「まるりとりゅうが」活動休止前ラストライブ 「まるりとりゅうが2022〜別居します〜」開催!

スポンサーリンク

デビュー曲「気まぐれな時雨」が各配信サイトで1位を獲得し、本格派の男女デュオとして注目を集めていた「まるりとりゅうが」が、本日活動休止前のラストライブを東京・代官山UNITにて開催いたしました。

まるりとりゅうがは2018年4月に結成。デビュー曲「気まぐれな時雨」が各配信サイトで1位を獲得し、本格派の男女デュオとして一気に注目を集め、2019年には「レコチョク上半期サブスクランキング2019」の新人アーティストランキングで1位を獲得。これまでに数々のドラマやアニメの主題歌に抜擢されるなど、同世代からの支持を得ておりましたが、今年3月末日をもって「まるりとりゅうが」としての活動を休止することを1月に発表いたしました。

本日は活動休止前のラストライブ「まるりとりゅうが2022〜別居します〜」を、東京・代官山UNITにて開催。2部制の公演は即完売し、多くの要望によりライブ配信も行われました。

ピアノのイントロとともにステージに登場したMaRuRiが、「まるりとりゅうがです。みんな、立って立って!」と煽ると、勢いのある楽曲「ドッベルゲンガー」で一気に客席はヒートアップ。デビュー曲「気まぐれな時雨」や、「幸せになって」など、傷ついた想いを歌う曲が多い2人の曲を、次々と披露していきました。MaRuRiが一番好きな曲と紹介した「わけじゃない」は、違う楽曲のレコーディング中にRyugaが思いついてできた曲というエピソードが明かされ、「巻き戻せるなら 巻き戻したいわけじゃない でも君と過ごした日々は消えないしな」というリアルな歌詞が胸を打ちます。ライブで盛り上がるために作ったという「らいぶの曲」では、タオルを振り、声が出せない代わりの手拍子のレスポンスと、前後左右の振りで盛り上がり、客席に笑顔が広がりました。本編最後は結成してすぐにできたオリジナル曲「翼」で、「心に決めた道を進む」と歌う2人に、自然と手拍子が送られました。

アンコール1曲目は、Ryugaの喉が不調になってからMaRuRiが作曲に挑戦して初めて表題曲となった「目覚め」。さらに、「好きなのに」や、「時が止まればいいのに」など、喉の不調により数年歌うことを避けてきたというレアな曲もパフォーマンスしていき、ラストは「自分たちらしく突き進んでいきます!」と「らしく。」で締めくくりました。1部2部の公演で16曲ずつ、エンディングSEで流れた「君と見たい景色」を含め、これまでまるりとりゅうがとして発表してきた全楽曲を披露し尽くし、MaRuRi、Ryugaとも充実感溢れる表情でステージを後にしました。本日のライブは、3月15日(火)までアーカイブ配信で視聴いただけます。

4月以降、それぞれソロでの活動をしていく2人を、引き続き応援の程、よろしくお願いいたします。

【MaRuRi コメント】(概要)

たくさん話したいことがありすぎて、本当に時間が足りないなって思います。ひとつだけ言えるとしたら、みんなもそうだし、うちらもそうだし、自分らしく突き進んでほしい。本当にいろいろ挑戦したりするとき、嫌なこと言ってくる人だっていると思うし、そんなの無理だって言ってくる人もいると思うけど、そんなの関係ない。自分の人生だから、怖いと思うしいろいろあるかもしれない。みんなにとってうちらが活動休止することって、すごく怖くて悲しいことだと思う。それは本当に申し訳ないと思います。だけど、私たちはこれからも自分たちらしく進んでいきます。だから、みんなも自分らしく進んでほしいです。今日このライブが終わって、そして3月31日で活動が休止した後のまるりとりゅうがそれぞれの活動で、絶対にこの決断でよかったって思わせるように音楽をしていきます。

【Ryuga コメント】(概要)

挑戦している人だったり、苦しんでる人だったり、これから何か始めたいなって人だったり、本当にいろいろな人がいると思います。その集まりでこんな素敵な空間が作れていて、まるりとりゅうがの音楽を聴いてくれた仲間たちで作られている空間で、本当に幸せです。この幸せな空間を4年間味あわせてくれてありがとうございました。

欲を言えば、僕がもっと自由に歌えてたら今の状況ではなかったと思います。だけど、そんなことを言ってたら何もできなし、今こうして前を向いて進もうとしてるっていう行動をみなさんは是非受け止めてほしいです。たくさんの人の前で歌が歌えなくても歌う、そういう姿がひとりでも多くの人の勇気になればいいなと僕はいいと思ってます。この声になって曲作りができるんだ自分って思ったし、ギターを弾くのが楽しいって思ったし、自分の声は出せないけどたくさんの人に曲を歌ってほしいっていう感情になりました。だから、みんなにもそういう形で考えてほしいです。どうしようもないことで苦しむ日がきたら、そのときに僕の存在、僕の活動が支えに、希望になってほしいなって思います。今後ともまるりとりゅうがを支えに、まるりとりゅうがを忘れなければ曲は消えないし。頭の中にまるりとりゅうがは絶対に残しておいてほしいし、それぞれの活動も応援してほしいです。そして、僕たちは3月31日をもって活動を休止して、自分たちの新しい道に進みます。僕たち自身前向きであることは確かで。それが、自分らしさだと思っています。活動休止しても、ふたりのことをよろしくお願いします。今日は本当にありがとうございました。

★アーカイブ配信視聴期間:2022年3月15日(火)23:59まで
チケット販売期間:2022年3月15日(火)21:00
チケット料金:3,200円(税込)
「Streaming+」受付URL⇒https://eplus.jp/maruritoryuga-s/

■MaRuRi OFFICIAL FANCLUB <MARURI-LAND>
https://maruri-land.fc.avex.jp/lp/?utm_source=art&utm_medium=referral&utm_campaign=106095

まるりとりゅうが OFFICIAL HP⇒https://avex.jp/maruritoryuga/

MUSIC
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Liveen Times

コメント