乃木坂46北野日奈子、9年間の集大成となる卒業コンサート!「120点です!」

スポンサーリンク

3月24日に神奈川ぴあアリーナMMにて、乃木坂46北野日奈子の卒業コンサートが開催された。9千人のオーディエンスと配信視聴者が、北野日奈子のラストコンサートを見守った。北野のサイリウムカラーである黄緑とピンクが会場を包み込んでいった。

セットリストは北野本人が披露したい楽曲をもとに構築され、8thシングル『気づいたら片想い』(14年4月発売)がオープニングナンバーとしてお披露目された。北野は、「今日は最後まで一緒に楽しんでいってくださ~い!」と笑顔で呼びかけた。「本当に緊張していて、入ってくるまでは、本当にこれは現実なのか疑ってしまうくらい夢のような光景で。でも今4曲やって落ち着いたので、ちゃんとやっていこうと思います」と意気込みを語った。

中盤ブロックのラストは、2期生メンバーの為に書き下ろされた「ゆっくりと咲く花」。当時は9人在籍していた2期生メンバーも現在は3人となり、現アンダーメンバーの山崎怜奈と2人で歌唱するシーンは温かい空気に包んた。

北野と同期の山崎怜奈は「日奈子とは最終審査から一緒だけど、ずっと太陽みたいな笑顔で“夏”って感じ。こんな子になりたいなってずっと思ってた」と思い出を振り返った。

終盤ブロックでは、シングル表題曲「Route 246」「ガールズルール」「裸足でSummer」が連続で披露され、ラストは北野がセンターを務めたアンダー曲「日常」で本編が終了。

アンコールでは、北野が愛犬・チップの姿をスカートにあしらった黒いドレスに身をまとい、1人でステージに登場した。

北野は「自分のことをこんなにも大切に思ってくれる存在が、こんなにもできるとは思っていませんでした。私の力が足りなくて、皆さんの期待や思いに応えられない日々もたくさんありましたが、いつでも背中を押してくれて。『きいちゃんなら大丈夫。大好きだよ』という言葉が本当に励みになっていました」「この9年間だけで自分の人生は本当にすごく幸せだったなと言い切れます」と思い出を振り返った。

その後、最新シングル「Actually…」に収録された北野の最初で最後のソロ曲「忘れないといいな」を歌唱し、「私のことも あなたのことも 忘れないといいな 忘れないで欲しい」というメッセージを響かせた。

自身のソロ曲の歌唱について「自分の今までとこれからを映しているような歌なので、なんとか笑顔で乗り切ろうと思っていて、それはできたと思うので120点です!思い残すことはもうありません!本当に本当に楽しくて。わがままに付き合ってくださり、ありがとうございます」と北野らしく笑顔で胸を張った。

「9年間アイドルをしてきた上で、得たものが沢山あります。その大きな1つが、皆さんです。自分を大事に、大切な人を大事に、元気に楽しく過ごしてほしいです!本当に9年間、たくさんお世話になりました!」と最後の挨拶をした。

ラストは「乃木坂の詩」。深々とお辞儀した北野が客席を見渡すと、北野の決めポーズ「がおー」をもじった「ありがおー」という文字が目に前に広がった。思いがけない光景に感動した北野は、メンバーと共に生声で「本日は本当にありがとうございました!」と叫び、9年間の集大成となる卒業コンサートの幕は閉じられた。

■乃木坂46「北野日奈子 卒業コンサート」
2022年3月24日ぴあアリーナMM

セットリスト

M1:気づいたら片想い
M2:あの日 僕は咄嗟に嘘をついた
M3:ハウス!
M4:ロマンスのスタート
M5:ここにいる理由
M6:嫉妬の権利
M7:別れ際、もっと好きになる
M8:不等号
M9:風船は生きている
M10:ブランコ
M11:アンダー
M12:君に贈る花がない
M13:ゴルゴンゾーラ
M14:大人への近道
M15:隙間
M16:ゆっくりと咲く花
M17:バレッタ
M18:Route 246
M19:ガールズルール
M20:裸足でSummer
M21:僕だけの光
M22:日常
EN1:忘れないといいな
EN2:僕は君と会わない方がよかったのかな
EN3:乃木坂の詩

MUSIC
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Liveen Times

コメント