AKB48 エイトの⽇Foxyパーティで⼤⻄桃⾹・岡部麟・⼩栗有以・本⽥仁美4名がGirlsAward出場権を獲得!

スポンサーリンク

昨年、新型コロナウイルスの影響で開催直前に中⽌となってしまった AKB48 フレッシュメンバーコンサート(2021年 8 ⽉ 7 ⽇)と、チーム 8 の恒例の 8 ⽉ 8 ⽇「エイトの⽇」コンサート(2021 年 8 ⽉ 8 ⽇)を、昨⽇ 1 ⽉ 12 ⽇(⽔)・本⽇ 1 ⽉ 13 ⽇(⽊)の2⽇間に渡って、パシフィコ横浜 国⽴⼤ホールにて開催。

1 ⽉ 12 ⽇(⽔)は「新春︕エイトの⽇ 2022 横浜おしゃれ祭り Cutie パーティ」を実施。
1 ⽉ 13 ⽇(⽊)は「新春︕AKB48 フレッシュコンサート 2022〜冬もやっぱり AKB︕〜」「新春︕エイトの⽇ 2022 横浜おしゃれ祭り Foxy パーティ」の 2 公演を実施しました。

■⼤⼈の魅⼒たっぷりのパフォーマンスでステージを彩る

昨⽇に続き、本⽇・1⽉13⽇(⽔)は「新春︕エイトの⽇2022 横浜おしゃれ祭り Foxyパーティ」を開催しました。可愛らしさが詰まった「Cutieパーティ」とはうってかわり、⼤⼈っぽさやセクシーさがテーマの「Foxyパーティ」。アコースティックバージョンの『根も葉もRumor』を⼩⽥えりなが歌い上げ、本⽇もドラマティックな演出でコンサートが幕を上げました。

「現役JK」「昨⽇の公演でセンターになっていないメンバー」の条件で次の曲のセンターを務めることになった奥本陽菜は、満⾯の笑顔で『Dear my teacher』を披露。『軽蔑していた愛情』『今夜、グロリアは誰に抱かれる︖』と⼤⼈っぽい楽曲でファンを魅了し、どえらいダンスの『根も葉もRumor』でオープニングを締めくくりました。

■チーム8お馴染みの「あの⼈」もステージに登場︕ そして『GirlsAward』出場権を⾒事掴んだメンバーは…

⾃⼰紹介タイムでは、今年の⼲⽀であるトラの絵を披露しながらそれぞれ⾃⼰紹介。29名が⾃⼰紹介を終えると、『唇 触れず・・・』『記憶のジレンマ』など6曲を続けて披露しました。続いて、千葉テレビで放送中の「AKB48チーム8のKANTO⽩書 バッチこーい︕」でMCを務めるドランクドラゴンの鈴⽊拓さんが登場︕番組のリベンジ企画として『Green Flash』でラップに挑戦しました。

歌い終わると、鈴⽊拓さんは「緊張で吐きそう︕⼿が震えて感覚がない︕芸⼈にアドリブやるのやめて︕あーこわい︕︕緊張で2時間しか寝てない︕」とコメント。会場からは⼤きな拍⼿がおくられました。

中盤では、昨⽇に続き「GirlsAward出演権争奪 チーム8私服ファッションショー 2022︕」のコーナーも︕審査員が提⽰した2⽇⽬のテーマ「夜のデートコーデ」に、本⽥仁美ら14名がこだわりの私服コーデで挑みました。

アンコールで鈴⽊拓さんに発表された栄えある「おしゃれ番⻑」は、⼤⻄桃⾹・岡部麟・⼩栗有以・本⽥仁美の4名︕

⼤⻄は「今⽇の朝買いに⾏ったんです︕嬉しいです︕」とコメントし、審査員から「ランウェイを歩いている姿が想像できた」と評された岡部は「素敵に歩けるようにウォーキングを練習します︕」と意気込みを語りました。

⼩栗は「トップバッターだったので、とにかく印象を残せるように意識し
ました︕」と勝因を述べると、本⽥は「ランウェイでウォーキングするのが夢だったので嬉しいです」と笑顔で喜びを語りました。『GirlsAward』は2022年5⽉14⽇(⼟)に開催予定です

■5ヶ⽉越しの「エイトの⽇」、そしてチーム8結成8周年 喜びと感謝のパフォーマンス

「Foxyパーティ」もいよいよラストスパート。『Innocence』『蜂の巣ダンス』など8曲を⼀挙に披露し、『⽣きることに熱狂を︕』では会場の観客によるウェーブも起こり、コンサート会場は⼀つに。最後は『47の素敵な街へ』で本編を締めくくりました。

アンコールが開けると、チーム8の最新曲『⻄⾼東低』に続けて、チーム8では久々の披露となる『誰のことを⼀番 愛してる︖』、

そして『メロスの道』と迫⼒満点のステージを届けました。『⼀⽣の間に何⼈と出逢えるのだろう︖』では、左伴彩佳がピアノを演奏。左伴が奏でるピアノの旋律に⾝を委ね、チーム8メンバー全員がしっとりと歌い上げます。

2⽇間に渡って開催した「エイトの⽇」のラストを飾るのは『夢へのルート』。最後に本⽥は「チーム8は、4⽉に結成8周年を迎えます︕

これからも私たちは夢に向かって頑張っていきますので、それぞれの夢へのルートを応援してくださると嬉しいです︕」と観客へメッセージを送りました。

昨年の開催中⽌から約5ヶ⽉、開催が待ち望まれた「エイトの⽇」。
可愛らしさと⼤⼈っぽさで魅せたステージが幕を下ろしました


(C)AKB48

MUSIC
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Liveen Times

コメント