日向坂46 キャプテン佐々木久美、『約束の地』から新たな出発へ<スピーチ全文>

スポンサーリンク

人気ガールズグループ日向坂46が、3月30日・31日の2日間に渡って、東京ドームで「3周年記念MEMORIAL LIVE ~3回目のひな誕祭~」を開催。

同ライブは、日向坂46のデビュー3周年を記念したもので、東京ドームに立つのは初めてとなった。東京ドームでのライブは2019年末に発表されたものだが、コロナ禍のため2度にわたり延期され、発表から2年3ヶ月越しの開催となった。2日間で約10万人を動員した。

体調不良で休業し、今月の3月4日に活動再開を発表していたエース小坂菜緒は、今回の東京ドームでステージに復帰した。オープニング曲は小坂がセンターを務め、日向坂46の1stシングル「キュン」、2ndシングル「ドレミソラシド」と立て続けに披露された。

ライブ直前には濱岸ひよりが新型コロナウイルスに感染したため、メンバーは全員揃わなかったが、キャプテンの佐々木久美は「ひよたん(濱岸ひよりの愛称)も応援してくれていますし、ここには22人分の気持ち、魂でステージに立っていますので、22人いると思って、いますから! そういう気持ちで楽しんでいただけたら」と呼びかけた。

21人でのパフォーマンスとなったが、22人全員で『約束の地』東京ドームに立ちたいという想いが冒頭から伝わってきた。

2015年に「けやき坂46」としてデビューしたグループは、東京ドームでのライブを一つの大きな目標として活動してきた。けやき坂46時代の「約束の卵」という楽曲では、東京ドームを『約束の彼(か)の地』と表現し、夢の場所として歌っていた。

佐々木はアンコール後、東京ドーム公演とグル―プの6年間の歴史を振り返り、ロングスピーチをおこなった。

■キャプテン佐々木久美、アンコール後のスピーチ全文

皆さん欲しがりですね~!嬉しいです、こうしてWアンコールとして出てきちゃいました!すごい、東京ドームでライブをするってずーっと歌でも歌ってきて夢だったんですけど、いざ来てしまうと、あっという間だったなとすごい思いますね。

いろんなことありましたし、やっぱり東京ドームってすごい特別な場所で、すごい楽しみにしていたんですけど、でもやっぱりうまくいかないなっていうこともすごくあって。でもそういう思いをしているのが自分だけじゃないっていうのが、すごい心を強くしてくれるというか、メンバーももちろん、おひさまの皆さんも同じ気持ちでこういう空間を作り続けてくれているというのを、本当にコンサートをするたびに感じますし、この「約束の地」でコンサートをするという上でより強く感じました。

私達は日向坂としては3周年で3歳なんですけど、「ひらがなけやき」として活動を始めさせていただき、最初は1人だったメンバーが、私達が入って増えて、また2期生が入って来てくれて増えて。増えるだけじゃなくて、仲間の夢を応援して、見送ることも経験して、それでもまた新しい仲間が入って来てくれて。最初から、ひらがなけやきから大事にしていた気持ちっていうのは今もずっと私達の心の中にあるし、成長した部分もあるし、変わらないものもあるなとすごく感じます。

でもこの日向坂になってより強く思うのは、おひさまの存在って偉大すぎるなっていうことです。私達がこんなに大きすぎる夢を掲げても、こうやって実現できるというのは、おひさまの皆さんがいつも私達の味方でいてくれるからで、そういうことを経験するたびに、私達はもっと夢を見て良いんだと強く思えるようになりました。

加入したばっかりの頃は本当にネガティブな人間しかいなくて、みんなで「私達なんか」って言って活動してたんですけど、その頃の自分たちに言ってあげたいですね、「こんなに素敵なおひさまの皆さんが待ってるよ」ということを。本当に信じて…本当に信じて進んできて良かったです。ありがとうございます。

でもまだまだ私達は3年目で、これから叶えたいことも行きたいところもいっぱいあるし、「約束の彼の地」と歌い始めていた時はここがゴールかなと思っていたけど、今日ここが新たな出発の場所となりました。ここからまた新しい場所を目指して、皆さんと一緒に夢を叶え続けていきたいと思います!これからも日向坂46をよろしくお願いします!

新しい仲間も増えるしね。今オーディション中なんです!4期生が入ってくるので、もっと増えてね、パワーアップして、これからも最高の景色見ていきたいなと思います!

■日向坂46「3周年記念 MEMORIAL LIVE~3回目のひな誕祭~」
2022年3月31日 東京ドーム公演

セットリスト

01. キュン
02. ドレミソラシド
03. おいで夏の境界線
04. キツネ
05. ハッピーオーラ
06. 窓を開けなくても
07. こんなに好きになっちゃっていいの?
08. 抱きしめてやる
09. こんな整列を誰がさせるのか?
10. My god
11. Dash&Rush
12. 未熟な怒り
13. この夏をジャムにしよう
14. Right?
15. それでも歩いてる
16. アザトカワイイ
17. ソンナコトナイヨ
18. 期待していない自分
19. 君しか勝たん
20. 永遠の白線
21. 半分の記憶
22. ってか
23. NO WAR in the future 2020
24. 誰よりも高く跳べ!2020
25. JOYFUL LOVE

ENCORE

26. 僕なんか
27. 日向坂
28. 約束の卵

BROAD
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Liveen Times

コメント