乃木坂46伊藤純奈&渡辺みり愛、アンダーライブで有終の美!「乃木坂を辞めようって思わなかったのはファンの皆さんのおかげ」


乃木坂46がアンダーメンバーによる「アンダーライブ2021」を5月26日に無観客配信で開催。

27thシングルの活動終了をもって卒業する伊藤純奈と渡辺みり愛にとってのラストライブ。伊藤と渡辺はメンバーやファンへ感謝を伝えるとともに、乃木坂46で活動してきた約8年間の幸せをかみしめた。

今回のライブは、ファンからのリクエストにより、初座長を務めた山崎怜奈がTOKYO FMの冠番組「山崎怜奈のアンダラで話したかったこと」(月~木 後1:00)というラジオのパーソナリティーに見立て、曲紹介をしていくラジオ番組風スタイルで進行した。

セットリストはファンから事前に募集し、1万2000件以上寄せられたリクエストとメッセージで構成。

ライブは「ごめんねFingers crossed」に収録されるアンダー楽曲で山崎がセンターを務める「錆びたコンパス」からスタート。続く渡辺センターの「風船は生きている」では笑顔でダンスが披露され、「My rule」では伊藤純奈をセンターに据えてセットの階段を使いながらの構成だった。

最初のMCで伊藤純奈は「今日がラストライブなのですが、私はライブは楽しむものだと思ってますので、みんなで全力で楽しむぞ〜!お〜!」と気合十分。

渡辺みり愛は「今日はたくさんアイコンタクトを取って、みんなとたくさん目を合わせて、思い出を作りたいと思います」と笑顔で意気込んだ。

「表題曲をアンダーメンバーで見たい」とのリクエストには、スポーティーなショートパンツの衣装を着用し、中村麗乃センター、渡辺みり愛&阪口珠美フロントで「Route 246」をパフォーマンスした。

「ショパンの嘘つき」では、伊藤純奈が歌、渡辺みり愛がダンスを担当して2人で圧巻のパフォーマンスを披露。ファンから高評価を得ていた。

本編ラストでは、「誰よりそばにいたい」を美しくしっとりと歌い上げた。ファンへ向けての手書きのメッセージがスクリーンに映し出される様相は感動的で、山崎は「ファンの皆さん、何者でもなかった私たちをアイドルにしてくださってありがとうございます」と心からの感謝を伝えた。

アンコールでは伊藤純奈、渡辺みり愛が2人が登場。

渡辺みり愛は「私の気持ちというよりは、たくさんの方に感謝を伝えたいと思います。まずは家族。家族って言うと泣いちゃう。たくさん迷惑かけたし、転んでしまうこととかも人生の中でたくさんあったけど、一番見捨てずに側にいてくれてすごく感謝してます」と声を振るわせた。

伊藤純奈は「8年間私を支えてくれてありがとうございます。私が乃木坂を辞めよう、って思わなかったのは、ファンの皆さんのおかげ。今回は自分の未来のための決断として卒業を決めたんですけど、正直ファンの方ともっと交流したかったし、直接お会いしてたくさん愛情を伝えたかった」と応援してくれたファンへメッセージを贈った。

伊藤純奈はリクエスト曲「三角の空き地」、渡辺みり愛はリクエスト曲「君が扇いでくれた」を披露。2人はそれぞれの曲でセンターを務め、曲が入れ替わりのときには強く抱き合い友情を確かめ合った。

ラストは「乃木坂の詩」で締め、2人を中心とし、メンバーがぎゅっと寄り添った。
伊藤が「メンバーが涙を流してくれるのが何よりも嬉しいです。ありがとうございました」、渡辺が「ここに立ててめちゃくちゃ幸せです!ありがとうございました」と2人で笑顔で感謝の言葉を述べると、メンバーから花束が贈られ、ライブの幕は閉じられた。

乃木坂46「アンダーライブ2021」(2021.5.26)セットリスト

M1:錆びたコンパス
M2:風船は生きている
M3:My rule
M4:ここにいる理由
M5:Route 246
M6:僕の衝動
M7:Out of the blue
M8:Wilderness world
M9:心のモノローグ
M10:自由の彼方
M11:まあいいか?
M12:13日の金曜日
M13:硬い殻のように抱きしめたい
M14:白米様
M15:ショパンの嘘つき
M16:嫉妬の権利
M17:滑走路
M18:日常
M19:自惚れビーチ
M20:口ほどにもないKISS
M21:誰よりそばにいたい

本編終了

EN1:三角の空き地
EN2:君が扇いでくれた
EN3:乃木坂の詩

コメント