Big Hit Entertainment、 HYBE(하이브)に社名を変更! 連結·拡張·関係を意味する社名へ

Big Hit Entertainment(議長パン・シヒョク、 以下Big Hit)が新しい社名‘하이브(HYBE)(読み方:ハイブ)’を公式発表し、新たな跳躍を伝えた。

Big Hitは19日に社名やミッション、組織構造、新社屋などの企業全般に渡る変化をBig Hit Labels Youtubeチャンネルにアップした‘NEW BRAND PRESENTATION(以下、ブランド発表会)’の映像を通じて発表した。

ブランド発表会でBig Hitは、新たな社名を公式的に発表すると同時に、変化と成長を繰り返しながら‘エンターテインメント’の領域を拡張している企業として、音楽の変奏という次元で領域に境界なく産業を革新していくという計画を明らかにした。

■ 하이브(HYBE)、 連結·拡張·関係の象徴… Big Hitはレーベル ‘Big Hit Music’として存続
Big Hitは、新たな社名하이브(HYBE)が連結と拡張、関係を象徴すると説明した。

하이브(HYBE)は様々な分野の専門性を持った構成員がフラットに働くことができるシステムであり、関係企業、多様なネットワーク、アーティストとファンなど様々なユニットが緊密に集まって構成する集合体だ。

新たな社名であると同時に、組織構造と働く文化、企業の方向性まで包括する概念だ。

パン・シヒョク議長は、Big Hitが“既存の共感よりはるかに広い意味でエンターテインメントの領域を理解し、多様な事業を展開している”とし、“現在の事業を統合し、これを連結、拡張することができる構造の象徴として新たな社名の必要性を感じた”と背景を説明した。

社名は変わるが、“音楽に基づく”という企業の本質はそのまま維持される。Big Hitは新たなミッション‘We believe in music’を発表し、‘音楽で感動を伝え、良い影響力を分かち合い、人生の変化を作っていく’という志向点を明確にした。企業の根幹であるBit Hitのレーベル部門は‘Big Hit Music’というレーベルとして存続し、アイデンティティを引き継ぐ。하이브(HYBE)の新しいシンボルも、多様なハーモニーを重ねた五線譜がひとつの横線に圧縮された姿で表現され、音楽から出発して多彩な領域に拡張する企業のアイデンティティと価値を盛り込んだ。

Big Hitの新たな社名하이브(HYBE)は、今月30日に行われる株主総会の決議で確定したのち、公式に適用される。

■ レーベル·ソリューション·プラットフォームの三角軸を基調 ‘エンターテインメントライフスタイルプラットフォーム企業’ を目指す

Big Hitは、レーベルとソリューション、プラットフォームの3つの軸の組織構造を明瞭化し、これを通じて持続的な事業モデルの革新、拡張する体系を完成するという計画を明らかにした。하이브(HYBE)という大きな集合体の中で、レーベルが安定的に創作に集中し、ソリューションユニットは新たな挑戦を続け、全てが滞りなくプラットフォームに連結していく構造だ。

レーベル領域には、Big Hit MusicやBELIFT LAB、SOURCE MUSIC、PLEDIS Entertainment、KOZ Entertainment、HYBE LABELS JAPANが含まれる。各レーベルは独立性と独創性を維持し、クリエイティブ活動に集中し最高のコンテンツを披露する。ソリューション領域には、映像コンテンツ、IP、学習、ゲームなどに特化した専門ビジネスユニットであるHYBE Three Sixty、HYBE IP、HYBE EDU、Superb、HYBE SOLUTIONS JAPAN、HYBE T&D JAPANなどが含まれ、各レーベルのクリエイティブ結果物を基に2次、3次ビジネスを創出する。また、プラットフォーム領域のWeverse Companyは하이브(HYBE)の全コンテンツとサービスを連結し、拡張する中心的な役割を果たすことになる。

このようにBig Hitはレーベルとソリューション、プラットフォームという安定した三角軸構造を土台に、企業ビジョンとして明示した‘音楽を基盤とした世界最高のエンターテインメントライフスタイルプラットフォーム企業’としての第一歩を前進するという計画だ。

パン・シヒョク議長は“私たちが定義する『エンターテインメントライフスタイル』は、『音楽から始まった、無限の想像力と楽しさに満ちた日常の幸せと便宜を高める全ての経験』”とし、“皆さんにとってこのような経験を提供するプラットフォームを通じて世界と連結する肯定的な関係を築いていきたい”と説明した。

■ 企業リブランディングの延長線で、‘働き方と組織文化の変化を誘導する空間’である新社屋




Big Hitは同日、新しい企業ブランドの延長線上で龍山(ヨンサン)新社屋の姿も公開した。新企業ブランドの開発及び新社屋の空間ブランディング、そしてデザインを総括したミン・ヒジンCBO(Chief Brand Officer)は、新社屋について“連結、拡張、関係を志向する하이브(HYBE)の価値を込め、企業ブランドの変化と共に行われた空間の変化が業務方式と組織文化の変化まで引き出せるように空間を設計した”と説明した。

하이브(HYBE)の新社屋は、新たなマーケットとパラダイムを創出し、創造的な仕事をする知的資産家を意味する「ハイパーノマド(Hyper Nomad)」をコンセプトに、全構成員がハイパーノマドとして新たな価値を作り出せるように柔軟な空間で構成させている。一般的なオフィスのように決まった空間に人を配置するのではなく、하이브(HYBE)新社屋には働く人の必要に応じて多様な形態の空間が存在し、その空間は働く人が自由に集まる場所になる。

このため、新社屋は▲簡単に壁を動かし用途に合わせて事務空間を変形できる「モビラック」構造と、▲アプリで希望する座席を予約して使用するフリーアドレス制を導入し、実用的で自由な業務環境を構築した。

また、自由なコミュニケーション環境とリフレッシュのため、▲3階単位の内部階段や、▲4面展望を活用したラウンジやライブラリー、フィットネスなどが造成されており、19階に位置するオーディトリアム「Forum」と空中庭園「Comb」は開放的な業務空間であり、リフレッシュ空間としても柔軟な思考やコミュニケーションを引き出すことができるよう設計されている。

ミン・ヒジンCBOは、“良い空間ブランディングは良い姿勢を作ることに目的がある。” 하이브(HYBE)の新社屋空間には、より独創的で効率的に働く文化が定着することを希望する“と述べた。

パン・シヒョク理事会議長 兼 代表理事は、“하이브(HYBE)という新たな社名、空間、組織構造を備え、新たな出発をするが、いつものように私たちが行うことの本質は変わらない”とし、“하이브(HYBE)時代も変わらずに音楽の力を信じ、産業を革新し、良い影響力を与え合い、人生の変化を作っていく”と強調した。

別添資料:「NEW BRAND PRESENTATION」要略
https://prtimes.jp/a/?f=d45862-40-pdf-0.pdf

MUSIC
Liveen Times

コメント