白濱亜嵐(EXILE/GENERATIONS ) 「STMPD RCRDS」より日本人として初の海外ソロデビュー!

スポンサーリンク

オランダ新進気鋭DJ ジュリアン・ジョーダンとの楽曲「Facts」
世界的DJ マーティン・ギャリックス主宰の音楽レーベル
「STMPD RCRDS」より日本人として初のリリース決定!

EXILE/GENERATIONSのパフォーマーであり、クリエイティブユニットPKCZ®メンバーでもある白濱 亜嵐が新曲「Facts」で海外ソロデビューを果たした。同日19時にMusic Videoも公開された。

海外ソロリリース第1弾となる本楽曲は、オランダの新進気鋭音楽プロデューサー/DJ Julian Jordan (ジュリアン・ジョーダン)とのコラボレーション。世界的有名DJ マーティン・ギャリックスが主宰するオランダの音楽レーベル「STMPD RCRDS」より日本人としては初めてとなるデジタルリリースが決定した。

2人の突然のコラボ発表に「このコラボは激アツすぎる」「初の日本人STMPDデビュー草」「歌って踊れて強い曲作れてってもう勝ち目ない」と、ファン達も驚きと期待を隠せないようだ。

白濱亜嵐はパフォーマーでありながら、その独自のセンスを活かしたトラックメイクも非常に注目されており、2月にはポケモンのゲーム音源を使用したサンプリング楽曲「on my way to Glory」をポケモン公式サイトで発表するなど、自身が実際に手掛ける積極的な楽曲制作が話題。一方ジュリアン・ジョーダンは先般行われたULTRA MIAMIやTomorrowlandなど世界最大級のDJイベント出演が続き、世界を飛び回っている。

そんな日本とオランダ”新進気鋭トラックメイカー”2名による新曲「Facts」は、クラブやフェスティバルなど完全ダンスフロア向きの楽曲となっており、重厚感のあるビルドアップから、亜嵐とジュリアンのセンスが混ざり合った盛り上がり必至のドロップと聞きどころ満載のエレクトロハウス。是非フロアで体感したい。

リリース情報

2022年4月1日 Digital Release!!
Julian Jordan & ALAN SHIRAHAMA
『Facts』(STMPD RCRDS)

【配信リンクファイア】
http://stmpd.co/N06sdCX2

【Facts (Official Video) – YouTube】
https://youtu.be/7gqQI2Jxb5c

■ALAN SHIRAHAMA (白濱 亜嵐 / しらはま あらん)

2012年11月、GENERATIONS from EXILE TRIBE パフォーマーとしてメジャーデビュー。2014年1月にはGENERATIONSのリーダーに任命され、同年4月に「EXILE PERFORMER BATTLE AUDITION」に合格、日本を代表する ダンス&ボーカルユニット EXILEに加入した。その後は、ダンスパフォーマンスはもちろんのこと、俳優、独自の音楽センスを活かしたDJやトラックメイクで世間を驚かせており、昨年2020年10月には、TomorrowlandやUltra Singaporeにも出演経験のある音楽プロデュースユニット PKCZ® への加入を電撃発表。PKCZ®はもちろんのこと、EXILEやGENERATIONのトラックメイクにも携わっており、2021年3月にはPKCZ®の楽曲でボーカルデビューも果たすなど、マルチな才能で日本を賑わせている。

【ホームページ】 https://www.ldh.co.jp/management/shirahama/
【Instagram】 https://www.instagram.com/alan_shirahama_official/

■Julian Jordan (ジュリアン・ジョーダン)

限りなく独創的なプロダクションで独自の道を切り開き、ハイエネルギーなサウンドを生み出すオランダの音楽プロデューサー/DJ。
MTV EMAではBest Dutch Actにノミネート、TiëstoやCalvin Harrisと共にラスベガスの名門Omniaで毎月レジデントを務めるなど、人気の高いDJとしての地位を確立している。エネルギッシュで最先端のショーにこだわるJulianは、Tomorrowland、Creamfields、Ultra Miamiといった世界有数のフェスティバルの常連となり、Sziget、Mysteryland、Lollapaloozaなどのステージに立つ夏のクレイジーツアーにも出演を果たしている。Spinnin Records、DOORN records、Revealed Recordingsといったシーンをリードするレーベルから数々のアンセムをリリースし、その名を知らしめた彼は、世界的有名DJ Martin Garrixのレーベル 「STMPD RCRDS」と契約を交わし話題となった。2020年 Beatport Top100 Electro Houseで1位、2022年 DJ MagのTop100では66位を獲得、新曲「Thunder」ではトレンドトラック1位とトップニューカマー1位の両方を獲得している。ダンスミュージック界において、現在Julian Jordanは注目すべき存在からリーダーへと急成長を遂げている。常に驚きと喜びを与えてくれる彼の作品のクオリティーを見れば、それも当然と言えるだろう。世界的な活躍から引き続き目をはなせない。

【ホームページ】 https://www.julianjordan.com/
【Instagram】 https://www.instagram.com/itsjulianjordan/
【Twitter】 https://twitter.com/JulianJordan

■ STMPD RCRDS (スタンプ・レコード)

オランダの音楽プロデューサーであり、世界的なDJでもある Martin Garrix (マーティン・ギャリックス) が 2016年に立ち上げたレコードレーベル。
Martin Garrixはじめ、BrooksやJulian Jordan, Matisse & Sadko, Dyro, Justin Mylo, Loopers, TV Noise, Bart B More, Todd Helder, EAUXMARなどジャンルや認知度に拘らずあらゆるアーティストの楽曲を積極的にリリースしているほか、TomorrowlandやSziget Festivalといった各国のビッグフェスでも特別ステージをホストしたりと今最も勢いのあるレーベルのひとつ。

【ホームページ】https://stmpdrcrds.com/
ジャンル: エレクトロニック・ダンス・ミュージック/ハウス/プログレッシブ・ハウス/トラップ

 

 

MUSIC
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Liveen Times

コメント