ツアータイトル『POWER OF WISH』の“W”のフォーメーションでメンバーがステージに登場。観客の期待感が溢れる中、「Rising Sun」の光り輝くようなパフォーマンスからライブはスタートした。ATSUSHIとTAKAHIROの歌声による懐かしい掛け合いが響き渡ると会場の熱気が一気に高まり、続いて今回のツアーのテーマソングである新曲「POWER OF WSH」を披露。このステージにかける“願い”と“想い”をスタイリッシュなダンスナンバーで届けた。そしてエモーショナルなInterludeを挟み、人気の高いライブチューン「Heads or Tails」を熱演。NESMITHとSHOKICHIも交えた4人の迫力ある歌声と圧巻のダンスパフォーマンスで“今”のEXILEを見せつけた。

ツアー初日を迎えるにあたり、ATSUSHIはライブ前の事前コメントでこう語っている。

「このコロナ禍で、多くの人たちが苦しい思いであったり、思うようにいかない日々を送ら
れていたと思います。それは僕らエンタテインメントを届ける側も同じで、僕らに何ができるかをずっと話し合ってきました。そこでLDHとメンバーの後押しもあり『今の日本を元気にする力を、もう一度EXILEとして届ける』というアイデアをいただき、今回出演させていただくことを決意できました」(ATSUSHI)

ライブの中盤にはATSUSHIとTAKAHIRO、そして選抜メンバーにより、言わずと知れた名バラードである「Lovers Again」と「Ti Amo」が新たなアレンジで披露された。EXILEの歴史を感じさせる、思いの込もったパフォーマンスに会場全体が感動に包まれていた。

公演直前の囲み取材にてAKIRA、TAKAHIRO、SHOKICHIは、15人体制のライブに対する思いについてそれぞれ語った。

「5年前、10年前に作った曲でも今の時代にフィットしたメッセージ性があったり、過去の曲を今聴くとまた違った感覚でいろいろな捉え方ができて、エンタテインメントの幅が広がったり。改めて自分たちが作り上げてきた大切な楽曲や、ATSUSHIくんとTAKAHIROの奏でる歌声からも、EXILEの在り方を再認識させてもらえるような気がして、いろいろなイメージが湧きました」(AKIRA)

「久しぶりにATSUSHIさんが参加されたことですごく懐かしい雰囲気を感じて。アリーナとはまた違った心地いい緊張感で現場を過ごさせてもらってます。啓司くんも(参加するツアーは今回が)ラストというのもありますし、お客さんとのコミュニケーションはもちろんメンバーとも一瞬のアイコンタクトだとか、一つ一つの思い出を胸に刻んでいきたいと思います」(TAKAHIRO)

「前回のツアーもそうですが、ずっと(ライブができず)悔しかった思いをさらに乗せてリベンジしたいという思いがあります。ここを経て“LDHエンタテインメント完全復活”として、僕らに続いて全LDHアーティストが輝いていけるような、その勢いを煽るようなツアーになればと」(SHOKICHI)

なお、今回のツアーには先日引退を発表した黒木啓司も所属するEXILE THE SECONDの6人によるパフォーマンスタイムも設けられている。活動再開を望むファンの声が多かった彼らの登場に会場は当然のごとく大いに沸き上がり熱狂したが、それも含めて今回のセットリストについては、やはり特別な思いが込められていた。

「啓司さんと一緒に盛り上げるSECONDを皆さんにお見せできるよう、結構たっぷり時間をとっていますので、そこで楽しんでもらえたらと思っています。自分たちも一曲一曲、噛み締めながらパフォーマンスしていきたいと思います」(SHOKICHI)

「今の時代だからこそ届く“POWER OF WISH”としてのメッセージ性と、20周年のメモリアル感が融合したライブになっているので、懐かしくもあり、新しさも感じていただけると思います」(AKIRA)

「これでも絞りに絞って、この(40曲以上を詰め込んだ)内容になったので。ありがたいことに第一章の頃からヒットソングが多いな、ということも再確認できました。みんなの欲を詰め込んだら、あと2時間くらい長いライブになったかもしれない」(TAKAHIRO)

ライブ終盤のMCでATSUSHIは、「本番前、メンバーと一緒に気合い入れする中で、『LOVE、DREAM、HAPPINESS』を語るだけでなく、伝えるだけでなく、今日はずっと待ってくださっていたお客さんに与えようと話をしました。それが“POWER OF WISH”=“願いの力”だと。僕らの、『皆さんに喜んでいただけたなら』という気持ちが、『愛、夢、幸せ』が少しでも伝わってくれたらいいなと思います。」と今回のツアーへの想いを語り、約2年5カ月ぶりとなる15人でのパフォーマンスに「EXILEって最高だなって思いました。みなさんのおかげです。」と感謝を述べた。

20年の軌跡を振り返りながら、新たな旅立ちへと願いを込める『POWER OF WISH』。メンバーとそれを見守るファン、それぞれが思い思いの“EXILE”を心に映し出せるような、愛に溢れたツアーが幕を開けた。

■ツアー情報
【EXILE LIVE TOUR 2022 “POWER OF WISH”】

<公演日程>
7月6日(水):福岡・福岡PayPayドーム
7月13日(水):東京・東京ドーム
7月14日(木):東京・東京ドーム
7月29日(金):大阪・京セラドーム大阪
7月30日(土):大阪・京セラドーム大阪
7月31日(日):大阪・京セラドーム大阪
8月11日(木・祝):埼玉・ベルーナドーム(西武ドーム)
8月13日(土):埼玉・ベルーナドーム(西武ドーム)
8月14日(日):埼玉・ベルーナドーム(西武ドーム)
8月19日(金):大阪・京セラドーム大阪
8月20日(土):大阪・京セラドーム大阪
8月21日(日):大阪・京セラドーム大阪
8月27日(土):福岡・福岡PayPayドーム
8月28日(日):福岡・福岡PayPayドーム
9月3日(土):愛知・バンテリンドーム ナゴヤ (旧:ナゴヤドーム)
9月4日(日):愛知・バンテリンドーム ナゴヤ (旧:ナゴヤドーム)

<特設ページ>https://m.ex-m.jp/Artist/index/330

MUSIC
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Liveen Times

コメント